貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
  日経平均株価   東証マザーズ   TOPIX
日経平均株価1日間のチャート 東証マザーズ指数1日間のチャート TOPIX指数1日間のチャート

ダウ平均が10日ぶりに反落し、東京市場も昨日までの上昇の反動が重石となり
日経平均は5日ぶりに小幅反落
北朝鮮の金委員長の史上最高の強硬対抗措置を検討と伝わったものの
下値は限定的だった

この中、北朝鮮リスク再燃で石川製作所や細谷火工など防衛関連が急伸し
上方修正発表のウイルコやアバールデータが大幅高

また、子会社のマザーズ上場が承認されたクロップスがストップ高比例配分となり
自社株買いを実施したJCRファーマが大幅高、スク・エニHDが年初来高値を更新

その一方で、売り出し価格の決定を来週に控える中、日本郵政が売りに押され
JFEや神戸鋼など鉄鋼株が弱い動きなり、資生堂やコーセーなどの化粧品や
マツモトキヨシやゲンキーなどドラッグストアの一角も大幅安

東証1部騰落銘柄数は値上がり636/値下がり1276と値下がりが値上がりの倍近くあり
日経平均は小幅下げに留まっており指数の底堅さが際立った状況


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

FOMCが概ね予想の範囲内の内容となったことで買い安心感が強まり
ドル円の112円台乗せも好感されたものの、利益確定売りが重石になって
日経平均は小幅ながら4日続伸

この中、原油価格の上昇を受けて国際帝石や石油資源開発が強い動きとなったほか
中国からの訪日客の増加を好感してラオックスなどインバウンド関連に買いが入っていた

また、上方修正と増配を発表したレオン自動機が大幅上昇しFRONTEOや
ブレインパッドなどAI関連銘柄がそれぞれリリースを手がかりに急伸

半面、半導体メモリ子会社の株式譲渡を発表した東芝は買い先行したものの
上値は重くマイナス圏に沈み、明豊エンターはストップ高から一転大幅安と荒い動き


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NY市場が3指数揃って最高値を更新したものの、昨日に2年1カ月ぶりの
高値水準まで上昇したことで戻り売り圧力も強まり上値の重い展開
日経平均は、小幅ながら3日続伸

この中、原油高を背景に、国際帝石など石油・資源株が堅調に推移し
出遅れ感の強い証券株や建設株がしっかり

また、欧州地図大手との提携を発表したパイオニアが大幅上昇となり
キトーやシードなどが証券会社のリポートを手がかりに非常に強い動き
上方修正と増配を発表したパレモがストップ高

半面、証券会社の投資評価引き下げを受けてソニーが軟調だったほか
IR法案の提出先送りが濃厚となったことから、コナミやテックファームなど
カジノ関連の一角が大きく売られていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!