貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
  日経平均株価   東証マザーズ   TOPIX
日経平均株価1日間のチャート 東証マザーズ指数1日間のチャート TOPIX指数1日間のチャート

米国株の大幅安を受けて、東京市場は反落
下値ではいったん押し目買いが入ったものの戻り売りに押された
東証1部騰落銘柄数は値上がり1077/値下がり894と日経平均は
下げたものの買いが優勢

この中、日立ハイテクや新日本無線、積水化成などが決算を手がかりに
大幅上昇となったほか、上方修正を発表した鉄建建設やKIHDが買い人気を集め
セガサミーは証券会社の投資判断引き上げを受けて大幅高

反面、キャタピラー大幅安への警戒からコマツや日立建機が大幅安となったほか
製薬大手シャイアーの買収が合意と伝わった武田が大きく売られて大商い
また、総合メディカルやモバファクが決算失望で急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国の長期金利が上昇し為替は円安進行となり、東京市場は此れを好感し
上げ幅を広げる展開に、日経平均は3日ぶりに大幅反発

この中、金利上昇を受けて三菱UFJや三井住友など銀行株が大幅上昇し
証券会社のリポートを材料に住友不や三井不など不動産株が物色されたほか
上方修正と増配を発表したタカラレーベンは大幅高

また、証券会社がレーティングを引き上げたコシダカHDや、夢の街や
アスラポートとの提携を正式発表した小僧寿しが急伸

その一方で、米政権がロシアのアルミ大手への経済制裁を見送ると伝わったことから
住友鉱山など非鉄株に大きく売られるものが散見されたほか、コクヨは決算が
嫌気されて大幅安となり、しまむらは月次が失望を誘って急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株の大幅安の割には、東京市場は小幅な下げからのスタートし
日経平均は、一時プラス圏に浮上する場面もあったものの、その後に
売りに押されて下げに転じた後は、軟調に推移し続落

この中、米長期金利の上昇を受けて金融株が買われて、中でも楽天生命との
業務提携を発表した第一生命HDが大幅上昇となったほか、東芝が再建計画に
対する思惑から買い人気

また、アスラポート・ダイニングとの業務提携観測が報じられ小僧寿しがストップ高し
前期の利益上振れ見込みを発表したやまやが大幅高

その一方で、米アップルの大幅安を受けてアルプス電気や村田製作所などが弱く
シャープとJDIのディスプレイ2社が大きく売られていたほか、エンプラスや
日本鋳造は決算を材料に急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!