貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
  日経平均株価   東証マザーズ   TOPIX
日経平均株価1日間のチャート 東証マザーズ指数1日間のチャート TOPIX指数1日間のチャート

円高を受けて売り先行で始まったものの、売り一巡後は好業績銘柄を中心に
買い直され、日経平均は続伸となり一時100円超上昇する場面もあった

この中、決算好調の航空電子やVコマースが大幅上昇となったほか
後場に決算を発表した大豊工業やサカイ引越が急伸

また、任天堂の大幅高が注目を集めた中、関連としてメガチップスなども
買い人気となっていたことや、ソフトバンク傘下との提携を発表した
ソーシャルワイヤーはストップ高

半面、キヤノンMJとキヤノン電子が決算を受けてそろって大きく売られ
ツガミは日経新聞の業績観測記事が失望を誘って大幅安
直近で騰勢を強めていたレナウンが一転急落の展開

FOMCを通過して急速に円高が進んだにもかかわらず、日経平均は2万円を
割り込むことなく推移し、プラスを確保しており、これまで何度となく円高が上昇を
阻んでいただけに、今日の反応は明らかに地合いの変化がありそうとの声も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や円高一服を背景に幅広い銘柄が買い優勢の展開となったが
買い一巡後は上値が重く見送り姿勢が強まった状況
日経平均は、4日ぶりに反発となり東証1部売買代金は概算で2兆1900億円と
こちらも4日ぶりに2兆円を上回った

この中、ファナックが直近高値に迫る大幅高となったほか、1Qが大幅増益となった
三菱自が急伸し米キャタピラーの決算好調を受けてコマツや日立建機が買われた

また、好決算のMARUWAや総合メディカルが値を飛ばし、FA通信向けのツールを
開発したと報じられた図研エルミックがストップ高

その一方で、決算を発表した信越化学が大幅高スタートからマイナス転換し
下方修正発表のシマノが商いを集めて急落
富士通ゼネラルやオービックも決算が売り材料となり大幅安


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高一服を受け自動車株など出遅れ銘柄が物色された他、ナスダックが史上最高値を
更新したことでハイテク株の一角が買われ、日経平均は一時、2万円台を回復したが
買い一巡後はFOMCの結果前や、決算発表時期といった要因で小動きに終始し続落

この中、証券会社のリポートが好感されたJTが大商いとなり強い動きとなったほか
塩野義、田辺三菱の薬品2社がリリースを手がかりに買い人気となっていた

また、好決算の信越ポリマーや上方修正発表のソルクシーズが大幅上昇し
税理士法人との提携を発表したシンワアートはストップ高

半面、新作ゲームの詳細発表で目先の材料出尽くし感が強まったenishが大幅安となり
通期最終益の下方修正発表の昭和電工や、昼休みに下方修正を発表したJMCが
後場急落し、年初来安値を更新

日経平均はきょうで3日続落と地合いはあまり良くなく、外部環境の後押しがなければ
明日も方向感に乏しい地合いが続くとの指摘も・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!