貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
  日経平均株価   東証マザーズ   TOPIX
日経平均株価1日間のチャート 東証マザーズ指数1日間のチャート TOPIX指数1日間のチャート

米中双方から関税引き上げに対して対抗措置の準備と報じられ
貿易戦争激化懸念から大きく売られ、日経平均は大幅続落

節目の22,500円を割り込んだ後も下げことから見切り売りが加速し
引けにかけて下げ幅を広げ安値引け

この中、資金は本日新規上場のメルカリに向かったが、後場早々に
ストップ高をつけた後は買いが続かず上げ幅を縮めた

曙ブレーキや東海カーボンなど、近々で急伸していた銘柄の下げが大きかった他
信越化学は10,000円の節目を割り込み、連日で年初来安値を更新

また、ファナックやコマツなども年初来安値を更新しており、外需を中心に
貿易摩擦の影響が警戒される銘柄が弱い展開

他にも、金融庁が仮想通貨交換業者に業務改善命令を出すと報じられ
リミックスが後場に入って急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安を嫌気したのと、朝方に大阪で発生した地震の被害が相次いで報じられ
リスク警戒ムードが強まる中、日経平均は下げ幅を広げ反落

この中、主要駅に監視カメラ画像解析システムを導入すると報じられた
セントラル警備保障が大幅上昇となったほか、村田製作所が大商いで連日の高値更新
また、自己株取得を発表したゼリア新薬が大幅上昇となり、傘下企業がテレビ番組で
取り上げられたOlympicグループがストップ高

その一方で、米中貿易戦争への警戒から、景気敏感系の銘柄が総じて軟調で
コマツと日立建機の2大建機メーカーはそろって年初来安値を更新したほか
信越化学やSUMCOなどシリコンウエハー関連も大幅安


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 6月 18日 ~ 6月 22日 》

18日(月)
【国内】
5月貿易統計(8:50)
《決算発表》
ツルハHD
【海外】
米6月NAHB住宅市場指数(23:00)
休場: 中国、香港、台湾(端午節)

19日(火)
【国内】
30年国債入札
《決算発表》
アークランド、サンオータス
【海外】
米5月住宅着工件数(21:30)
《米決算発表》
フェデックス、オラクル

20日(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合議事要旨(4/26-27開催)
5月訪日外客数(16:00)
【海外】
米1-3月期経常収支(21:30)
米5月中古住宅販売(23:00)
《米決算発表》
マイクロン・テクノロジ

21日(木)
【国内】
5年国債入札
《決算発表》
オプトエレクト
【海外】
米6月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月景気先行指数(23:00)
《米決算発表》
クローガー、レッドハット

22日(金)
【国内】
5月消費者物価指数(8:30)
4月全産業活動指数(13:30)
《決算発表》
サツドラHD
【海外】
OPEC総会
《米決算発表》
カーマックス


「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!