貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
市場スケジュール 《 2月 18日 ~ 2月 22日 》

18日(月)
【国内】
12月機械受注(8:50)
【海外】
休場: 米(ワシントン誕生記念日)

19日(火)
【国内】
1月首都圏マンション発売(13:00)
20年国債入札
《決算発表》
JHD
【海外】
独2月ZEW景況感指数(19:00)
米2月NAHB住宅市場指数(2/20 0:00)
《米決算発表》
ウォルマート、エコラボ、アドバンス・オート・パーツ、ケイデンス・デザイン・システムズ

20日(水)
【国内】
1月貿易収支(8:50)
1月訪日外客数
【海外】
1/29-30開催のFOMC議事録
米住宅着工件数(22:30)
《米決算発表》
ガーミン、CVSヘルス、テクニップFMC、フローサーブ、シノプシス、アジレント・テクノロジー

21日(木)
【国内】
12月全産業活動指数(13:30)
【海外】
米12月耐久財受注(22:30)
米2月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米1月中古住宅販売(2/22 0:00)
米1月景気先行指数(2/22 0:00)
《米決算発表》
キーサイト・テクノロジー、イントゥイット、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、フルーア

22日(金)
【国内】
1月消費者物価指数(8:30)
《決算発表》
キタック
【海外】
独2月Ifo景況感指数(18:30)


「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均が、弱い米12月小売売上高への警戒からは下落し、円安は一服
これを受けて東京市場は下落スタートし、日経平均は寄り付き天井となり
下げ幅を広げる展開

その後は、落ち着いた値動きとなり、週末を前に押し目買いは手控えられて
安値圏でのもみ合いが続き大幅反落

この中、サンバイオが物色されて5%超の大幅上昇となったほか、スルガ銀行は
3Qは大幅赤字ではあったが、投資判断引き上げもあり、一時ストップ高となり
スプリックスや日機装が決算を受けて急騰

反面、ソフトバンクGが4%超の大幅安だったほか、電通や昭和電工、第一生命
トレンドマイクロが決算を受けて大きく売られていた

また、新株予約権の発行が嫌気されたインターアクションはストップ安となり
大塚家具はヤマダ電機との提携などを材料に乱高下し引けは15%超の下落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高や、1ドル111円台まで進んだ円安を支援材料に上昇したが
買い一巡後は上値が重くなり、この2日間で大きく上昇してきたこともあり
利益確定売りや戻り待ちの売りに、日経平均は小反落

決算が好感されたマツモトキヨシやトリドール、オイラ大地が大幅上昇し
メドピアやパルステック、アトラエはストップ高したほか、日産証券との経営統合を
表明した岡藤HDや、東証1部への市場変更が決定したMSコンサルが急伸

反面、第三者割当増資を実施と報じられた大塚家具が大幅安となり一時ストップ安
リクルートHDは3Qは2桁増益となったものの通期見通し据え置きが嫌気されて売り優勢
アシックスやLIFULL、アルバックが決算を受けて大幅安だった


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!