貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
  日経平均株価   東証マザーズ   TOPIX
日経平均株価1日間のチャート 東証マザーズ指数1日間のチャート TOPIX指数1日間のチャート

米国株の急落を受けて、東京市場は全面安スタートから下げ幅を広げ
日経平均は一時500円超の下落となり戻りは鈍く安値圏でのもみ合い

この中、英国での原発建設断念が伝わった日立が後場にプラス転換し
下値模索が続いていたZOZOが強い動きだったほか、決算が好感された
ミライアルやベステラが急伸

その一方で、上場廃止の見込みとなったパイオニアが急落し、米中貿易摩擦への
警戒が強まる中、コマツや昭和電工など中国関連の一角が大きく売られたほか
下方修正を発表したフィスコが値を崩し、イトクロや静養軒が決算を材料に大幅安


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 12月 10日 ~ 12月 14日 》

10日(月)
【国内】
7-9月期GDP改定値(8:50)
11月景気ウォッチャー調査
《決算発表》
大盛工業、学情、サトウ食品、Bガレージ、コーセーアールイ、菊池製作、SYSHD
シーズHD、ライクキッズN、サムコ、三井ハイテ、Casa、萩原工業、シルバーライフ
ビジョナリー、泉州電
【海外】
休場: タイ

11日(火)
【国内】
11月マネーストック(8:50)
10-12月期法人企業景気予測調査(8:50)
工作機械受注(15:00)
30年国債入札
《決算発表》
アスカネット、山岡家、JPNミート、イムラ封筒、TBCSCAT、トランザス
エイチ・アイエス、きんえい、シーイーシー 、トーホー
【海外】
英議会がEUと合意した離脱案採決
独12月ZEW景況感指数(19:00)
米11月生産者物価指数(22:30)

12日(水)
【国内】
11月企業物価指数(8:50)
10月機械受注(8:50)
10月第3次産業活動指数(13:30)
《決算発表》
太洋基礎、ファーマフーズ、Hamee、アゼアス、ミサワ、バルニバーヒ、グッドコムA
アセンテック、シャノン、神島化、VALUENEX、ウエスコHD、ベストワン、オーエムツー
日本テレホン、ドーム
【海外】
米11月消費者物価指数(22:30)
米11月財政収支(12/13 4:00)
《米決算発表》
プログレッシブ・コープ
休場: メキシコ

13日(木)
【国内】
11月都心オフィス空室率
5年国債入札
《決算発表》
くらコーポ、丸善CHI、稲葉製作所、J.S.B.、GA TECH、ザッパラス
ネオジャパン、SKIYAKI、ラクスル、ナトコ、SAMURAI、オハラ、石井表記
サンオータス、ナイガイ、小林産、正栄食 、ヤーマン、トーエル
【海外】
ECB定例理事会(ドラギ総裁定例会見)
米11月輸出入物価(22:30)
《米決算発表》
アドビシステムズ、コストコ

14日(金)
【国内】
日銀短観(8:50)
メジャーSQ
《決算発表》
ベルグアース、土屋HD、日ハウスHD、フルスピード、アイ・ケイ・ケイ、ブラス、新都HD
神戸物産、ジェネパ、クロスプラス、リーガル不、バロック、モルフォ、エニグモ、フリービット
バリュゴルフ、ジャストプラ、ロングライフ、Mマート、サンバイオ、クミアイ化、HyAS&Co.
ウインテスト、MSOL、ハイレックス、フジコーポ、プリントネット、クロスフォー、オービス
ウイルコHD、総合商研、MICS化学、原弘産、ファースト住、アルデプロ、明豊エンター
ギフト、OS映、理研グリン
【海外】
中国11月鉱工業生産(11:00)
中国11月小売売上高(11:00)
中国11月固定資産投資(11:00)
米11月小売売上高(22:30)
米11月鉱工業生産(23:15)
米11月設備稼働率(23:15)
米10月企業在庫(12/15 0:00)


「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国市場でファーウェイCFO逮捕報道のネガティブ影響が限定的であったことから
東京市場は買い先行スタートとなり、日経平均は早々に上げ幅を200円超に広げたが
上値は重く一時失速したものの、後場は持ち直して上げ幅を拡大し4日ぶりに反発

この中、任天堂やファストリ、キーエンスなど値がさ株が買われ、ユニー・ファミマが
連日の大幅上昇となったほか、JTやドコモなど内需株も買われた

また、日経記事を材料にLINEやクラボウが大幅上昇となり、足元の受注好調が
確認できたフィルカンパニーや、月次が好感されたラウンドワンが急伸したほか
上方修正を発表したハイアス・アンド・カンパニーはストップ高

反面、ディスコや東京精密が軟調だったほか、ソフトバンクGが投資家向けの
緊急電話会議開催が伝わったことを材料に後場に値を崩していた

また、OPEC総会の交渉不調を嫌気して出光興産や昭和シェルが大幅安となり
直近で騰勢を強めていた大日本住友製薬が一転急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!