貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
大型連休を前に利益確定売りが強まった展開のようだったが
好業績株が物色され下値は限定的になり日経平均は続落

東芝向け融資で損失計上すると伝えられた三井住友FGなど
金融セクターが軟調に推移したほか、アドバンテストや東邦チタニウム
デクセリアルズなども決算で大きく売られた

反面、決算を発表した任天堂は、じわじわと買いが入り強い上昇となり
売買代金は断トツのトップの大人気となったほか、アルプス電気やアンリツ
日立マクセルなどが決算で大幅上昇

また、デンソーとの資本提携を発表したイビデンが今期見通しも
好感されて値を飛ばした一方で、提携相手のデンソーは決算失望に大幅安

日経平均は売り圧力が強かったものの、一目均衡表の雲下限は割り込まず
雲が薄い中でこの範囲内での小動きが続いており、この先、上か下か
抜けた方に基調が大きく傾く可能性が・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株安や昨日での上昇に対する反動から利益確定売りが先行したが
好業績株を中心に物色する動きが活発化し下げ渋った展開
日経平均は5日ぶりに反落

この中、VOYAGE、富士通ゼネラルなどが決算を受けて大幅上昇し
アコムは前期大幅営業赤字転落見込みも、悪材料出尽くし感が強まり
非常に強い動き

また、日経新聞でクールジャパン機構と共同で農産物のアジア向け輸出に
取り組むと報じられた農業総研はストップ高

反面、ヤフーやLINEが決算失望で大幅安となったほか、前期の下方修正を
発表した三菱重工や証券子会社の決算が低調だった楽天なども大きく売られ
昨日、TOB観測で急伸した日立国際は、正式に発表されたTOB価格が
市場価格を下回ったことから一転急落

国内は、今日と明日で決算発表が集中
決算発表が一巡する来月15日辺りまでは堅調な展開が期待できそうとの声も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米ナスダックの過去最高値更新や欧米株の上昇や円安などから
ハイテク株中心に幅広く上昇し日経平均は4日続伸

この中、日立が保有株を売却するとの観測が伝わった日立国際が急騰し
日立も構造改革期待から強い動き

また、オービックやエムスリーが決算が好感されて大幅高となり
前期利益見通しの上振れを発表したIHIや日神不動産、上方修正と増配の
世紀東急なども大きく買われた

その一方で、石川製作所や細谷火工など防衛関連が軒並み値を消し
アエリアや遠州トラックなど、直近で強い動きだった銘柄に利益確定の動き

日経平均は先週の年初来安値から1,000円超上昇し、海外要因で高寄りしても
そこからさらに買われる動きが多く見られており、非常に強い展開
リスクイベントを通過した後の急騰のため、わかりやすい悪材料が出ない限りは
反動売りが出てきても、一時的なものとなりそうとの指摘も・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

地政学リスクへの警戒感から見送り姿勢が強かったものの
北朝鮮に目立った動きがみられなかったことから先回り買いが
優勢となり上げ幅を拡大し、日経平均は3日続伸
終値で19,000円台を回復し3/30以来の高値水準

この中、宅配便の基本運賃引き上げと報じられたヤマトHDが大幅上昇し
上方修正を発表した伯東やマクニカ富士などが急伸
また、1Qで特別利益を計上すると発表した広栄化学はストップ高まで買われ
株式分割を発表したサニーサイドアップなども強い動き

反面、業績観測記事が失望を誘ったNTTドコモや、決算が市場の期待に
届かなかったさくらネットや軟調
また、運営サイトから個人情報が流出したぴあが後場に入り急落

日経平均は、これで3日連続3桁上昇。26週線を上回り、13週線も一時上回るなど
今週の上昇でいくつかの節目の水準まで回復
ここからは、やはり節目にさしかかかっているドル円の動向次第か・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

フランス大統領選第1回投開票の結果を受け、欧州政治的リスクが後退し
ドル円相場が110円台に下落したことから幅広い銘柄に買いが入り
日経平均は大幅続伸

米長期金利の上昇を受け三井住友FGなど金融セクターが堅調に推移したほか
前期の上方修正および今期の大幅増益観測からソニーが大幅上昇

パナソニックがTOBを発表したパナホームが急伸し、上方修正を発表した
新光電工やJVCKWなども強い動き

また、アマノが証券会社のレポートを手がかりに大幅高となり、JRAからの
映像伝送システムの受注を発表した池上通信機が後場に急騰

その一方で、SUMCOが商いを集めて逆行安の展開となったほか
前期の利益見通しが大幅下振れとなったサンデンが大幅安

米朝の緊張が高まる中、朝鮮人民軍創軍85周年のイベントはリスク要因
軍事的行動は起こらなくても警戒材料にはなるか・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や円安進行にトランプ米政権の経済政策が動き出す期待から
日経平均は反発となり、終値で18,600円台を回復し4/11以来の高値水準

幅広い銘柄に買いが先行し、三菱UFJFGなどの金融株を始め、鉄鋼株や
公共株などやや出遅れ感の強い銘柄の上昇が目立っていた

また、低価格の新ブランドを18年春に投入するレナウンがストップ高し
連想買いにルックも上伸したほか、17年3月期の連結利益予想を上方修正し
期末配当増額のトーエネックや、増配予定の小松ウオールも買われた

半面、東芝や富士フイルムなどは安値圏で取引を終え、良品計画や
ニトリHDなど先駆した材料株は利益確定売りに押されていた

目先は23日の仏大統領選第1回投票、25日の朝鮮人民軍創建85周年という
イベントの通過待ちだが、あとは決算にらみで個別物色も展開との指摘あり・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!