貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
日経平均は、小安い場面もあったものの押し目買い優勢に
上げに転じ月末恒例のドレッシング買い思惑もあり4日続伸

国際優良株や資源関連株、電力株などに買い戻しが入り、
今年3度目の自社株買いを発表したキヤノンは商いを伴って上昇

業績不振や業績悪化銘柄にも買い戻しが入った模様で
これまでの下落過程で、ある程度の業績悪化は織り込んできており
業績に対する過度に悲観的な見方は後退するかも・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高などを背景に日経平均は3日続伸し
1週間ぶりに8,600円台を回復

国際優良株や内需関連株などに買い戻しが入った一方で、
業績低迷銘柄が売られたほか、電力株が大幅安となり安値更

1Q(4-6月期)決算発表が本格化しているが、厳しい業績の企業は
大幅安に売り込まれていく一方で、業績改善報道の海運株や
1Q業績が最高益更新観測のいすゞなどが堅調だったほか、
大幅増益となったコニカミノルタ、通期予想を上方修正した
フォスター電機などが大幅高となるなど明暗を分けた動き

戻り歩調はしばらく続いても業績面での選別物色の色彩は強まりそう


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

東京マーケットスケジュール 《 7月 30日 ~ 8月 3日 》

30日(月)
【国内】
6月鉱工業生産(8:50)
6月自動車生産台数(13:00)
《決算発表》
三井ホーム、関電工、ポーラ・オルビスホールディングス、新日鉄ソリューションズ、
日本たばこ産業、スタートトゥデイ、武田薬品工業、オリエンタルランド、ダスキン、
オービック、ワタベウェディング、オービックビジネスコンサルタント、新日本製鐵、
住友金属工業、神戸製鋼所、日本製鋼所、フジクラ、アサヒホールディングス、ツガミ、
日本精工、日立製作所、オムロン、エンプラス、三菱自動車工業、日本エム・ディ・エム、
丸紅、東京エレクトロン、あおぞら銀行、三井住友フィナンシャルグループ、アコム、
オリエントコーポレーション、東日本旅客鉄道、アルプス物流、日立物流、日本テレビ放送網、
関西電力、北陸電力、ベネッセホールディングス、松屋フーズ
【海外】
イタリア国債入札
米7月ダラス連銀製造業活動(23:30)
《米決算発表》
ローパー・インダストリーズ、シーゲイト・テクノロジー、フローサーブ、
マスコ・コーポレーション、ロウズ

31日(火)
【国内】
6月失業率(8:30)
6月有効求人倍率(8:30)
6月家計調査(8:30)
6月毎月勤労統計調査(10:30)
6月住宅着工戸数(14:00)
2年国債入札
《銘柄異動》
タケエイ
《決算発表》
昭和シェル石油、シマノ、カルビー、綜合警備保障、アドウェイズ、トリドール、王子製紙、
レンゴー、住友化学、日産化学工業、テルモ、第一三共、伊藤忠テクノソリューションズ、
資生堂、TOTO、住友電気工業、東芝機械、牧野フライス製作所、豊田自動織機、
栗田工業、セガサミーホールディングス、ミネベア、東芝、三菱電機、明電舎、マキタ、
日本電気、セイコーエプソン、パナソニック、アンリツ、TDK、デンソー、カシオ計算機、
村田製作所、日東電工、三菱重工業、新明和工業、アイシン精機、本田技研工業、
豊田合成、リコー、ユニ・チャーム、サンリオ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、
みずほフィナンシャルグループ、三菱地所、東急不動産、東武鉄道、京成電鉄、マツダ、
日本通運、ヤマトホールディングス、日本郵船、商船三井、スカイマーク、中国電力、
四国電力、エヌ・ティ・ティ・データ、オートバックスセブン、ソフトバンク、小松製作所
【海外】
ユーロ圏6月失業率
ユーロ圏7月消費者物価(18:00)
FOMC(~8月1日)
米6月個人所得(21:30/0.4%)
米6月消費支出(21:30/0.1%)
米5月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米7月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/53)
米7月CB消費者信頼感指数(23:00/62)
《米決算発表》
イーストマンケミカル、カミンズ、タイコ・インターナショナル、ファイザー、コーチ、
バレロ・エナジー、エレクトロニック・アーツ、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー

1日(水)
【国内】
7月新車販売台数(14:00)
《決算発表》
キッコーマン、トクヤマ 、イビデン、三菱ケミカルホールディングス、宇部興産、昭和電工、
大塚商会、アステラス製薬、エーザイ、参天製薬、日本ケミファ、キッセイ薬品工業、
東芝テック、JVCケンウッド、京セラ、NOK、ゼンショーホールディングス、住友商事、
三井不動産、京浜急行電鉄、テレビ東京ホールディングス
【海外】
中国7月製造業PMI
HSBC製造業PMI
韓国7月消費者物価
インドネシア7月消費者物価
米7月ADP雇用統計(21:15/12万件)
米6月建設支出(23:00/0.4%)
米7月ISM製造業景況指数(23:00/50.5)
FOMC声明発表(2日午前1:30)
米7月新車販売台数
ブラジル6月鉱工業生産
ブラジル7月貿易収支
《米決算発表》
コムキャスト、デボン・エナジー、タイムワーナー、オートマチック・データ・プロセシング、
プルデンシャル・ファイナンシャル、メットライフ、エイボン・プロダクツ

2日(木)
【国内】
7月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札
《決算発表》
日本海洋掘削、山崎製パン、アサヒグループホールディングス、旭化成、クレハ、
三菱瓦斯化学、ダイセル、小野薬品工業、みらかホールディングス、ファンケル、
日本板硝子、古河電気工業、アマダ、クボタ、SANKYO、ブラザー工業、コナミ、
ルネサスエレクトロニクス、シャープ、ソニー、シスメックス、曙ブレーキ工業、スズキ、
バンダイナムコホールディングス、伊藤忠商事、三井物産、三菱商事、丸井グループ、
東京放送ホールディングス、横浜銀行、コスモ石油、東ソー
【海外】
豪6月貿易収支
小売売上高(10:30)
ECB理事会
BOE金融政策委員会
スペイン国債入札
米6月製造業受注(23:00/-0.40%)
株式市場休場:タイ
《米決算発表》
タイム・ワーナー・ケーブル、アメレン、スキャナ、デューク・エナジー、ケロッグ、
SUNOCO、サウスウエスタン・エナジー、アメリカン・インターナショナル・グループ、
マイクロチップ・テクノロジー、CBS

3日(金)
【国内】
《決算発表》
日本水産、雪国まいたけ、三井松島産業、国際石油開発帝石、石油資源開発、ミサワホーム、
大林組、協和エクシオ、ミクシィ、アルフレッサホールディングス、キリンホールディングス、
ライオン、ノーリツ、キーエンス、日本製紙グループ本社、日本触媒、住友ベークライト、
電通、科研製薬、ツムラ、JXホールディングス、住友大阪セメント、ノリタケカンパニーリミテド、
リンナイ、日立造船、いすゞ自動車、トヨタ自動車、富士重工業、ユナイテッドアローズ、
フランスベッドホールディングス、岡村製作所、兼松、クレディセゾン、セブン銀行、旭硝子、
大和証券グループ本社、レオパレス21、エヌ・ティ・ティ都市開発、全日本空輸、三井倉庫、
ベルーナ、大京、ホシデン、ジャックス
【海外】
中国7月非製造業PMI
トルコ7月消費者物価(16:00)
ユーロ圏6月小売売上高(18:00)
米7月失業率(21:30/8.2%)
米7月非農業部門雇用者数変化(21:30/9.9万人)
米7月民間部門雇用者数変化(21:30/10万人)
米7月製造業雇用者数変化(21:30/1万人)
米7月ISM非製造業景況指数(23:00/52.5)
《米決算発表》
NYSEユーロネクスト、クラフト・フーズ、プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、
バイアコム、ペプコ・ホールディングズ、ハドソン・シティ・バンコープ、ファーストソーラー


参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株式市場の上昇に東京市場も追随して大幅高
日経平均は、8,500円台を回復

外部環境の好転で国際優良株、資源関連株、金融株などが買われた

東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は85.01%と、今月9日につけた
直近ピーク(136.96%)から大幅に低下し1カ月半ぶりの低水準

この3週間での下落で調整一循感が台頭しても不思議ではない・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、買い一巡後はもみ合いの展開だったものの、
後場から雰囲気が一変し先物主導で騰勢を強め全面高の様相になり
5日ぶりに反発し8,400円台回復

直近売り込まれていた国際優良株、金融株、資源関連株などが買い戻され
テルモから経営統合の提案を受けたオリンパスが急騰したほか、
インサイダー問題でCEO、COOが引責辞任と伝わった野村も大幅高
その一方で、業績下方修正したキヤノンが急落

東証1部の売買代金は前日比7%増の1兆1018億円になり、
3営業日連続増加で連日の1兆円越え

この状況が続くとなれば底入れムードが強まる可能性もありか・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、先物主導で下げ幅拡げ大幅続落となり
約1カ月半ぶりに8,400円台を割り込んだ

東証1部の値下がり銘柄は1230銘柄と全体の73.5%に達する全面安
外部環境の不透明感から国際優良株や資源関連株、金融株などが売られ
主力株で安値更新する銘柄が続出

また、米アップルの決算を受けてアップル関連の下げも目立ったが
その一方で、BofAMLなどの買い推奨を手掛かりにソフトバンクが逆行高

このところの急落は売られ過ぎの感があるとは思うものの、6月に付けた
年初来安値も割り込むと一気に8,000円近くまで調整するとの指摘アリ・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NY市場の続落を受けて東京市場も軟調展開

日経平均は、3日続落となり心理的な節目の8,500円を割り込んだ
一時中国PMIの改善を受けて下げ渋った場面もあったものの
戻りは限定的

外部環境の不透明感から国際優良株が軟調だった一方で
内需関連株が底堅く推移

世界的な株安の要因のひとつとされる中国の景気減速懸念が
若干後退したことはポジティブ評価と思われ、悲観論に傾いていた
株式市場に一定の安心感を与える可能性有りか・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株式市場の下落や円高進行で日経平均は大幅続落
今年8番目の下げ幅を記録し1カ月半ぶりの安値に沈没

東証1部の値下がり銘柄は1503銘柄と全体の89.6%に達し、
規模別株価指数はすべて下落

為替でユーロ安が進行しユーロは対ドルで約2年ぶり、
対円では2000年11月以来の安値

主力の国際優良株や資源関連株、金融株などを中心に売られ
キヤノン、リコー、コニカミノルタなどユーロ感応度が高い銘柄の
下げが目立った

欧州不安の再燃に相場は一気に下放れか・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

東京マーケットスケジュール 《 7月 23日 ~ 7月 27日 》

23日(月)
【国内】
《決算発表》
キーコーヒー、カゴメ、JSR、日本精線、メルコホールディングス、東陽テクニカ
【海外】
豪4-6月期生産者物価(10:30)
米6月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
EU外相理事会(ブリュッセル)
《米決算発表》
イートン、マクドナルド、コカ・コーラエンタープライズ、ハリバートン、
テキサス・インスツルメンツ

24日(火)
【国内】
《決算発表》
ニフティ、大同特殊鋼、芝浦メカトロニクス、日本電産、日本電産コパル電子、蝶理、
日立キャピタル、カブドットコム証券
《新規上場》
エニグモ
【海外】
中国7月HSBC製造業PMI速報値(11:30)
米7月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5月FHFA住宅価格指数(23:00/前月比)
米2年国債入札
《米決算発表》
バイオジェン・アイデック、ハーシー、ジオンズ・バンコープ、EMC、コーチ、
アルトリア・グループ、AT&T、アップル、ジュニパーネットワークス、ブロードコム、
ネイバーズ・インダストリーズ、ロッキード・マーチン、ピーボディ・エナジー

25日(水)
【国内】
6月貿易収支(8:50)
《決算発表》
カワチ薬品、キヤノン、ココカラファイン、花王、ヤフー、ソフトバンク・テクノロジー、
日本電気硝子、日立建機、富士通ゼネラル、ファナック、KOA、日野自動車、幸楽苑、
任天堂、日立ハイテクノロジーズ、オリックス、マネックスグループ、KDDI
【海外】
豪4-6月期消費者物価(10:30)
タイ中銀政策金利発表(16:30)
英4-6月期GDP(17:30)
独7月Ifo景況感指数(17:00)
スペイン政府が銀行部門の資本増強に向けた支援を要請
米6月新築住宅販売件数(23:00)
米5年国債入札
《米決算発表》
コーニング、ネットフリックス、アルテラ、NASDAQOMXグループ、ペプシコ、
フォード・モーター、モトローラ・ソリューションズ、キャタピラー、
コノコ・フィリップス、Visa、イーライリリー・アンド・カンパニー、
アリゲニー・テクノロジーズ、アカマイ・テクノロジーズ、ボーイング

26日(木)
【国内】
6月企業サービス価格指数(8:50)
20年国債入札
《株式分割》(権利付最終売買日)
エムアップ
《株主総会》
伊藤園
《決算発表》
パナホーム、中外製薬、NECフィールディング、野村不動産ホールディングス、
信越化学工業、栄研化学、サイバーエージェント、MARUWA、JFEホールディングス、
森精機製作所、富士電機、日立国際電気、アドバンテスト、日本車輌製造、日産自動車、
日産車体、ネットワンシステムズ、エイチ・ツー・オーリテイリング、野村ホールディングス、
松井証券
【海外】
NZ中銀政策金利発表(6:00)
韓国4-6月期GDP(8:00)
EU財務相理事会
米6月耐久財受注(21:30)
米7年国債入札
《米決算発表》
コビディエン、フェイスブック、ユナイテッド・テクノロジーズ、ムーディーズ、
エクソンモービル、シマンテック、CMEグループ、ダウ・ケミカル、3M、
マグローヒル、スターバックス、アムジェン、インターナショナル・ペーパー、
レイセオン、アマゾン・ドット・コム、スプリント・ネクステル、

27日(金)
【国内】
6月全国消費者物価指数(8:30)
7月東京地区消費者物価指数(8:30)
6月商業販売統計(8:50)
《株主総会》
メガネスーパ、飯田産業、アインファーマシ
《決算発表》
大東建託、ヤクルト本社、エムスリー、宝ホールディングス、MonotaRO、IHI、
協和発酵キリン、野村総合研究所、大日本住友製薬、WOWOW、富士フイルムHD、
コニカミノルタホールディングス、タカラバイオ、日立金属、旭ダイヤモンド工業、
高岳製作所、富士通、フォスター電機、クラリオン、メガチップス、新光電気工業、
ダイハツ工業、だいこう証券ビジネス、極東証券、小田急電鉄、西日本旅客鉄道、
NECモバイリング、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、東北電力、島精機製作所、東海旅客鉄道
【海外】
中国6月工業利益(10:30)
第30回夏季ロンドン・オリンピック開幕(~812)
米4-6月期GDP速報(21:30/前期比年率)
米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55)
《米決算発表》
ニューモント・マイニング、ベリサイン、DTEエナジー、シェブロン、KLAテンコー、
グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー、メルク、テラダイン


参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NY株式市場は3日続伸したものの東京市場は反応薄
日経平均は、8,800円手前で足踏みから状況から円高警戒感や
週末要因などから先も主導で売られ反落し安値圏での引け

東証1部の値下がり銘柄は1421銘柄に達し規模別株価指数はすべて下落
主力の国際優良株や金融株などを中心に売られ悪材料山積の電力株は大幅安
東電以外の電力9社が年初来安値を更新

東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は100.80%と直近ピークだった9日の
136.96%から大幅に低下
そろそろ日柄調整は終盤に差し掛かかりつつあるのかもしれないとの声アリ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高やアジア株高を背景に堅調に推移し日経平均は反発
一時25日移動平均を上回る場面もあったもののエネルギー不足で
終値ベースでの奪回とは成らず

東証1部の値上がり銘柄は1196銘柄と全体の71%に達し、
規模別株価指数はすべて上昇
国際優良株や資源関連株などに買い戻しが入った

東証1部の売買代金は8742億円と薄商いが続いており
年初や6月の相場戻り局面では、連日で1兆円超えだっただけに、
このまま商いが膨らまなければ足踏み状況が続く公算大・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、アジア試合株安や円高警戒感から先物主導で下げに転じ反落

資源関連株の一角が軟調だったほか、電力株が大幅続落で相次いで安値を更新
特に北陸電力は志賀原発直下の亀裂が活断層である可能性が高まり急落

TOPIXは、2009年7月以来の9日続落を記録し、反転のきっかけが見出せない状況
2009年当時と現在は状況がやや似ており、今回のTOPIX9日続落が「陰の極」となる
可能性があるとの声アリ・・・・・・・・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、一時8,800円台を回復する場面もあったものの、
25日移動平均に弾き返されて伸び悩み
また、TOPIXは小幅ながら8日続落

円高警戒感から国際優良株が総じて軟調だったほか、
電力株や鉄鋼株などが売られた一方で、内需関連株が底堅く推移

為替市場で円高ドル安が進行し一時1ドル=78円台半ばまで上昇、
6月日銀短観で示された大企業製造業の2012年度想定為替レートの
1ドル=78円95銭を突破したことで企業業績に対する懸念が強まった模様

今週の東京市場は特に大きなイベントがないため、海外市場の動向に
大きく左右されそうとの指摘アリ・・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

東京マーケットスケジュール 《 7月 16日 ~ 7月 20日 》

16日(月)
【国内】
祝日 海の日
株式市場休場
【海外】
ユーロ圏6月消費者物価(18:00)
APEC環境相会合(ハバロフスク~18日)
米6月小売売上高(21:30/0.2%)
米7月NY連銀製造業景気指数(21:30/4.05)
米5月企業在庫(23:00/0.2%)
《米決算発表》
ガネット、シティグループ

17日(火)
【国内】
《決算発表》
安川情報システム
【海外】
独7月ZEW景況感指数(18:00)
米6月消費者物価指数(21:30/前年比)
米5月対米証券投資(22:00)
米6月鉱工業生産(22:15/0.3%)
米6月設備稼働率(22:15/79.2%)
米7月NAHB住宅市場指数(23:00)
ベージュブック(18日3時)
《米決算発表》
ジョンソン・エンド・ジョンソン、ザコカ・コーラカンパニー、マテル、インテル、
ゴールドマン・サックス・グループ、ヤフーインク、ステート・ストリート

18日(水)
【国内】
6月首都圏マンション販売(13:00)
6月14-15日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
《決算発表》
総合メディカル、安川電機
【海外】
米6月住宅着工件数(21:30/74.5万件)
米6月建設許可件数(21:30/77.5万件)
《米決算発表》
U・S・バンコープ、ノーザン・トラスト、ハネウェル・インターナショナル、アボット・ラボラトリーズ、
ブラックロック、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、バンク・オブ・アメリカ、アメリカン・エキスプレス、
IBM、ザイリンクス、イーベイ、クアルコム
南ア6月消費者物価(17:00)
南ア5月小売売上高(20:00)

19日(木)
【国内】
5月全産業活動指数(13:30)
6月粗鋼生産(14:00)
6月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
5年国債入札
《新規上場》
ワイヤレスG
《決算発表》
キヤノン電子
【海外】
スペイン国債入札
米6月中古住宅販売件数(23:00/465万件)
米6月CB景気先行総合指数(23:00/-0.1%)
米7月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(23:00/-7.5)
6月北米半導体製造装置BBレシオ(20日7時)
米10年インフレ連動債入札
《米決算発表》
ユナイテッドヘルス・グループ、トラベラーズ・カンパニーズ、サウスウェスト航空、
ベライゾン・コミュニケーションズ、イー・トレード・ファイナンシャル、サンディスク、
ピーボディ・エナジー、マイクロソフト、ニューコア、AMD、オムニコム・グループ

20日(金)
【国内】
6月コンビニエンスストア売上高(16:00/前年比)
《決算発表》
東京製鐵、アルインコ、ジャフコ、ゴールドクレスト、ニッセンホールディングス
【海外】
独6月生産者物価(15:00)
カナダ6月消費者物価(21:30)
《米決算発表》
キャピタル・ワン・ファイナンシャル、ベーカー・ヒューズ、ゼネラル・エレクトリック、ゼロックス、
モルガン・スタンレー、アルトリア・グループ、フィリップモリスインターナショナル


参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、3連休前で様子見ムードが漂う展開だったものの
7日ぶりに反発したがTOPIXは小幅ながら7日続落

内需関連株や資源関連株が堅調に推移し、ソフトバンクは連日の年初来高値更新
反面、国際優良株や金融株などが下落
また、川崎汽船、商船三井が年初来安値を更新するなど海運株が目立って下げた

東証1部の出来高は16億2404万株で内SQ分は概算で8,800万株
SQ算出日の出来高としては11年10月以来、売買代金としては03年8月以来の低水準
おまけに、SQ算出日にもかかわらず、商いは前日よりも減少

今日はSQ算出日だったが、週末終値は7月限SQ値(8678.36円)を上回り、
さらに当日の安値がSQ値に一度もタッチしない「逆幻のSQ」出現

しっかりした値動きというよりも、売り買いがほとんどなかった
そろそろ連日安の反動があってもおかしくないとの思惑買いだけとの指摘アリ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日銀の追加緩和見送りで失望売りが膨らみ
日経平均は、先物主導で下げ幅を拡大し6日続落

主力の国際優良株が軒並み安となったほか、追加緩和見送りで金融、
不動産が売られた

また、シャープ、ソニー、パナソニックなど業績不振の電機株が大幅安
その一方で、ヤマダ電機による買収報道でベスト電器が急騰

下値支持ラインとして意識されていた25日移動平均も割り込んだことで
調整局面入りした公算大か・・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は小幅ながら、5日続落したものの一時8,800円を割り込みながら、
25日移動平均手前で踏みとどまると急速に下げ渋って高値引け

外部環境の悪化を受けて主力の国際優良株や資源関連株、業績不振の電機株や、
アドバンテストなど半導体関連株にが売られた一方、内需関連が底堅く推移

今日の金融株や不動産株が堅調だったのは、日銀の追加緩和への期待感の証左で、
日銀が追加緩和を見送った場合は円高・株安に見舞われる公算が大かも・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、アジア株安や円高進行もあり4日続落となり
約2週間ぶりの安値

主力の国際優良株が総じて軟調だったほか、中国の景気減速懸念から
コマツなど中国関連株が売られた一方で、内需関連が底堅く推移

短期的に調整局面入りした可能性もあり、25日移動平均近辺となったら
買い出動してみても良さそう・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

海外株安を受けて、東京市場も軟調展開

日経平均は、中国株安を背景に主力株が下げ基調を強めて
下げ幅を拡大しほぼ安値圏での引きとなり8,900円台割れ

東証1部の出来高は12億8,339万株と1月5日以来の低水準
売買代金は8,049億円と5月28日以来の低さ

地合い悪化で国際優良株、資源関連株、金融株などが売られ、
機械受注の悪化でファナックなどの機械株が下落したほか、
業績下方修正のファーストリも売られた一方で、内需ディフェンシブ系が底堅く推移

前週のECB理事会に続いて米雇用統計にも期待を裏切られ
雇用統計の下ブレでQE3への期待が膨らまなかったのは、スペイン国債の満期が
集中する10月に焦点を合わせているからだとの見方あり


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

東京マーケットスケジュール 《 7月 9日 ~ 7月 13日 》

9日(月)
【国内】
5月国際収支(8:50)
6月銀行貸出・資金吸収動向(8:50)
5月機械受注(8:50)
6月企業倒産件数(13:30/前年比)
6月景気ウォッチャー調査(14:00)
《決算発表》
一六堂、クリエイトSDホールディングス、富士エレクトロニクス、プレナス
【海外】
中国6月消費者物価(10:30)
中国6月生産者物価(10:30)
ASEAN関連外相会合(プノンペン~13日)
ユーロ圏財務相会合
欧州安定メカニズム(ESM)の稼動予定
トルコ5月鉱工業生産(16:00)
米5月消費者信用残高(10日4:00/85億ドル)
株式市場休場:ブラジル
《米決算発表》
アルコア

10日(火)
【国内】
6月マネーストック(8:50)
6月消費者態度指数(14:00)
30年国債入札
《決算発表》
鉄人化計画、大黒天物産、久光製薬、サイゼリヤ、ガリバーインターナショナル、リンガーハット
【海外】
中国6月貿易収支
EU財務相理事会
米3年国債入札

11日(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~12日)
5月第三次産業活動指数(8:50)
6月国内企業物価指数(8:50)
6月工作機械受注(15:00)
テクノフロンティア2012開催(ビッグサイト~13日)
《決算発表》
東洋電機製造、エービーシー・マート、ビックカメラ、東宝
【海外】
トルコ5月経常収支(16:00)
米5月貿易収支(21:30/-485億ドル)
米5月卸売在庫(23:00/0.3%)
FOMC議事録(12日3:00)
米10年国債入札
ブラジル5月小売売上高(21:00)
ブラジル中銀金融政策決定会合
《米決算発表》
チャールズシュワブ

12日(木)
【国内】
白川日銀総裁会見(15:30)
日銀展望レポート中間評価
《決算発表》
三協・立山ホールディングス、津田駒工業、レナウン、アデランス、東天紅、
島忠、松屋、セントラル警備保障
【海外】
韓国中銀金融通貨政策委員会(9:00)
豪6月雇用統計(10:30)
インド5月鉱工業生産(14:30)
インドネシア金融政策決定会合
ユーロ圏5月鉱工業生産(18:00)
米6月輸出入物価(21:30)
米6月財政収支(13日3:00)
米30年国債入札
メキシコ5月鉱工業生産(22:00)
《米決算発表》
マリオット・インターナショナル

13日(金)
【国内】
《新規上場》
アクトコール
《決算発表》
ドトール・日レスホールディングス 、KLab、ライフコーポレーション、松竹、
パソナグループ、コスモス薬品、東洋炭素
【海外】
中国4-6月期GDP
中国6月鉱工業生産
中国6月小売売上高
中国6月固定資産投資(11:00)
イタリア国債入札
米6月生産者物価指数(21:30)
米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/74)
《米決算発表》
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、ウェルズ・ファーゴ、グーグル


参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 ⇒ 最初にランキングをご覧ください      にほんブログ村 株ブログへ     

日経平均は、アジア株安に米雇用統計前でもあり手じまい売りに押され
一時9,000円台を割り込む場面もみられた

地合い悪化で国際優良株、資源関連株、金融株などが利喰い売りに押された
6月の携帯純増数で6カ月連続のトップとなったソフトバンクが逆行高した一方、
約5年ぶりの低水準となったドコモが売られた

東証1部の売買代金は1兆円を下回る状況が続き、戻り待ちの売りを
消化できていない状況

東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は132.18%に達し、過熱感も指摘され
きっかけ次第で利益確定売りが出やすい状況にあるとの指摘アリ・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 ⇒ 最初にランキングをご覧ください      にほんブログ村 株ブログへ     

日経平均は、9,100円を挟んででのもみ合いからアジア株安や
円高進行を受けて後場下げ幅を拡大し安値圏での引け

内需関連株などが利益確定売りに押されオフィス空室率の悪化を
受けて不動産株が売られた

反面、直近売り込まれていたTDKやヤマダ電機などが大幅高し
コマツは商いを伴って上昇

売り一巡後に一時プラスの場面もあったのは押し目買い意欲の強さの表れ
これまでの堅調な地合いに変わりなく、今日は小休止したに過ぎないか・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 ⇒ 最初にランキングをご覧ください      にほんブログ村 株ブログへ     

欧米株高や商品市況の上昇を受けて堅調展開

日経平均は、買い一巡すると様子見ムードとなったものの続伸し、
終値ベースで2ヶ月ぶりの高値

商品市況高を背景に資源関連株が買われたほか、
ソフトバンク、NTTなど通信株も堅調

その一方、昨日堅調だったメガバンクなど金融株は利益確定売りに押され、
エクイティファイナンスへの懸念からJFEが大幅安

世界的に楽観論が広がっているようだが、楽観的に傾きすぎている感が否めず、
何らかをきっかけに相場が逆に振れる可能性もあるとの指摘も・・・・・・

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 ⇒ 最初にランキングをご覧ください      にほんブログ村 株ブログへ     

日経平均は、心理的な節目の9,000円をキープしじり高展開から
上げ幅を拡大し2ヶ月ぶりの高値での引け

世界的な金融緩和期待などを背景に金融株が買われ、
メガバンクが商いを伴って上昇し国際優良株、資源関連株なども堅調
その一方で、大型増資による希薄化懸念でANA、川崎汽船が急落

EU首脳会議で欧州不安が後退し、相場の焦点は景気動向に移っている模様だが、
2日に世界各国で発表された製造業統計は軒並み悪化

これを受けて、米国では追加緩和期待が台頭し欧州ではECB理事会で利下げを
実施するとの見方が強まった

しばらくは景気減速懸念と追加緩和期待が交錯しそうな相場展開との指摘アリ・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 ⇒ 最初にランキングをご覧ください      にほんブログ村 株ブログへ     

NY市場は大幅上昇したものの東京市場は伸び悩み

日経平均は、9,100円台の寄り付き天井になり、すぐに値を消す動きに
大引けにかけてマイナスに転じての安値引けで4日ぶりに反落

国際優良株、内需関連株などが利益確定売りに押された一方で
大手商社やなど資源関連株が堅調

先週末の欧米各国の主要株価指数は軒並み2%超の大幅高となり、
今日の東京市場も大幅続伸を期待したものの、アッサリ肩透かし

また、東証1部の売買代金は前日比30%減の8497億円に急減と
様子見ムードが蔓延ということか・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 ⇒ 最初にランキングをご覧ください      にほんブログ村 株ブログへ     

東京マーケットスケジュール 《 7月 2日 ~ 7月 6日 》

2日(月)
【国内】
6月調査日銀短観(8:50)
6月新車販売台数
関西電力など7電力が節電要請開始(9月7日まで)
《決算発表》
サークルKサンクス、キユーピー、ユニー
【海外】
中国6月HSBC製造業PMI
インドネシア6月消費者物価指数
ユーロ圏5月失業率
トルコ1-3月期GDP
米5月建設支出(23:00/0.2%)
米6月ISM製造業景況指数(23:00/52)
TPP第13回拡大交渉(米サンディエゴ~10日)
株式市場休場:カナダ、香港

3日(火)
【国内】
6月マネタリーベース(8:50)
5月毎月勤労統計(10:30)
10年国債入札
《決算発表》
ローソン、スギホールディングス、宝印刷、井筒屋
【海外】
中国6月非製造業PMI
豪州準備銀行理事会
ユーロ圏5月生産者物価
トルコ6月消費者物価指数
米5月製造業受注(23:00/-0.2%)
米6月新車販売台数
ブラジル5月鉱工業生産

4日(水)
【国内】
《決算発表》
カッパ・クリエイト、マックスバリュ東海、イオン、アスクル、不二越、マルカキカイ、ミニストップ
【海外】
中国6月HSBCサービス業PMI
BOE金融政策委員会(~5日)
ユーロ圏5月小売売上高
株式市場休場:米国

5日(木)
【国内】
6月都心オフィス空室率(11:00)
日銀支店長会議
《決算発表》
セブン&アイ・ホールディングス、トーセイ
【海外】
ECB理事会
スペイン国債入札
米6月ADP雇用統計(21:15/9.9万人)
米6月ISM非製造業景況指数(23:00/52.8)

6日(金)
【国内】
5月景気動向指数(14:00)
IMF・世銀総会記念フォーラム、ラガルドIMF専務理事が講演
《決算発表》
シー・ヴイ・エス・ベイエリア、東京個別指導学院、良品計画、オンワードホールディングス、
ファミリーマート、ユニオンツール、ヤマトインターナショナル、吉野家ホールディングス、
ファーストリテイリング、ダイエー
【海外】
ドイツ議会夏季休会入り
米6月雇用統計(21:30/8.2%)
米6月非農業部門雇用者数変化(21:30/9.8万人)
米6月民間部門雇用者数変化(21:30/10.2万人)
米6月製造業雇用者数変化(21:30/0.5万人)
ブラジル6月消費者物価指数

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!