貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株安や上昇の反動、鉱工業生産が下振れに月末調整売りに
マイナス圏での推移だったが、為替が円安方向に振れ反転
日経平均は高値圏で引け

三井住友FGの好決算を機にメガバンクや証券大手が連日の人気化し
鉄鋼やパルプ・紙など出遅れ感のある素材株が物色されてました

経産省が寄り付き前に発表した2012年12月の鉱工業生産指数は
前月比+2.5%で市場予想(+4.0%)を下回る結果

現在の株高は実体経済よりもかなり前倒しの状況を反映していると言え、
ネガティブな経済指標の発表で急調整を強いられる恐れも?との指摘アリ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われ全面高の展開に
日経平均、TOPIXともに大幅続伸

この頃の上昇で信用取引の評価損益率改善もポジティブな材料
1/25申し込み時点で+3.68%と前の週の-1.81%から改善

評価損益率がプラスに転じたのは2006年1月以来
含み益が生じ投資余力の拡大がより買いを誘う善循環上昇相場


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

好業績観測で銀行株への買いが市場雰囲気を好転させ、
為替が円安に振れたことも追い風となって上げ幅を拡大
日経平均、TOPIXともに反発

メガバンク3社は小高い水準でのもみ合いとから上げ幅を拡大
この動きに合わせるかのように日経平均もマイナス圏から反転した

メガバンクが保有する株式評価損の減少→メガバンク株の上昇→
メガバンク株を保有する企業の評価損減といった流れが相場を押し上げた

3社ともPBRは1倍を下回っており昨年来高値更新なれど割高感なし
メガバンクの上昇が相場のセンチメント改善に・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米ダウ平均の5年3ヵ月ぶりの高値や一段の円安進行を受け
日経平均は2年9ヵ月ぶりに11,000円を回復したものの
指数寄与度が高い銘柄の下げが響いて結局反落

ファナックの下落がその主因となった模様でiPhone5向け関連の
減速が響いてコンセンサスをさらに下回る業績予想引き下げとなり
アドバンテストや東エレクなどにも売りが波及

iPhone関連とみられる電子部品株などの業績に対する警戒感が
今後一段と高まりそうとの指摘アリ

この中、輸出関連株が振るわなくても内需関連株に買いが入り
循環物色が効いている点は心強い展開


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 1月 28日 ~ 2月 1日 》

28日(月)
【国内】
12月企業向けサービス価格指数(8:50)
《株式分割》
山岡家、アマガサ、エリアクエスト、APC、ヒトコム
《決算発表》
松井証券、KDDI、JSR、KDDI
【海外】
米2年国債入札
ユーロ圏12月マネーサプライ(19:00)
米12月耐久財受注(22:30)
米12月中古住宅販売仮契約(29日0:00)
《決算発表》
〔米国〕
ローパー・インダストリーズ、バイオジェン・アイデック、キャタピラー、
プラム・クリーク・ティンバー、シーゲイト・テクノロジー、ヤフーインク、
ジオンズ・バンコープ、BMCソフトウエア、レッグ・メイソン

29日(火)
【国内】
財務省、流動性供給入札(12:45)
《株主総会》
東ハウス、アイ・ケイ・ケイ、ケア21、くらコーポ、アヲハタ、神戸物産、
アールエイジ、モルフォ、システムディ、ロングライフ、ナトコ、パーク24、
フジコーポ、ミロク、エイチ・アイエス、カナモト
《決算発表》
信越化学工業、丸井グループ、富士フイルムホールディングス、東海旅客鉄道、コマツ、
日本電気硝子、ヤフー、ヤクルト、エムスリー、東北電力
【海外】
インド準備銀行金融政策決定会合
FOMC(~30日)
米11月S&Pケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米1月消費者信頼感指数(30日0:00)
米5年国債入札
《決算発表》
〔米国〕
バレロ・エナジー、ファイザー、Tロウ・プライス・グループ、D.R.ホートン、
タイコ・インターナショナル、ネクステラ・エナジー、ハーレーダビッドソン、
インターナショナル・ペーパー、ダナハー、ハリス、EMC、フォード・モーター、
イリノイ・ツール・ワークス、アマゾン・ドット・コム、ピーボディ・エナジー、
ボストン・プロパティーズ、アメリカン・エレクトリック・パワー、ニューコア、
ボストン・サイエンティフィック、ユナイテッド・ステイツ・スチール、ブロードコム、
イーライリリー・アンド・カンパニー、コーニング、エース、ベンテア

30日(水)
【国内】
12月商業販売統計(8:50)
12月貿易収支確報(9:30)
《株主総会》 ベルグアース、スリープロ、クミアイ化、オハラ、巴工業、エイケン工業、オービス、
ウイルコHD、TASAKI、小林産、正栄食、泉州電
《決算発表》
日本軽金属ホールディングス、キヤノン、カシオ計算機、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、
西日本旅客鉄道、日野自動車、日立建機、明電舎、アドバンテスト、宝ホールディングス、
静岡銀行、中外製薬、スカパーJSATホールディングス、平和不動産、スカイマーク、
三井住友フィナンシャルグループ、東京電力、カルビー、積水化学工業、任天堂、
日本取引所グループ、オリエンタルランド、北海道電力
【海外】
米7年国債入札
米1月ADP雇用統計(22:15)
米10-12月期GDP(22:30)
米週間石油在庫統計(31日0:30)
ニュージーランド金融背策決定(31日5:00)
《決算発表》
〔米国〕
ミード・ウェストベイコ、L3コミュニケーションズ・ホールディングズ、
ロックウェル・オートメーション、ADTCorp、ウィスコンシン・エナジー、ヘス、
ボーイング、サザン、Phillips66、エイブリー・デニソン、マラソン・ペトローリアム、
クアルコム、シトリックス・システムズ、オーエンズ・イリノイ、コノコ・フィリップス、
JDSユニフェーズ、エレクトロニック・アーツ、アメリプライズ・ファイナンシャル、
アバロンベイ・コミュニティーズ、マーフィー・オイル、ノースロップ・グラマン、

31日(木) 【国内】
12月鉱工業生産速報(8:50)
12月毎月勤労統計調査(10:30)
財務省、国庫短期証券入札(12:35)
財務省、2年物国際入札(12:45)
12月自動車生産台数(13:00)
12月住宅着工戸数、建設工事受注(14:00)
《決算発表》
協和発酵キリン、川崎汽船、アルプス電気、大日本住友製薬、川崎重工業、
三菱倉庫、第一三共、日清製粉グループ本社、ジェイエフイーホールディングス、
東京ガス、味の素、中部電力、野村ホールディングス、東日本旅客鉄道、オークマ、
住友重機械工業、TDK、関西電力、東急不動産、コニカミノルタホールディングス、
東芝、JT、TOTO、新生銀行、本田技研工業、ヤマトホールディングス、日本碍子、
全日本空輸、日本板硝子、リコー、富士電機、資生堂、日本電気、日本ハム、NTN、
みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、京セラ、あおぞら銀行、
大阪ガス、東日本旅客鉄道、三井住友トラスト・ホールディングス、住友林業、
アコーディア・ゴルフ、日清食品ホールディングス、村田製作所、日東電工、HOYA
商船三井、ソフトバンク、テルモ、日本通運、日本郵船
【海外】
台湾10-12月期GDP(9:30)
南ア12月生産者物価(18:30)
ブラジル12月失業率(20:00)
米12月個人支出・所得(22:30)
米週間失業保険申請件数
米1月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
〔米国〕
エクセル・エナジー、ミード・ジョンソン・ニュートリション、パルト・グループ、
ボール、ビーミス、シャーウィン・ウィリアムズ、コルゲート・パルモリブ、
サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック、タイム・ワーナー・ケーブル、
MasterCard、ハーシー、ワールプール、エトナ、ジンマー・ホールディングズ、
アルトリア・グループ、コンソル・エナジー、NASDAQOMXグループ、ダウケミカル、
インベスコ、ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ、マケッソン、
イーストマンケミカル、CRバード、チャブ、パーキンエルマー、クーパー・キャメロン、
プリンシパル・ファイナンシャル・グループ、オクシデンタル・ペトロリアム、
ピツニーボウズ、バイアコム、オートネーション、ドミニオン・リソーシズ、
ルマリック・アンド・ペイン、ユナイテッド・パーセル・サービス、
C・H・ロビンソン・ワールドワイド、ライダーシステム、パッカー

1日(金)
【国内】
12月労働力調査(有効求人倍率、家計調査、完全失業率、8:30)
1月新車販売(14:00)
1月軽自動車新車販売台数(14:00)
《決算発表》
デンソー、エーザイ、神戸製鋼所、三菱商事、ジェイテクト、豊田通商、京王電鉄、
アステラス製薬、丸紅、千葉銀行、大和証券グループ本社、エヌ・ティ・ティ・データ、
シャープ、住友化学、ミネベア、パナソニック、三菱UFJフィナンシャル・グループ
【海外】
豪4Q生産者物価指数(9:30)
ユーロ圏12月失業率(19:00)
ユーロ圏1月消費者物価指数速報(19:00)
米1月雇用統計(22:30)
米1月ISM製造業景気指数(2日0:00)
米12月建設支出(2日0:00)
米1月新車販売台数(2日7:00)
《決算発表》
〔米国〕
ニューウェル・ラバーメード、ビーム、エーオン、エクソンモービル、
ナショナル・オイルウエル・バーコ、メルク、マテル、インガソール・ランド、
フランクリン・リソーシズ、ナイソース、ライオンデルバゼル、シェブロン、
マイクロチップ・テクノロジー、スナップオン、テコ・エナジー、ウィン・リゾーツ、
タイソンフーズ

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

海外株高や円安進行を材料に輸出関連株を中心に買われ
日経平均は大幅高を記録し昨年来高値を更新

週間ベースでは1971年2~4月以来となる約42年ぶりに
11週連続で上昇

売買代金首位のソニーを筆頭に昨年来高値を更新した
日立や東芝などハイテク株が相場を牽引

今週半ばの押し目から急速に反転する強い動きは
押し目買い意欲の強さや投資余力拡大の証明


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安一服の流れから輸出関連株中心に売り先行スタートだったものの
その後は、下げ渋りドル円が89円台の円安方向に振れたことで
後場は一転して強含みで推移し日経平均、TOPIXは反発

業種別で値下がりは電気・ガスとパルプ・紙の2業種のみとなり
値上がりは証券、鉄鋼、保険、輸送用機器、繊維製品が上位に並んだ

大型株の押し目買いと中小型株物色とを上手に回転が効いているようで
市場エネルギーは高い水準をキープ・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高に進んだことで先物の仕掛け売りが出ていた模様で一段安
日経平均は、安値引けで3日続落

円高に振れたことで輸出関連株を中心に売りに拍車がかかった

このところの上昇で利喰い売りもし易くなっており、
その影響がダイナミックな相場の動きに反映しており
スピード調整が好循環につながる可能性も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

金融決定会合の結果を受けて材料出尽くし感から
先物主導で一時乱高下するも終盤にかけては落ち着き
結局、日経平均、TOPIXは続落

日銀の金融政策決定会合の内容は、
「2%の物価目標を設定」、「資産買い入れ規模を増額」
「ゼロ金利と買い入れ必要と判断されるまで継続」
「14年初から当分、毎月長期国債2兆円を含む13兆円の買い入れ」
「13年末までは現行方式での買い入れを実施」など、
事前の報道に沿ったものだった

この中、、日経ジャスダック平均が4日続伸となり2008年6月6日以来
約4年7カ月半ぶり高値を更新
また、東証マザーズ指数は3日続伸で2011年3月9日以来の水準に上昇

中小型株物色が大型株へとシフトするかに要注目との指摘アリ・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

先週の上昇の反動や日銀金融政策決定会合を控えていることもあり
日経平均、TOPIXは反落

出遅れハイテク株のソニーやパナソニックやミヨシ油脂や井筒屋といった
低位材料株が人気化

また、ボーイング787の運航停止が長期化する可能性が強まったことで
東レなど関連株が売られた

日銀の金融政策決定会合では、資産買い入れ基金の10兆円程度増額や
2%の物価上昇率目標の導入がすでに伝わっており、これ以上の結果が
出る可能性は低いとの声多数

今日の下げは、ファストリやファナックといった指数の寄与度が高い銘柄を
中心としたテクニカル的な売りの側面が強く地合いが変化した訳ではなさそう?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 1月 21日 ~ 1月 25日 》

21日(月)
【国内】
日銀金融政策決定会合・展望リポートの中間評価(~22日)
12月首都圏マンション販売(13:00)
《銘柄異動》
アイケイケイ
《決算発表》
ネクス、津田駒工業
【海外】
ユーロ圏財務相会合
米大統領就任式典(ワシントン)
米キング牧師の誕生日
休場:米国

22日(火)
【国内】
日銀営業毎旬報告(10:00)
11月全産業活動指数(13:30)
11月景気動向指数改定値(14:00)
12月スーパー売上高(14:00)
日銀白川総裁会見(15:30)
《決算発表》
JIEC 、スーパーツール、ワイ・イー・データ、安川情報システム、
阪急リート投資法人、総合メディカル
【海外】
EU財務相理事会
トルコ中銀金融政策決定会合
イスラエル総選挙
独1月ZEW景況感指数(19:00)
米12月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米12月中古住宅販売件数(23日0:00)
休場:イスラエル
《決算発表》
〔米国〕
リジョンズ・ファイナンシャルトラベラーズ・カンパニーズ、CA、ノーフォーク・サザン、
イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール、ウォーターズ、テキサス・インスツルメンツ、
フリーポート・マクモラン・カッパー&ゴールド、ベライゾン・コミュニケーションズ、
トータル・システム・サービス、アドバンスト・マイクロデバイシス、グーグル、CSX、
IBM、インターナショナル・ゲーム・テクノロジー、インテューイティブ・サージカル、
ジョンソン・エンド・ジョンソン

23日(水)
【国内】
財務省、国庫短期証券入札(12:35)
12月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
レギュラーガソリン小売価格(14:00)
日銀金融経済月報(14:00)
《決算発表》
SPK、カワチ薬品、ゲンキー、ジャフコ、ハチバン、ミルボン、安川電機、
メルコホールディングス
【海外】
世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)(~27日)
ヨルダン下院選
カナダ中銀金融政策決定会合
南ア12月消費者物価(17:00)
英12月失業率(18:30)
ブラジル12月経常収支(21:30)
《決算発表》
〔米国〕
アボット・ラボラトリーズ、エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ、プラクセアー、
ベーカー・ヒューズ、クエスト・ダイアグノスティクス、ユナイテッド・テクノロジーズ、
ゼネラル・ダイナミックス、TEコネクティビティ、マクドナルド、ウェルポイント、
モレックスインク、セント・ジュード・メディカル、モトローラ・ソリューションズ、
ストライカー、ネットフリックス、F5ネットワークス、アルテラ、テラダイン、アップル、
クラウン・キャッスル・インターナショナル、バリアン・メディカル・システムズ、コーチ、
ウエスタン・デジタル、アムジェン、サンディスク、LSIコーポレーション、シマンテック、
ジェイコブズ・エンジニアリング・グループ、ラムリサーチ、テクストロン、ノーブル、
アリゲニー・テクノロジーズ

24(木)
【国内】
気象庁3カ月予報
12月貿易収支(8:50)
財務省、2年物国際入札概要(10:30)
財務省、国庫短期証券入札(12:35)
財務省、20年物国際入札(12:45)
《株主総会》
サーラ住宅、 萩原工業、ファースト住
《決算発表》
DNAチップ研究所、ウェアハウス、オービック、小松ウオール工業、大丸エナウィン
オービックビジネスコンサルタント、カゴメ、カブドットコム証券、ニフティ、
東陽テクニカ、日本電産、日本電産コパル、日本電産コパル電子、日本電産トーソク、
日本電産リード、両毛システムズ、FCM、ASJ、ムラキ
【海外】
米10年インフレ連動国債入札
韓国10-12 月期GDP(8:00)
中国1月HSBC製造業PMI速報値(10:45)
ユーロ圏11月経常収支(18:00)
米12月CB景気先行総合指数(25日0:00)
12月北米半導体製造装置BBレシオ(25日8:00)
休場:マレーシア、インドネシア
《決算発表》
〔米国〕
エアガス、プレシジョン・キャストパーツ、レイセオン、アメリソースバーゲン、
スタンレー・ブラック&デッカー、ユニオン・パシフィック、EQT、キーコープ、
サウスウェスト航空、ドーバー、ゼロックス、W・W・グレインジャー、ベリサイン、
KLAテンコー、AT&T、スターバックス、イー・トレード・ファイナンシャル、
ジュニパーネットワークス、マイクロソフト、3M、バクスター・インターナショナル、
ロッキード・マーチン、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、マコーミック、セルジーン

25日(金)
【国内】
12月全国消費者物価(8:30)
1月東京地区消費者物価指数(8:30)
《株主総会》
学情 、ソフトウェアサー、イハラケミカル
《決算発表》
KIホールディングス、KOA、MonotaRO、SMK、アクシーズ、アクセル、アツギ、キヤノン電子、
アドテック、アルゴグラフィックス、カノークス、カワムラサイクル、キムラユニティー、
ゴールドクレスト、コムチュア、ジーエフエー、ジーダット、ジュピターテレコム、セフテック、
センチュリー21・ジャパン、ソケッツ、ソフトフロント、トーメンデバイス、モリテックスチール、
パナソニックインフォメーションシステムズ、ビオフェルミン製薬、ファナック、富士通ゼネラル、
フュージョンパートナー、ブロードメディア、ベクター、マルサンアイ、メッツ、ヤマナカ、
リーダー電子、リコーリース、レック、阿波銀行、沖縄セルラー電話、共成レンテム、研創、
山加電業、滋賀銀行、植松商会、神戸電鉄、青森銀行、石原薬品、川崎設備工業、大阪証券金融、
大阪製鐵、蝶理、帝国ホテル、都築電気、東海ゴム工業、東海リース、日置電機、日本エスリード、
日本ケミカルリサーチ、日本航空電子工業、日本電技、日立ハイテクノロジーズ、日糧製パン、
富士通ビー・エス・シー、北弘電社、未来工業、フジオーゼックス
【海外】
独1月Ifo景況感指数(18:00)
英10-12月期GDP(18:30)
カナダ12月消費者物価(22:30)
米12月新築住宅販売件数(26日0:00)
休場:ブラジル
《決算発表》
〔米国〕
ハネウェル・インターナショナル、プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、
コビディエン、ウェアーハウザー、キンバリー・クラーク、オクシデンタル・ペトロリアム、
ロバート・ハーフ・インターナショナル、シトリックス・システムズ、インベスコ、
ロックウェル・オートメーション、イートン、ハドソン・シティ・バンコープ、ハリバートン

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高に円安進行で輸出関連中心に幅広い銘柄に買われ
日経平均、TOPIXともに大幅続伸

特にソニーは売買代金となり12%超の上昇率を記録
円安メリット銘柄で出遅れ感が強かったことで大人気となった

チャートが同様の形状となっているパナソニックやシャープと共に、
来週以降も出遅れ感から注目を集めそう

これまでの上昇は金融相場の側面が強かったが、循環物色も
業績低迷のハイテク株にまで及び一巡感が出始めているだけに、
決算発表を手掛かりに業績相場へ移行できれば最高の展開との声も?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

昨日大幅下落した反動もあり買い先行スタートだったたものの
上値では戻り待ち売りも厚い中、ヘッジファンドなどが先物に
まとまった売りを出したことで下げ幅を急速拡大

日経平均は10,500円を割り込む水準まで下げたが、政府要人発言で
円安に振れたことを手掛かりに大引けにかけて買戻しが入り小幅高

レノボ・グループとテレビ事業で提携する方向で最終調整に入った
シャープは7%超の上昇率を記録し売買代金トップ

また、ソニーはゴールドマンが投資判断を「中立」に引き上げ、
株価は昨年9月以来の終値ベースで1,000円を回復と業績不振銘柄にも
見直し買いが入る余地が出始めたとの声も・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安一服で輸出関連株を中心に利益確定売りで軟調推移

石破幹事長の円安牽制発言を嫌気し先物主導で下げ幅拡大
日経平均、TOPIXともに5日ぶりの反落

個別では首都高改修工事の思惑から日本橋梁が人気化
首都高速道路を14年から造り替えると伝わったことが材料視

為替に対する警戒感や利益確定売りなどで主力の大型株が物色しにくく
公共事業関連として道路関連・低位建設株が再び人気化しそうとの指摘アリ?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

連休中の海外市場が堅調推移だったことや、為替の円安基調もあり
日経平均は10900円台を回復するも、甘利経済再生相の発言を機に
円高に振れたことから主力株を中心に上げ幅を縮小したが4日続伸

またTOPIXも4日続伸し2011年3月11日以来の900ポイント台回復

来期の増配観測のリコーやゴールドマンが格上げした
オリンパスが昨年来高値を更新

巷では、日経平均11,000円が目先的な上値として意識されており
200日移動平均線とのプラスカイ離率は20%に迫り短期的な過熱感発生

為替についても、ドル・円で90円、ユーロ・円で120円と心理的なフシ目が
上値になる可能性あり

円安一服となれば、一段の指数上昇には米国株高が必要になるが、
こちらも本格化する企業決算への懸念から上値が重くなりつつあるとの指摘アリ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

東京マーケットスケジュール 《 1月 14日 ~ 1月 18日 》

14日(月)
【国内】
祝日 成人の日
東京市場休場
【海外】
ユーロ圏11月鉱工業生産指数
OECD11月景気先行指標
北米自動車ショー(デトロイト、27日まで)
《決算発表》
・米国
PPGインダストリーズ

15日(火)
【国内】
12月マネーストック
財務省、財務融資資金預託金利調査・報告等
12月企業倒産件数
11月特定サービス産業動態統計
12月工作機械受注(速報)
日銀地域経済報告
日銀、白川総裁講演
日銀支店長会議
《決算発表》
IGポート、アクトコール、アクロディア、アデランス、アルテック、インデックス、
ウエストホールディングス、キャンドゥ、サカタのタネ、サムティ、テイツー、
ドトール・日レスホールディングス、ファーマライズホールディングス、日本毛織、
フォンツ・ホールディングス、マルカキカイ、メディアクリエイト、メディア工房、
メディカル・ケア・サービス、ユニオンツール、柿安本店、近鉄百貨店、古野電気、
雑貨屋ブルドッグ、市進ホールディングス、鉄人化計画、不二越、富士精工、
北興化学工業、野村不動産レジデンシャル投資法人
【海外】
英12月消費者物価指数
ユーロ圏11月貿易収支
米12月小売売上高
米12月生産者物価指数
米1月ニューヨーク連銀景気指数
《決算発表》
・米国
レナー、フォレスト・ラボラトリーズ、リニアテクノロジー

16日(水)
【国内】
12月企業物価指数
11月機械受注
財務省、短期証券入札
財務省、5年物国際入札
12月消費者動向調査
日銀、業態別の日銀当座預金残高
《株主総会》
トップカルチャ
《決算発表》
アスカ、カワサキ、大和証券オフィス投資法人
【海外】
米11月企業在庫・売上高
米12月消費者物価指数(改定)
米11月国際資本統計
米12月鉱工業生産指数
《決算発表》
・米国
チャールズシュワブ、コメリカ、ノーザン・トラスト、U・S・バンコープ、
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JPモルガン・チェース&カンパニー、
ゴールドマン・サックス・グループ、イーベイ、SLMコーポレーション

17日(木)
【国内】
11月第3次産業活動指数
財務省、20年物国際入札概要
財務省、国庫短期証券(3カ月)入札
11月商業販売統計(確報)
レギュラーガソリン小売価格
《株主総会》
キタック
《決算発表》
くろがね工作所、サンケイ化学、ブロンコビリー、ホギメディカル、小島鉄工所、
川口化学工業、平和不動産リート投資法人
【海外】
米週間石油在庫統計
豪12月失業率
米12月住宅着工件数
米新規失業保険申請件数
米1月NAHB住宅市場指数
《決算発表》
・米国
ハンチントン・バンクシェアーズ、ブラックロック、ユナイテッドヘルス・グループ、
フィフス・サード・バンコープ、バンク・オブ・アメリカ、ファスナル、シティグループ、
ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル、キャピタル・ワン・ファイナンシャル、
アメリカン・エキスプレス、インテル、PNCファイナンシャルサービシーズ・グループ、
M&Tバンク、ザイリンクス、アンフェノール、BB&T

18日(金)
【国内】
財務省、対外及び体内証券売買契約等の状況
11月毎月勤労統計(確報)
財務省、流動性供給入札
11月鉱工業生産指数(改定)
《株主総会》
オリバー
《決算発表》
JIEC、KG情報、PLANT、T&Cホールディングス、アサヒ衛陶、ノダ、
アジュバンコスメジャパン、イーサポートリンク、ゲンダイエージェンシー、ティムコ、
ホテル・ニューグランド、ユナイテッド・アーバン投資法人、東京製鐵、日本鋳造、
リーバイ・ストラウス・ジャパン、協和コンサルタンツ、光世証券、川崎地質
【海外】
米1月フィラデルフィア連銀景気指数
中12月固定資産投資
中第4四半期GDP
《決算発表》
・米国
サントラスト・バンクス、ファースト・ホライゾン・ナショナル、モルガン・スタンレー、
ジョンソンコントロールズ、ロックウェル・コリンズ、パーカー・ハニフィン、
プログレッシブ・コープ、シュルンベルジェ、コンソリデーティッド・エジソン、
フリーポート・マクモラン・カッパー&ゴールド、ゼネラル・エレクトリック、
キンダー・モルガン、ステート・ストリート

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NY市場の上昇や円安が加速する良好な外部環境に加え、
主力株で業績面のポジティブ材料がでたこともあり
日経平均は2011年2月以来となる10,800円台を回復

この中、目立ったのは5四半期ぶりに営業黒字転換との
観測報道があったシャープは12%超の上昇率

また増額修正のファストリは過熱感の指摘もあったものの、
好業績が素直に好感されて4.8%近い上昇率

他にもウイルス感染症を防ぐ予防薬の治験を始めるアステラスも人気化し
引っ張られる形で武田薬も5日続伸

循環物色は、ディフェンシブ銘柄にも広がってきており、
相場全体が底上げしていく強い地合が継続


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

海外株高や為替が再び円安に振れたことで地合い好転

戻り待ちの売りをこなしながら、幅広い銘柄が買われ
日経平均、TOPIXともに続伸
また東証1部の出来高は約1年10ヵ月ぶりの大商い

海運、鉄鋼の主力銘柄が出遅れ感から物色され値を飛ばし、
材料株だけでなく大型株でも循環物色が健在

大引け後に発表されたファーストリテイリングの1Q決算が
大幅な増収増益となり、指数寄与度が高い銘柄のため、
明日の相場を押し上げる力になるかも・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

為替動向のミラー相場となり円高基調が一服すると先物主導で買われ、
日経平均は節目の10,500円台を回復

政府の緊急経済対策で、孫の教育資金の贈与について一定額を非課税と
する減税措置を創設するとの報道で教育関連株が人気化し学研HD、TAC、
東京個別、秀英、進学会がストップ高

金融緩和関連の消費者金融や不動産、公共事業関連の建設株など
先駆していた分野から資金が一気に流入し材料株の主役交代

明後日にオプションSQを控えて10,500円台を維持したいとの思惑が
強く働いたような感触・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株安に加え為替の調整もあって日経平均及びTOPIXは
ともに反落

内需関連株が物色の中心になりソフトバンクやファストリ、
KDDIが上昇したほか、オリコやアイフル、不動テトラなど
金融緩和関連や建設関連なども引き続き賑わった

週末にオプションSQを控えているため、節目の値に近づく場面で
先物主導による仕掛け的な動きが出てくる可能性があるとの指摘アリ・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

  最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    

米国株高を背景に日経平均は4日高値を上回ったものの寄り付き天井になり、
為替の円安一服で輸出関連株を中心に利喰い売りに押され反落

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり838銘柄で値下がり763銘柄だが、
日経平均採用銘柄は、値上がり50/値下がり169と大幅に値下がり優勢

外資系の注文動向では、4日に続いて1000万株超の大幅買い越しと、
引き続き日本株への買い意欲の強さは健在

この中、信用取引の制度変更により、同一資金による信用取引の回転売買が
1日に何度でもOKとなり、東証1部の出来高は連日で34億株超の高水準を記録

売買代金上位のオリコやアイフルなどボラティリティの高い低位株は、
短期的な回転売買で出来高が大きく膨らんだ

材料株の乱高下は、市場に華を添えるが従来よりもさらに激しい値動きには
戸惑うばかりなり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

  最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    

東京マーケットスケジュール 《 1月 7日 ~ 1月 11日 》

7日(月)
【国内】
12月マネタリーベース(8:50)
12月自動車販売台数(14:00)
《決算発表》
ヴィレッジヴァンガード、アークス、ジェイコムホールディングス、ベルク、カルラ、
ワンダーコーポレーション、エーアイテイー、東武ストア、フジ、イズミ、米久、カスミ、
サンエー、レデイ薬局、天満屋ストア、山下医科器械、パル、1stホールディングス、
ソフトバンク、カネコ種苗、レデイ薬局
【海外】
ユーロ圏11月生産者物価(19:00)

8日(火)
【国内】
10年国債入札
《決算発表》
イズミヤ、暁飯島工業、キャリアバンク、マックスバリュ東海、ケーヨー、マルゼン、
ファミリーマート、セブン&アイ・ホールディングス、イオンディライト、ミニストップ、
北雄ラッキー、イオン北海道、リックコーポレーション、スギホールディングス、ワキタ、
日本メディカルネットコミュニケーションズ、F&AアクアHD、アークコア、スーパーバリュー、
クリエイトSDホールディングス、東宝、サイゼリヤ、東宝不動産、ハニーズ、良品計画、
和田興産、ジュンテンドー、マックスバリュ東海、イオン北海道、北雄ラッキー、マニー
【海外】
豪11月貿易収支(9:30)
ユーロ圏11月小売売上高(19:00)
ユーロ圏11月失業率(19:00)
米11月消費者信用残高(9日5:00)
米3年国債入札
《決算発表》
・米国
アルコア、モンサント、アポログループ

9日(水)
【国内】
《決算発表》
コジマ、丸久、わらべや日洋、ダイエー、マルコ、シー・ヴイ・エス・ベイエリア、
ジャステック、フェリシモ、ジャステック、佐鳥電機、スター精密、ローソン、ローツェ、
ニューテック、丸栄、北恵、テーオー小笠原、エービーシー・マート、マックハウス、
AFC-HDアムスライフサイ、チヨダ、ピックルスコーポレーション、マルコ
【海外】
豪11月小売売上高(9:30)
タイ中銀金融政策決定会合(16:30)
米10年国債入札
《米決算発表》
・米国
コンステレーション・ブランズ

10日(木)
【国内】
30年国債入札
エルニーニョ監視速報
《決算発表》
クロタニコーポレーション、ガリバーインターナショナル、マルエツ、ビックカメラ、
カッパ・クリエイトホールディ、日本エンタープライズ、タイヨー、日本電線工業、
トーセイ、ジェイグループホールディング、クラウディア、エヌ・ピー・シー、アイケイ、
創通、パスポート、三光合成、昴、グラファイトデザイン、丸東産業、魚喜、松屋、島忠、
メディカル・ケア・サービス、マルヨシセンター、薬王堂、明光ネットワークジャパン、
小津産業、富士エレクトロニクス、ウィズ、ポプラ、S FOODS、キユーソー流通システム、
エコートレーディング、タビオ、アルバイトタイムス、吉野家ホールディングス、歌舞伎座、
クリーク・アンド・リバー社、ドミー、コーナン商事、キユーピー、久光製薬、カンセキ、
ファーストリテイリング、大黒天物産、日本色材工業研究所、インテリックス、タケダ機械、
マツヤ、リベレステ、ライフフーズ、トーセ、メディサイエンスプラニング、オーエスジー、
シンワアートオークション、アウンコンサルティング、ドーン、エスプール、ジェイアイエヌ、
エコス、タクトホーム、ジェーソン、ディップ、旭化学工業、コシダカホールディングス、
リンガーハット、オータケ、大阪有機化学工業、ダイセキ、エス・バイ・エル、リベレステ、
薬王堂、ダイセキ環境ソリューション、ヒト・コミュニケーションズ、島忠、エストラスト
【海外】
ECB理事会
BOE金融政策委員会(21:00)
スペイン国債入札
米11月卸売在庫(11日0:00)
米30年国債入札
ブラジル12月消費者物価(20:00)

11日(金)
【国内】
11月国際収支(8:50)
12月銀行貸出・資金吸収動向(8:50)
12月景気ウォッチャー調査
オプションSQ
《決算発表》
パソナグループ、夢の街創造委員会、大庄、アドヴァン、トーヨーアサノ、中北製作所、
オンワードホールディングス、イオン、ジュンテンドー、千代田インテグレ、シグマ光機、
インターアクション、ギャバン、オリンピック、リソー教育、リヒトラブ、岡野バルブ製造、
住江織物、岡野バルブ製造、コスモス薬品、前田金属工業、ウッドフレンズ、レイ、壱番屋、
USEN、システムインテグレータ、ブロッコリー、井筒屋、トランザクション、サダマツ、
東京個別指導学院、東天紅、レナウン、マルマエ、さいか屋、サーラコーポレーション、
毎日コムネット、竹内製作所、メディアファイブ、技研製作所、日創プロニティ、オンリー、
セントラル警備保障、バイク王&カンパニー、東洋電機製造、東洋炭素、ポケットカード、
文教堂グループホールディングス、ワイズテーブルコーポレーション、ハブ、サイバーステップ、
進和、MORESCO、原弘産、エスケイジャパン、トレジャー・ファクトリー、ユーシン、
テークスグループ、松竹、知多鋼業、サンケイ化学、コネクトホールディングス、前澤工業、
日本毛織、プレナス、キャンドゥ、川上塗料、丸八倉庫、日本毛織、川上塗料、丸八倉庫、
ダイト、ベスト電器、日本フイルコン、ウェルシアホールディングス、イワキ、ネオス、
セイヒョー、サンヨーハウジング名古屋、ヤマトインターナショナル、ポロパスト、モリト、
いちごグループホールディングス、ケイブ、ミクロン精密、近鉄百貨店、アルファ/岡山、
エッチ・ケー・エス、エムビーエス、ワッツ、E・Jホールディングス、ゼットン、
プラップジャパン、大和、新星堂、古野電気、アドテックプラズマテクノロジー、富士精工、
KLab、オオバ、サマンサタバサジャパンリミテッド、ファーマライズホールディングス、
エスポア、ファンドクリエーショングループ、TSIホールディングス、コジマ、ネクス、
クリエイト・レストランツ・ホールディングス、ランド、ファステップス、三栄建築設計、
パシフィックネット、スター・マイカ、インターライフホールディング、五洋食品産業、
レイテックス、京進、ダイヨシトラスト、アクティビア・プロパティーズ投資法人、ケイブ、
ライフコーポレーション、ありがとうサービス、新東京グループ、ブロッコリー、ベクトル、
プロパスト、三協立山、モバイルクリエイト、ダイヨシトラスト、京進、フロイント産業
【海外】
韓国中銀政策金利発表(10:00)
チェコ大統領選挙(~12日)
米12月輸入物価(22:30)
米11月貿易収支(22:30)
《決算発表》
・米国
ウェルズ・ファーゴ

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

  最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    

財政の崖回避で買い安心感が広がったことや休み中の海外株高に
円安による企業業績への改善期待から買い注文殺到
日経平均は、主力銘柄中心に大幅続伸

消費者金融やノンバンク株が大商いに急伸したほか、
トヨタがリーマン・ショック後の戻り高値を更新

また、中国の景気改善改善からコマツが大幅高となり、
商社や自動車株中心に商いが盛り上った

日経平均の12月足は8月以降で5ヶ月連続の陽線と中長期の強気シグナル示現
1980年以降、8月を起点に五陽連となったのは1984年のみで続く1985年は
3月まで陽線が続いたが、今年も同様に陽線が続くかとの声も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

  最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    

円安・株高の流れが続く中で明日から始まる東京市場の、
その後の展開はどうなるか?

楽観論と悲観論が交錯しているものの、景気回復への期待を
はやす市場の活況ぶりを背景に楽観論がやや優勢!

エコノミストのアンケート回答では、13年の円ドル相場の
高値の平均は79.5円で、底値の平均は89.8円

円ユーロ相場の最高値の平均は100.7円、底値の平均は116.9円と、
いずれも円安に振れるとみる予想が目立った


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!