貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
指数の寄与度が高い値嵩銘柄が重しとなり日経平均も下落

日経平均下落の主犯はファナックとホンダ
両社とも市場予想を下回る今期見通しとなり売られ
この2銘柄で日経平均を45円程度押し下げた

反面、売買代金首位の野村HDや2位のSBIなど金融株や
商船三井などが買われていた

東証2部指数や日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は
軒並み年初来高値を更新
連休の谷間で材料薄の中、中小型株物色が加速する公算大・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 29日 ~ 5月 3日 》

29日(月)
【国内】
祝日: 昭和の日
休場: 東京市場
【海外】
米3月個人所得・個人支出(21:30)
米3月中古住宅販売仮契約(23:00)
イタリア国債入札
《決算発表》
ニューモント・マイニング
休場: 中国、ベトナム(共に~30日)

30日(火)
【国内】
3月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
3月家計調査(8:30)
3月商業販売統計(8:50)
3月鉱工業生産(8:50)
空売り規制強化措置の延長期限
《決算発表》
山パン、トクヤマ、花王、富士フイルム、三菱電、富士通、村田製、日東電工、
東エレク、ユニチャーム、JPX、JR東日本、JR西日本、JR東海、郵船、商船三井、
JAL、ANA、KDDI、関西電、九州電、Jパワー、ソフトバンク
《銘柄異動》
日本商業開発
【海外】
台湾1-3月期GDP
ユーロ圏4月消費者物価速報(18:00)
スペイン1-3月期GDP速報
スペイン3月財政収支
FOMC(~5/1)
米2月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米4月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米4月消費者信頼感指数(23:00)
《決算発表》
ADM、ファイザー

1日(水)
【国内】
3月毎月勤労統計(10:30)
4月新車販売台数(14:00)
10年国債入札
《決算発表》
コロプラ、CTC、大和証券グループ本社、ベネッセHD
【海外】
中国4月製造業PMI(10:00)
米4月ADP雇用統計(21:15)
米4月ISM製造業景況指数(23:00)
米4月新車販売台数(2日6:00)
《決算発表》
フェイスブック、ビザ、マスターカード、メルク、マリオット

2日(木)
【国内】
4月マネタリーベース(8:50)
《決算発表》
アサヒHD、住友商
【海外】
インドネシア4月消費者物価(13:00)
ECB定例理事会
米3月貿易収支(21:30)
《決算発表》
AIG、エスティローダー、GM、ケロッグ

3日(金)
【国内】
祝日: 憲法記念日
休場: 東京市場
【海外】
インド準備銀行金融政策決定会合
トルコ4月消費者物価(16:00)
米4月雇用統計(21:30)
米3月製造業受注(23:00)
米4月ISM非製造業景況指数(23:00)

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高だったものの日経平均は節目の14,000円を前に伸び悩み
為替が円高に振れたことや連休控えのポジション調整もあり反落

この中、今期も2ケタ増益見通しのJTや今期の大幅増益見通しが
好感されたコマツなどが買われていた
反面、仏ダノンと海外事業の提携関係を解消との報道があった
ヤクルトは5%超の下落率

また、ファナックが引け後発表した今期見通しで大幅な減収減益と
指数寄与度が高い銘柄だけに、休み中の外部環境次第では
株安を引き起こす切っ掛けとなる可能性あり・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

決算期待や買い戻しに加えアジア株高を受けて上げ幅拡大し
日経平均は13,900円台を回復
TOPIXも連日で年初来高値を更新

個別では、米HDD大手の決算を材料にTDKが続伸
今期営業益70%増の見通しを示した新日無はストップ高

日経平均終値と200日移動平均線とのかい離は37.3%と1980年代後半の
バブル期でも超えなかった30%を大きく上回っており歴史的な大相場に入った
可能性が高いものの、いつ大きな調整があっても不思議ではない状態か・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高に円安と良好な企業決算に加えアジアの株式市場が
軒並み上昇するという買い材料満載で日経平均も大幅反発し
高値引けに約4年ぶりに終値で13,800円台を回復

この中、業績を手掛かりに出遅れ感のあるセクターが人気化し
鉄鋼が業種別値上がり率首位となった

鉄鋼各社は中国の景気減速やアジアの鋼材需給退懸念から物色圏外に
位置していただけに上昇余地は大きいとの思惑が広がっている模様
また、同様に出遅れ感がある海運にも物色された

ドル円は100円をにらみ足踏み状態だが、もし100円突破となれば、
値がさ株の上昇につながり指数一段高コースになりそう・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

為替が円高方向に振れたこともあってマイナス圏での展開
主力株を中心に利益確定売りに押され日経平均、TOPIXともに反落

こうした中、中小型材料株の一画が商いを伴って突発高
東証一部売買代金首位のアイフル、2位のSBIがともにストップ高

ジャスダック市場では、ガンホーが売買代金断トツ首位でストップ高
ガンホー1銘柄でジャスダック市場の売買代金の約半分を占めた

他にも、前期最終黒字と増配を発表をしたJFEが一段高に2,000円台を一時回復
また、減益予想から一転して増益達成の東ソーも7%超の大幅高に年初来高値

大型株から中小型株へ循環物色が効いており、突如爆騰する銘柄も有りそう・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安を受けて輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われ全面高
日経平均は、年初来高値を更新しTOPIXともに大幅続伸

個別では、川重との経営統合の交渉が報じられた三井造が大幅高し
再編期待が高まった重機株では佐世保重工も人気化

他にも、長谷工が前週末続き大商いで続急伸し連日の年初来高値更新
マツダも大幅続伸し年初来高値を更新

ドル・円の100円台乗せは、時間の問題と見られるとの声が聞かれるし
また、13年3月期の決算と14年3月期の業績見通し発表が本格化することで
「決算内容で優劣が分かれそう」との指摘あり・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 22日 ~ 4月 26日 》

22日(月)
【国内】
3月コンビニエンスストア売上高(16:00)
【海外】
エジプト人民議会選挙(~23日)
米3月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米3月中古住宅販売(23:00)
《決算発表》
キャタピラー

23日(火)
【国内】
《決算発表》
JFE、日本電産、シマノ
《株主総会》
クリムゾン、一建設、Dデザイン、丹青社
【海外】
中国4月HSBC製造業PMI速報(10:45)
米3月新築住宅販売(23:00)
米2年国債入札
《決算発表》
テキサス・インスツルメンツ、ユナイテッド・テクノロジーズ、アップル、
AT&T、コーチ、トラベラーズ、ヤム・ブランズ、VMウェア
休場:トルコ

24日(水)
【国内】
3月企業向けサービス価格(8:50)
全国学力・学習状況調査
《決算発表》
オービック、キヤノン、任天堂
《株主総会》
ストリーム 、OSGコーポ 、光彩工芸
《株式分割》
トランザクショ、大和コン、ADワークス、ファンコミ、ケア21、京王ズ、
アールエイジ、ラクーン、ガリバー、COOK、LINK&M
【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
独4月Ifo景況感指数(17:00)
イタリア国債入札
米3月耐久財受注(21:30)
米5 年国債入札
《決算発表》
クアルコム、P&G、コーニング、スプリント・ネクステル、ボーイング、フォード
休場:インド

25日(木)
【国内】
2年国債入札
《決算発表》
エムスリー、カゴメ、JT、スタートトゥ、イビデン、信越化、日立化成、ヤフー、
M‐サイバー、コマツ、日立建機、富士電機、オムロン、アンリツ、アドバンテス、
京セラ、三菱自、ダイハツ、ネットワン、東北電
《株主総会》
太洋基礎、積水ハウス 、アルトナー、モロゾフ、アマガサ、丸善CHI、ミサワ、
コーセーアールイ、クロスプラス、山岡家、SUMCO 、ポールHD、イーブック、
イムラ封筒、ミライアル、トリケミカル、石井表記、不二電機、トミタ電機、
ナイスクラップ、ピジョン、ナイガイ、菱洋エレク、東栄住宅、OS映、精養軒
《新規上場》
オークファン
【海外】
韓国1-3月期GDP(8:00)
南ア3月生産者物価(18:30)
英1-3月期GDP(17:30)
米7年国債入札
ブラジル3月失業率(21:00)
《決算発表》
パルト・グループ、エクソンモービル、スターバックス、3M、
ダウ・ケミカル、UPS、アルテラ、アマゾン
休場:豪、NZ

26日(金)
【国内】
日銀金融政策決定会合
展望リポート・日銀総裁会見
3月全国消費者物価(8:30)
《決算発表》
キリンHD、キッコーマン、積水化、OLC、資生堂、神戸鋼、NEC、TDK、デンソー、
スタンレー、三菱重、アイシン、マツダ、ホンダ、リコー、豊田通商、野村HD、
NTTドコモ、中部電、東京ガス
《株主総会》
ミネルヴァHD、エニグモ、ジャストプラ、ユークス、オーエムツー、JPN HD、
楽天地、スバル興、きんえい、ドーム
【海外】
米1-3月期GDP(21:30)
米1-3月期個人消費(21:30)
米4月ミシガン大学消費者信頼感指数改定値(22:55)
メキシコ中銀金融政策決定会合
《決算発表》
D.R.ホートン

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米市場の下落も何のその、下値では押し目買いが入っていた所に
麻生財務相発言から日本への批判は回避されるとの見方につながり
日経平均、TOPIXともに反発。

個別では、会社計画を上回る前期実績となった東エレク、
子育て環境見直しから業績拡大期待が高まったJPHD、
ネット選挙解禁でドワンゴなどが人気化

また、ネット調査を手がけるマクロミルやネット投稿監視を
手がけるポールHDも連日の高値更新

海外投資家の日本株買いが過去最大規模を記録しており、
この流れが途切れるまでは緩やかな上昇基調に変化なしという感じ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高一服やメガバンクへの海外資金が流入を材料視され下げ幅を
縮小し値を戻す場面もあったものの戻り待ちの売りに押され
日経平均、TOPIXともに反落

個別では、米連邦航空局がボーイング787の運航再開を月内にも
認可する方針と伝わりJALやANA、GSユアサなど関連株が買われた

日経平均株価は、上昇一服感がある一方で押し目買いに底堅くもあり
次なる材料待ちの状況との見方も・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高や円高一服に昨日下落分の買い戻しが入り、アジア株高もあり
日経平均とTOPIXともに反発

この中、目立った展開だったのは、2015年にもインフルエンザワクチンの
量産を開始すると発表したIHI、生産時間を従来方法の3分の1に短縮とのこと

また、IHIとの共同出資会社が季節性インフルエンザワクチンの量産工場を
建設との報道でUMNがストップ高

他にも業績上方修正発表の日本農薬は急伸しストップ高となり、
活況な株式相場を手掛かりにSBIなどが人気化
反面、イタリアの銀行の巨額損失事件に絡んで野村HDは反落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、何とか13,000円割れを回避し底堅さが確認された
日銀のETF買い入れがより積極的になるとの見方が広がっており、
為替の円高一服とともに下値支え要因となった模様

中でもソフトバンクは、米スプリント買収で米衛星放送会社が
対抗買収を提案したことが嫌気され下落率が6%超となり
日経平均の下げに拍車をかけた

ソフトバンクの発表によれば
「スプリントの取引は、すでに必要な承認を得られる段階にきており、
これまでに合意している条件で2013年7月1日には完了する見込み」とあり
発表を額面通りに受け止めるならば、戻りが期待できそう・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ドル円相場が一時97円台まで上昇した流れを受けて輸出関連株を
中心に幅広い銘柄が売られたことに加え中国の1-3月期GDPが
市場予想を下回ったことで素材関連や中国関連株の下落も加わり
日経平均は続落しTOPIXは反落

この中、再編期待の思惑から東電を筆頭に電力各社が軒並み高
また、保有するパイオニア株の売却報道が出たシャープや
今期の営業黒字見通しを好感されベスト電器が値を飛ばしていた

今週は米主要企業の決算発表やG20といった重要イベントを控えている為
防衛関連やTPP関連など材料性の強いテーマの循環物色との指摘アリ・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 15日 ~ 4月 19日 》

15日(月)
【国内】
2月鉱工業生産(確報)(13:30)
2月稼働率指数(13:30)
《決算発表》
吉野家
《銘柄異動》
三谷セキ
《イベント》
安倍首相とケリー米国務長官が会談予定
春の日銀支店長会議
黒田日銀総裁が信託大会で挨拶
東京ディズニーランド開園30周年
【海外】
ベネズエラ大統領選挙(14日~)
中国1-3月期GDP(11:00)
中国3月鉱工業生産(11:00)
中国3月都市部固定資産投資(11:00)
中国3月小売売上高(11:00)
米4月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米2月対米証券投資(22:00)
米4月NAHB住宅市場指数(23:00)
《決算発表》
シティグループ
休場:タイ(~16日)

16日(火)
【国内】
5年国債入札
3月首都圏新規マンション発売(13:00)
《株主総会》
ダイドドリ、ピープル、トーホー
【海外】
トルコ中銀金融政策決定会合
独4月ZEW景況感指数(18:00)
米3月住宅着工件数(21:30)
米3月消費者物価(21:30)
米3月鉱工業生産(22:15)
米3月設備稼働率(22:15)
《決算発表》
コカ・コーラ、ゴールドマン・サックス、IBM、インテル、ジョンソン・エンド・ジョンソン

17日(水)
【国内】
3月消費動向調査(14:00)
3月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
《株主総会》
ACCESS、三井ハイテ、シーイーシー、ナガノ東
【海外】
南ア3月消費者物価(17:00)
ベージュブック
ブラジル中銀政策金利発表
《決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、アメリカン・エキスプレス、サンディスク、イーベイ

18日(木)
【国内】
3月と12年度の貿易統計(8:50)
3月粗鋼生産
20年国債入札
《イベント》
春の園遊会(赤坂御苑)
【海外】
スペイン国債入札
G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、~19日)
米3月CB景気先行総合指数(23:00)
米4月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(23:00)
3月北米半導体製造装置BBレシオ(7:00)
米5年インフレ連動国債入札
《決算発表》
ベライゾン、マイクロソフト、グーグル、インテュイティブ・サージカル、AMD

19日(金)
【国内】
《株主総会》
MV中部、サガミチェン
【海外】
《決算発表》
GE、マクドナルド、アンダーアーマー、シュルンベルジェ
《イベント》
世銀・IMF春季会合(ワシントン ~21日)
休場:インド、ベトナム

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NY市場が史上最高値の更新続きで買い先行したものの
すぐさま下げに転じ日経平均は反落となりTOPIXは続伸

個別では、主力行が融資継続と報じられたシャープや
茂木経済産業相が地域を越えた再編の認識を示したことが材料視され
電力各社が値を飛ばした

特に東電は11年9月以来となる400円台を回復
このところ出来高を伴って動意付いており、政策面での恩恵の思惑もありそう

今日は4月限オプションSQ日だったが清算値がザラ場の高値に
一度も届かない「幻のSQ」となった

SQ値を下回ると翌週以降の相場が軟調となるケースが多いだけに
来週は上値の重い展開となるかも・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均の史上最高値更新や欧州市場の上昇など良好な外部環境に
日経平均は、じり高基調に節目の13,500円を突破し高値引け

この中、下期の営業黒字が上振れ観測が出たシャープや
大商いが続いていることから日本取引所が値を飛ばし
大和や野村などの証券株への物色も続いた

他にも三菱重工は7営業日続伸で連日の年初来高値を更新
地政学リスクの高まりに防衛関連銘柄としても物色された
また、原発再稼働観測の強まりから東電など電力株も軒並み高


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

不動産株や金融株に再び買いが入って反発
日経平均は、一時13,300円台を回復したものの
戻り待ち売りや北朝鮮に対する警戒感などで伸び悩んだ

個別では、中国CPIを受けて新日鉄住金に見直し買いが入り、
太陽電池事業に期待がかかる昭和シェルなどが人気化
反面、コンセンサスを下回る今期見通しが嫌気された
ファミリーマートは大きく売られた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高や円安進行を背景に日経平均は連日の年初来高値更新
ただ、高値警戒感が台頭し利益確定売りに押され
日経平均は小反落となりTOPIXは小幅続伸

クレディスイスが投資判断を引き上げたファナック、
円安によって競争力が改善するとの見方が広がった
三菱重や川重など造船株が人気化

これまで相場の中心だった不動産・金融の内需関連株が一服し、
出遅れ外需関連物色に移ろいそう・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

為替の円安進行や引き続き日銀の追加緩和策を材料視し
全面高となり日経平均、TOPIXともに大幅続伸

この中、鳥インフルエンザ感染拡大から大幸薬品が連日のストップ高
また北朝鮮を巡る東アジア情勢の緊張を背景に石川製が年初来高値を更新

ドル円が98円台半ばを維持したことで輸出企業の業績改善期待が高まり
トヨタが年初来高値を更新したが、ホンダなど他の自動車大手をはじめ、
ソニーやキヤノンなど輸出関連株で高値更新に至っていない銘柄は多く、
外需物色はしばらく続きそうとの指摘あり・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 8日 ~ 4月 12日 》

8日(月)
【国内】
2月国際収支(8:50)
3月景気ウォッチャー調査
《決算発表》
ユニーGHD、イズミ
【海外】
《決算発表》
アルコア
休場:タイ

9日(火)
【国内】
3月6・7日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
3月工作機械受注(15:00)
《決算発表》
Jフロント、Fマート、高島屋
《新規上場》
サンヨーH
【海外】
中国3月消費者物価(10:30)
中国3月生産者物価(10:30)
米2月卸売在庫(23:00)
米3年国債入札
メキシコ3月消費者物価(22:00)
休場:フィリピン

10日(水)
【国内】
3月銀行貸出・資金吸収動向(8:50)
《決算発表》
ローソン、ABCマート、東洋炭素、サイゼリヤ
【海外】
G8外相会議(ロンドン ~11日)
米3月財政収支(11日3:00)
米10年国債入札
ブラジル3月消費者物価(21:00)
《決算発表》
ベッド・バス・アンド・ビヨンド

11日(木)
【国内】
3月マネーストック(8:50)
2月機械受注(8:50)
3月国内企業物価(8:50)
3月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札
《決算発表》
久光薬、良品計画、島忠、松屋、歌舞伎座、ファーストリテ
【海外】
インドネシア中銀政策金利発表
韓国中銀政策金利発表
イタリア国債入札
米3月輸入物価(21:30)
米30年国債入札

12日(金)
【国内】
2月第三次産業活動指数(8:50)
株式オプションSQ算出日
《決算発表》
KLab、吉野家HD
【海外】
インド3月消費者物価
EU財務相・中央銀行総裁会議(~13日)
米3月小売売上高(21:30)
米3月卸売売上高(21:30)
米4月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(22:55)
《決算発表》
JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ

参考 : 迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日銀の異次元緩和効果で買い注文殺到し大幅高
日経平均は、一時2008年8月以来の13,000円台を回復

東証1部の売買高は、64億4912万株と過去最高を更新し
売買代金は4兆8633億円と2007年8月9日以来の高水準

この中、不動産やその他金融、銀行セクターが突出して買われ
三菱地所を筆頭に不動産大手3社が揃って10%超の上昇率を記録

幾らなんでも行き過ぎのような気がするが、バブル相場には
割り切ってついていくしか無さそう・・・・?



        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

金融政策決定会合を挟んで相場が一変
すべての項目において想定していた以上の結果となり、
特にETFとREITの買い入れ増額はポジティブサプライズ

日経平均は、想定以上の追加緩和策に沸き立ち大幅続伸
終値ベースでは3/21以来となる12,600円台を回復し
ドル/円は2円以上円安に振れた

みずほなどメガバンクや大手不動産といった金融緩和による
業績拡大や資産効果を受ける銘柄が大幅高

為替が円安基調を保つようであれば、5月の業績発表シーズンまで
金融相場による株高が続く公算大か・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

欧米株市場の上昇や円高基調の一服に明日の金融政策決定会合に
対する期待感が広がり先物主導で日経平均、TOPIX共に大幅高

3月既存店売上高が大幅増となったファストリテイリングや
新型「iPhone」生産開始検討との報道でソフトバンクが買われ
この2社で日経平均を200円も押し上げた

半面、中国の景気減速が重しとなっているコマツや
増資を巡る思惑で財務面での不透明さを嫌気されたシャープに
粗鋼生産減少見通しで新日鉄住金やJFEHDなどが値を崩した

3月の日銀短観では、大企業非製造業の業況判断DIはプラス6に回復し、
その中でも小売りの業況判断DIも6四半期ぶりに改善しており、
個人消費の回復期待が小売株物色へとつながっているとの指摘あり・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

金融政策決定会合を巡る思惑から先物主導で一時急落

日経平均は一時300円超下落したが、その後は黒田日銀総裁の
衆院予算委員会での発言や自律反発狙いの買いに12,000円台まで回復

この中、ロシアの大規模プラント建設受注報道が好感された日揮や
ケネディクスやアイフルなど金融緩和関連が堅調

反面、円売り持ち高の巻き戻しと見られる動きから円高基調が強まり、
自動車株やハイテク、商社といった外需関連株が軒並み弱含んだ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

 最初にランキングをご覧ください  ⇒    にほんブログ村 株ブログへ    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日銀短観が市場予想並みと肩透かしを喰らった上に、
3月の中国製造業PMIが市場予想を下回ったこともあり
日経平均は大幅反落に安値引けで値下がり銘柄数が
1,600を超える全面安

海外投資家がイースター休暇入りしているため、
買い手不在が浮き彫りとなった模様

日経平均は、25日線を目前に辛うじて踏み止まったが、
明日以降に早々に割り込むようであれば、中期的な
上昇トレンドが一服したとの見方が広まりそうとの指摘あり・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!