貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米4-6月期GDPが市場予想を上回ったことから景気回復機運が高まり、
ドル買いが進んだことで輸出関連企業が買われ高値もみ合いが続いたが、
円安基調の一服から上げ幅が縮小し利益確定売りもあって下げに転じ
日経平均は5日ぶりに反落

東証1部の売買代金は2兆2,051億円と21営業日ぶりに2兆円クリア
東証1部の騰落銘柄数は、値上がり519に対し値下がり1,166と値下がり優勢

ミクシィやコロプラ、KLABといったSNSゲーム関連株が急騰し
三菱UFJや三井住友などメガバンクも堅調な動きだったほか
計画を上回る営業赤字縮小が評価されたNECや
上期予想を赤字から一転黒字に引き上げた高周波が買われていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

6月鉱工業生産は市場予想を下回ったものの材料視されず
円安基調が追い風となり、日経平均は4日続伸

主力株では、7期ぶりに最高益更新見通しのホンダが人気化したほか、
市場予想を大幅に上回る見通しの日本精工が約25年ぶりに上場来高値を更新

また、消費者金融事業が好調だった新生銀行は8%超の上昇率を記録し
消費増税後も阪急本店が堅調だったH2Oが6日続伸

その一方で、エンプラスは1Q2ケタ減益で後場急落し
A380解約で710億円賠償の可能性が浮上したスカイマークも大きく値を崩していた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

業績改善期待や円安基調を好感し日経平均は3日続伸

個別で買われていたとことでは、海外売り上げが好調だった
キーエンスが上場来高値を更新
また、圧縮機のない水素供給装置の開発を目指すと伝わった
岩谷産が800円台を回復

全市場売買代金上位にはミクシィ、サイバーダイン、日本通信と
すべて新興市場銘柄と短期資金の集中続いており
日経ジャスダック平均は6日続伸で4日連続の年初来高値更新
東証マザーズ指数も約半年ぶりの高値となった


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NYダウ平均の下落や前週末の上昇の反動などで下押したものの
下げ幅は限定的で先物買いに裁定取引が入り上げ幅を拡大し、
日経平均は節目の15,500円を回復

ファストリやKDDIといった値がさ株がけん引役となり、この2銘柄で
日経平均を約28円押し上げた

個別では、ミクシィが商いを伴って大幅高となり全市場で売買代金首位
また、中間見通しを上方修正の日立ハイテクが年初来高値を更新
優先株の取得枠を設定したりそなHDは12営業日ぶりに600円台を回復


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 28日 ~ 8月 1日 》

28日(月)
【国内】
《決算発表》
ヒューリック、フジクラ、JSR、キーエンス、日産自、パナホーム、東海ゴム、持田薬、
きんでん、北国銀、パナホーム、ニフティ、コーエーテクモ、ニッセンHD、タカラレーベン、
東映アニメ、マクニカなど
《株式分割》※権利取最終日
フジコーポ、サイバダイン、フィックスタース、エニグモ、ストリーム、コンフォリア、モバクリ、
アルコニックス、BS11、薬王堂
【海外】
米7月マークイットサービス業PMI速報値(22:45)
米6月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7月ダラス連銀製造業活動(23:30)
米2年国債入札
イスラム世界断食月明け(28日頃から)
休場:シンガポール、マレーシア(~7/29)、インドネシア(~8/1)、トルコ(~7/30)

29日(火)
【国内】
6月失業率・有効求人倍率、6月家計調査(8:30)
6月小売売上高(8:50)
2年国債入札
《決算発表》
日清粉G、ヤクルト、マクドナルド、ガンホー、花王、田辺三菱、OLC、日立金、コマツ、
日立建機、日精工、オムロン、日野自、ホンダ、小糸製、シマノ、HOYA、東エレク、
新生銀、大和証G、野村、JR東海、JAL、大阪ガス、邦チタニウム、H2Oリテイル、
MonotaRO、クラリオン、NSSOLなど
《株主総会》
フルスピード、ロックフィール、アゼアス、ナ・デックス、グリーンクロス、MICS化学、日本テレホン
【海外】
韓国6月国際収支(8:00)
南ア4-6月期失業率(18:30)
FOMC(~30日)
米5月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米7月CB消費者信頼感指数(23:00)
米5年国債入札
《決算発表》
UPS、コーニング、メルク、ファイザー、マリオット、アメリカン・エキスプレス、
ニューモント・マイニング、ツイッター、ドイツ銀行
休場:インド、マレーシア、インドネシア(~8/1)、トルコ(~7/30)、フィリピン

30日(水)
【国内】
6月鉱工業生産(8:50)
《決算発表》
JT、野村不HD、コロプラ、大陽日酸、協和キリン、積水化、大日住薬、富士フイルム、
コニカミノルタ、住友重、SBI、JFE、三菱電、富士電機、NEC、スタンレー、カシオ、川重、
三菱自、任天堂、三井住友、アコム、オリックス、小田急、JR東日本、JR西日本、阪急阪神、
ANA、KDDI、関西電、コロプラ、ワコム、アンリツなど
《株主総会》
トーエル、フリービット、日ビューホテル、アインファーマシ
【海外】
韓国6月鉱工業生産(8:00)
仏7月消費者信頼感(15:45)
ユーロ圏7月消費者信頼感確報値(18:00)
独7月消費者物価速報値(21:00)
米7月ADP雇用統計(21:15)
米4-6月期GDP(21:30)
FOMC金利誘導目標(31日、3:00)
米7年国債入札
《決算発表》
スプリント、バークレイズ
休場:トルコ、インドネシア(~8/1)

31日(木)
【国内】
6月毎月勤労統計調査(10:30)
6月住宅着工件数・建設工事受注(14:00)
《決算発表》
大東建託、日ハム、味の素、東洋水産、三越伊勢丹、東急不HD、王子HD、住友化、
第一三共、ヤフー、資生堂、JX、旭硝子、TOTO、新日鉄住、神戸鋼、住友電、ジェイテクト、
ミネベア、日立、東芝、富士通、エプソン、パナソニック、ソニー、TDK、デンソー、京セラ、
村田製、日東電工、三菱重、マツダ、ダイハツ、富士重、リコー、ヤマハ、住友商、三菱UFJ、
りそなHD、みずほFG、菱地所、東武、日通、ヤマトHD、郵船、商船三井、九州電、Jパワー、
東京ガス、NTTデータ、ベネッセHDなど
《銘柄異動》
鈴木
【海外】
台湾4-6月期GDP(9:30)
豪6月住宅建設許可件数(10:30)
シンガポール4-6月期失業率(11:00)
タイ6月国際収支(16:30)
独7月失業率(16:55)
フィリピン政策金利発表(17:00)
ユーロ圏7月消費者物価速報値・6月失業率(18:00)
南ア6月貿易収支(21:00)
カナダ5月GDP(21:30)
米7月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
《決算発表》
ケロッグ、BNPパリバ、マスターカード、エクソンモービル
休場:インドネシア

1日(金)
【国内】
7月マークイット製造業PMI確報値(10:35)
7月自動車販売台数(14:00)
黒田日銀総裁が内外情勢調査会で講演
中国系LCC「春秋航空日本」国内線就航予定
《決算発表》
シャープ、キッコーマン、旭化成、イビデン、三菱ケミHD、京王、ダイセル、武田、
アステラス薬、塩野義、エーザイ、ツムラ、三菱ガス、三井化学、セガサミーHD、
GMO、テレ東HD、曙ブレーキ、足利HD、アズビル、みらかHD、イトーヨーギョ、
不二油、ローム、スズキ、日立造など
【海外】
韓国7月消費者物価・貿易収支(8:00、9:00)
タイ7月消費者物価
中国7月製造業PMI(10:00)
中国7月HSBC製造業PMI確報値(10:45)
仏・独・ユーロ圏7月製造業PMI確報値(16:50、16:55、17:00)
ブラジル6月鉱工業生産(21:00)
米7月雇用統計(21:30)
米6月個人所得・個人支出(21:30)
米7月マークイット製造業PMI確報値(22:45)
米7月ミシガン大学消費者信頼感指数改定値(22:55)
米7月ISM製造業景況指数(23:00)
米6月建設支出(23:00)
ブラジル7月貿易収支(2日、3:00)
《決算発表》
RBS、ソシエテ・ジェネラル、シェブロン
休場:スイス、インドネシア

参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米経済指標の好転でドル買いが進んだことで輸出関連株を中心に買われ
アジア株高なども追い風となって日経平均は反発

指数の寄与度が高いファナックが好決算で5%超の上昇率を記録したほか、
ファストリなど値がさ株が指数をけん引した

この中、三菱UFJが目標株価500円でカバレッジを開始したクラリオンが急騰
ソニーやNTTドコモなども堅調に推移

反面、米キャタピラーの下落が重しとなってコマツは反落となった他
営業黒字を確保したが市場予想を下回ったアドバンテストや子会社の
不正会計が判明したタカラトミーなどが値を崩していた

東証1部の売買代金は1兆7,057億円と17営業日連続で2兆円割れ
主力企業の決算が良好でも商いは増えず 夏枯れ相場が来週も続きそう・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

買い材料に乏しいなかで決算や好業績観測を手掛かりに個別物色が進んだものの、
全体的には上値は重く、先物売りで下げ幅を広げ日経平均は続落

この中、攻防増資の受け渡し日を迎えた第一生命や積層型CMOSイメージセンサーの
生産能力増強が好感されたソニーなどがしっかり

また、モルガンが投資判断を2段階引き上げた高砂熱学が10%超の上昇率を記録
前日ストップ高の協栄産は大幅続伸

その一方で、ソフトバンクやKDDIといった通信大手が振るわない展開となり1Q業績が
会社計画未達となったディスコ、1Q経常益が2ケタ減のた山陽特殊製鋼などが売られた

主力株に手詰まり感が強まったことで、短期資金は東証2部市場に向かった模様で
東証2部指数は連日で年初来高値を更新
日経ジャスダック平均も年初来高値を更新しており、中小型株物色は続きそう・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

地政学リスクの後退やNY市場の高値更新はあったものの、
企業決算を控えて様子ムードが強く先物の小口売りに押されて
小安い水準でのもみ合いとなり日経平均は反落

大型株が軒並み軟調な中で中小型株に短期資金が向かい、
SMBC日興が投資判断を新規「1」に設定したサイバーダインが売買代金首位となり
ミクシィや日本通信が商いを伴って活発な値動きだった

また、6月の月次動向が好調だったテレビ東京が年初来高値を更新し
ロボット関連で指標面での割安感が指摘された協栄産はストップ高
その一方で、鶏肉に対する不安からマクドナルドやファミリーMなどが軟調推移


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

地政学リスクの過度な警戒感が後退したことや円相場の下落もあり
買い戻しが入り日経平均は4日ぶりに反発

個別では、ゴールドマンが投資判断を2段階引き上げた日清食品や、
1年前倒しで新中計を策定した清水建設などが人気化

また、信用規制が強化される中で鉄建が商いを伴って上昇し
東京製鉄の好決算で業績期待高まった鉄鋼株では
新日鉄住金が3%近い上昇率を記録

今日から「TOPIX100」の銘柄で株価の刻み幅が変更されたが
みずほFGは前日比で約4.4倍超の出来高をこなすなど、一部低位の銘柄は
活況だったものの、全体相場の商い増加にはつながらなかった


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 21日 ~ 7月 25日 》

21日(月)
【国内】
祝日: 海の日
東京市場休場
【海外】
台湾6月輸出受注(17:00)
米6月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
《決算発表》
ハリバートン

22日(火)
【国内】
東証がTOPIX100構成銘柄に小数点株価を導入
5月全産業活動指数(13:30)
6月コンビニエンスストア売上高(16:00)
《決算発表》
鉱研工業、メルコ、SPK、両毛シス、植松商、ITFOR
【海外】
米6月消費者物価(21:30)
メキシコ5月小売売上高(22:00)
米5月FHFA住宅価格指数(22:00)
米7月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米6月中古住宅販売件数(23:00)
《決算発表》
トラベラーズ、コカ・コーラ、ユナイテッド・テクノロジーズ、マクドナルド、アップル、
マイクロソフト、インテューイティブ・サージカル、クレディ・スイス

23日(水)
【国内】
6月の訪日外国人数
20年国債入札
《決算発表》
日本電産、航空電子、キヤノンMJ、石塚硝、電産リード、電産コ電、蝶理、セゾン情、
ハチバン、メガロス、信越ポリ、モーニングスタ、小野測
《株主総会》
サンオータス
《新規上場》
日本ビューホテル
【海外】
豪4-6月期消費者物価(10:30)
シンガポール5月消費者物価(14:00)
仏7月製造業信頼感指数(15:45)
台湾6月鉱工業生産(17:00)
南ア6月消費者物価(17:00)
英中銀の金融政策委員会議事録(9~10日開催分)
カナダ5月小売売上高(21:30)
《決算発表》
ダウ・ケミカル、ボーイング、クアルコム、AT&T、フェイスブック、フリーポート・マクモラン

24日(木)
【国内】
6月貿易収支(8:50)
7月マークイット製造業PMI速報値(10:35)
《決算発表》
ファナック、信越化、中外薬、オービック、サイバー、アドバンテス、キヤノン、松井証、
パナIS、OBC、山特鋼、日精線、東陽テク、帝国ホテル、栄研化、芝浦メカ、日新電、
フ日車輌、京都友禅、KABU.com、ゴールドクレ、KIHD、ウェッズ、ゲンキー、伊勢化、
KOA、菱鉛筆など
《株主総会》
COOK、伊藤園、メガネスーパ、東和フード、共和工業、3Dマトリックス、マツモト、トーシン
【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
韓国4-6月期GDP(8:00)
中国7月HSBC製造業 PMI(10:45)
仏・独・ユーロ圏7月PMI速報値(16:00、16:30、17:00)
英6月小売売上高(17:30)
ブラジル6月失業率(21:00)
米7月マークイット製造業PMI速報値(22:45)
米6月新築住宅販売(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
《決算発表》
パルト・グループ、D.R.ホートン、GM、フォード、アンダーアーマー、ビザ、スターバックス、3M

25日(金)
【国内】
6月消費者物価指数(8:30)
7月東京地区消費者物価指数(8:30)
《決算発表》
カゴメ、日立化成、NRI、小林製薬、大同特鋼、日立ハイテク、日立キャピ、東海東京、
JPX、NTTドコモ、丸八証券、サトーHD、サカイ引越、第一建設、四国化、ビオフェル、
大特鋼、マックス、アクセル、SMK、エフ・シー・シー、トーメンエレク、前田工繊、家族亭、
積水樹、JCRファーマ、富通ゼネ、オプト、Vコマース、ペッパー、コクヨ、岩井コスモなど
《株主総会》
東建コーポ、アスカネット、サトウ食品、Bガレージ、菊池製作、日東網、ザッパラス、
ヤーマン、インスペック
【海外】
シンガポール6月鉱工業生産(14:00)
トルコ6月貿易収支(16:00)
英4-6月期GDP(17:30)
独7月Ifo景況感指数(17:00)
米6月耐久財受注(21:30)
メキシコ6月貿易収支(22:00)
ブラジル6月経常収支(22:30)

参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

イスラエルによるガザ地区侵攻やウクライナでマレーシア航空機撃墜など
地政学リスクが高まりから幅広い銘柄が売られ日経平均は続落

この中、品川駅再開発で昨日から動意付いていたJR東日本が約6ヵ月半ぶりに
年初来高値を更新

また、モルガンが投資判断を引き上げた中外製薬も年初来高値を更新し、
約7年ぶりに3000円台を回復

他には、1Q好業績で上期見通しを上方修正した安川電機も買われた
反面、ソフトバンクやファナックといった値がさ株は軟調だった


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均が連日の史上最高値更新で幅広い銘柄が物色されたものの、
上値は重く、次第に上げ幅縮小し結局日経平均は小幅続落

日経平均ボラティリティー・インデックスは14.0まで低下し算出を始めた
2010年11月以降で最低水準を記録し膠着感が一段と強まっている最中

ソフトバンクやファナック、ファストリなど値がさ株が揃って小幅安で指数を押し下げた
また、アイフルが続落となり、三井住友や三菱UFJ、野村HDなど金融大手も下落

反面、業績改善期待の買いからNECが年初来高値を更新
他には、品川駅再開発の報道からJR東日本が買われ、関連銘柄として鉄建がストップ高し、
思惑買いが他の低位建設株に広がった
低位建設株物色は本日限りの喰い散らかしと思われ明日は他のテーマへ移動か・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

中国4-6月期GDPなどの指標は市場予想並みの結果で影響は限定的
手掛かり材料難に膠着感が強まり、日経平均は狭いレンジとなり反落

個別では、LINE関連やゲーム好調が材料視されたマーベラスが急騰し
1Q好調のTSIHDは連日で年初来高値を更新
その一方で、米SNS株の下落からアドウェイズやミクシィなどが値を崩した


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高や欧州不安の後退に短期的な過熱感が解消されたことで、
幅広い銘柄に物色の矛先が向かい日経平均は続伸

注目された日銀金融政策決定会合は金融政策の現状維持と
想定通りの結果となり、後場入り直後は上げ幅を縮小したものの
その後は値を戻しており反応は一時的だった

主力株は、アイフルが商いを伴って大幅高となり昨日まで連続ストップ高だった
沖電線は利益確定売りに押されファナックは小反落
また、LINEが東証上場申請との報道を受けて関連銘柄のエイチームが大幅高


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

先物主導で上げ幅を拡大し、日経平均は上値を抑えていた25日線を突破
今年7番目の薄商いとなったものの6日ぶりに反発し5日線(15258円)や
一目均衡表の転換線(15295円)も上回った

この中、NTTや第一生命といったディフェンシブ株が堅調に推移したほか、
シティグループ証券が目標株価を引き上げたNECが年初来高値を更新

また、新興市場銘柄では、ミクシィが反発したが、鳥貴族は買い先行後に
利益確定売りに押され乱高下

明日の金融政策決定会合は現状維持との見方が大勢を占めているが、
物価見通しの下方修正を指摘する声も聞かれ、サプライズが起こる可能性も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 14日 ~ 7月 18日 》

14日(月)
【国内】
5月鉱工業生産確報値(13:30)
日銀金融政策決定会合・展望リポートの中間評価(~15日)
《決算発表》
SFOODS、いちごHD、松屋、ありがと、ウエストHD、プラップJ、Y'S、セイヒョー、
大光、プロロジス、レナウン、モバクリ、ケイブ、岡山製紙、川上塗、タケダ機、
HKS、佐鳥電機、パスポート、進和、エスケイ、ベスト電、東天紅、サンヨーナゴヤ、
インテリックス、リーバイス、文教堂HD、前沢工、ジェーソン
【海外】
シンガポール4-6月期GDP速報値(9:00)
インド6月卸売物価(15:30)
ユーロ圏5月鉱工業生産(18:00)
《決算発表》
シティグループ

15日(火)
【国内】
展望リポートの中間評価
6月首都圏新規マンション発売(13:00)
6月工作機械受注確報値(15:00)
黒田日銀総裁会見(15:30)
《決算発表》
ドトル日レス、TSIHD、アデランス、R-ユナイテド、松竹、スーパーツール、ADワークス、
タマホーム、鉄人化、キャンドゥ、PCNET、ウエルシアHD、白鳩、プロパスト、野村レジ、
サムティ、T&CHD、市進HD、ベクトル、ネクス、古野電、日置電、ユーシン、小津産業、
サイゼリヤ、ノダ、三益半、アデランス、大庄など
《新規上場》
イグニス
【海外】
豪中銀理事会の議事録(1日開催分、10:30)
トルコ4月失業率(16:00)
英6月消費者物価(17:30)
独7月ZEW景況感指数(18:00)
米6月小売売上高(21:30)
米7月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米6月輸入物価(21:30)
イエレンFRB議長が上院で議会証言(23:00)
《決算発表》
JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、インテル、ジョンソン・エンド・ジョンソン
休場:マレーシア

16日(水)
【国内】
7月金融経済月報(14:00)
《決算発表》
YEデータ、安川情報、総合メディ、平和RE、阪急リート
【海外】
韓国6月失業率(8:00)
中国6月都市部固定資産投資・小売売上高・鉱工業生産(11:00)
中国4-6月期GDP(11:00)
EU首脳会合(ブリュッセル)
英6月失業率(17:30)
ユーロ圏5月貿易収支(18:00)
南ア5月小売売上高(20:00)
ブラジル5月鉱工業生産(21:00)
米6月生産者物価(21:30)
米5月対米証券投資(22:00)
米6月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
イエレンFRB議長が下院で議会証言(23:00)
米7月NAHB住宅市場指数(23:00)
カナダ中銀政策金利発表(23:00)
ブラジル中銀政策金利発表
ベージュブック
《決算発表》
U・S・バンコープ、バンク・オブ・アメリカ、イーベイ

17日(木)
【国内】
7月の月例経済報告
《決算発表》
安川電、ブロンコB、大和オフィス
【海外】
EU財務相理事会(ブリュッセル)
ユーロ圏6月消費者物価確報値(18:00)
トルコ中銀金融政策決定会合(20:00)
ロシア6月小売売上高・失業率(21:00)
米6月住宅着工件数(21:30)
米6月建設許可件数(21:30)
米7月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(23:00)
南ア中銀政策金利発表
《決算発表》
IBM、シュルンベルジェ、AMD、グーグル、モルガン・スタンレー

18日(金)
【国内】
6月12・13日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
6月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
5年国債入札
《決算発表》
リコーリース、ベクター、東製鉄、日鋳造、アルインコ、ジャフコ、ゲンダイAG、ウッドフレンス
《株主総会》
テンポス、神島化
【海外】
中国6月主要70都市住宅価格(10:30)
ユーロ圏5月経常収支(17:00)
カナダ6月消費者物価(21:30)
メキシコ6月失業率(22:00)
米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55)
米6月CB景気先行総合指数(23:00)
《決算発表》
GE

参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安やユーロ安が嫌気され軟調推移となり
日経平均はアベノミクス後初の5日続落に25日線割れ
オプションSQは概算で15,084円だった

ディフェンシブ株が選好物色されNTTや日本ハム、花王などが堅調
反面、オプションSQの影響からファストリやファナックなど寄与度が高い
値嵩銘柄に下落が目立った

日銀のETF買いや公的年金による官製相場で薄商いながら下げ渋っていたが、
オプションSQを迎えてサポートラインの25日線を割り込んできており、
心理的節目である15,000円を意識した展開となりそうとの指摘あり・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

5月機械受注や中国の6月貿易統計が市場予想を下回り、
幅広い銘柄に売りが広がり日経平均は4日続落

5月の機械受注は、前月比19.5%減の6853億円で2カ月連続で減少と
市場予想の平均(0.7%)を大きく下回ったうえ、マイナス幅は統計を
遡ることのできる2005年4月以来最大

循環物色でミクシィや沖電線が値を飛ばしたが、野村HDや三菱UFJなど
金融株を中心に大型株は軒並み軟調推移

新興市場銘柄では、大幅上方修正のサマンサがストップ高し
本日上場の鳥貴族は公開価格(2800円)の2.2倍の6,180円で寄り付き、
その後も上値追いの展開だった


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

海外株安や円高進行を嫌気したものの値がさ株が買戻され
日経平均は値下がり銘柄数の割には小幅な下落となった

日経平均の下げ幅が限定的だったのは、ソフトバンクやファストリ、
といった値がさ株が大引けにかけてプラス圏に浮上したことが要因

円高進行が重しとなり、トヨタをはじめとした輸出関連株は軒並み安
反面、1Q好業績観測の東レはしっかり

値動きの不自然さに官製相場との見方も多いが、25日線付近で
下げ渋ったことから先高期待も少なからずあるとのこと・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安を受けて軟調な展開となったが日経平均は25日線付近で
下げ渋り底堅さは確認されたもののマイナス圏で引け

この中、材料株物色で沖電線や東特線など電線株が急し
UBSが投資判断を引き上げたNTTは年初来高値を更新

また、クレディ・スイスが目標株価を引き上げたマツダが約5ヵ月ぶりに
終値ベースで500円台を回復。

新興市場銘柄では、日本通信やワイヤレスゲート、マイクロニクスなど
中心銘柄がしっかりとなり東証2部指数は7日続伸

日経平均は終値ベースで6営業日ぶりに5日線を割り込んだが、
25日線割れは回避しており上昇基調は継続しているとの見方あり・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安を受けて主力株の上昇が指数を下支えする場面があったが、
連休明けの米国市場を警戒し手仕舞い売りに押される展開となり
日経平均は反落し安値引け

東証1部の出来高は16億8,193万株で売買代金は1兆4,137億円と
4月22日以来となる水準

NYダウは心理的なフシ目の17,000ドルを突破したが、今週から米国では
決算が本格化することもあり、米国株式の動向をにらみながらの状況となりそう
引き続き、個別のテーマの循環物色となりそうとの指摘あり・・・・・



        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 7日 ~ 7月 11日 》

7日(月)
【国内】
5月景気動向指数(14:00)
日銀支店長会議で黒田総裁挨拶
地域経済報告(さくらレポート)
《決算発表》
壱番屋、シーヴイエス、カルラ、レデイ薬局、技研製、シグマ光機、4℃HD、
井筒屋、フジ、日プロセス、富士エレク
【海外】
台湾6月消費者物価(9:30)
独5月鉱工業生産(15:00)
台湾5月貿易収支(17:00)
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)

8日(火)
【国内】
5月国際収支(8:50)
6月景気ウォッチャー調査
10年物価連動国債入札
《決算発表》
サーラ、アルバイトタイ、アイケイ、パル、ハニーズ、クリエイトSDH、薬王堂、フェリシモ、
メディアドゥ、創通、システムインテ、ERIHD、フロイント、中北製、マックハウス、マニー、
チヨダ、乃村工、オオバ、ヤマザワ
《株主総会》
ヤガミ
《銘柄異動》
ティーライフ
【海外】
独5月貿易・経常収支(15:00)
仏5月貿易収支(15:45)
トルコ5月鉱工業生産(16:00)
英5月鉱工業生産(17:30)
EU財務相理事会(ブリュッセル)
ブラジル6月消費者物価(21:00)
米5月消費者信用残高(9日4:00)
米3年国債入札
《決算発表》
アルコア

9日(水)
【国内】
6月マネーストック(8:50)
6月工作機械受注速報値(15:00)
《決算発表》
ABCマート、タビオ、大黒天、AFC-HD、一六堂、ニイタカ、明光ネット、東京個別、
LCAHD、日本エンタ、ローツェ、旭化学、くろ工、東武ストア、昴
【海外】
中国6月生産者物価(10:30)
中国6月消費者物価(10:30)
インドネシア大統領選挙
BOE金融政策委員会(~10日)
カナダ6月住宅着工件数(21:15)
メキシコ6月消費者物価(22:00)
米10年国債入札
6月17・18日開催のFOMC議事録
休場: ブラジル、インドネシア

10日(木)
【国内】
6月国内企業物価指数(8:50)
5月第三次産業活動指数(8:50)
5月機械受注(8:50)
6月都心オフィス空室率(11:00)
6月消費動向調査(14:00)
30年国債入札
《決算発表》
久光薬、OSG、ファーストリテ、エヌピーシー、カネコ種、コシダカHD、柿安本店、
ブロッコリー、JIN、jGroup、ネクステージ、ニッケ、ヒトコム、ダイト、トーセ、
MORESCO、エスクローAJ、津田駒、竹内製作、東洋電、千代インテ、
カッパクリHD、コジマ、マルエツ、吉野家HD、プレナスなど
《株主総会》
ダイサン
《新規上場》
鳥貴族
【海外】
中国6月貿易収支
韓国中銀政策金利発表(10:00)
豪6月失業率(10:30)
仏5月鉱工業生産・6月消費者物価(15:45)
英5月貿易収支(17:30)
マレーシア中銀政策金利発表(19:00)
BOE金融政策委員会の結果発表(20:00)
南ア5月製造業生産(20:00)
インドネシア中銀政策金利発表(20:00)
米5月卸売在庫(23:00)
米30年国債入札

11日(金)
【国内】
オプションSQ
《決算発表》
API、コスモス薬品、東宝、パソナ、サカタのタネ、ディップ、ジェイコムHD、魚喜、
ヴィレッジV、山下医、ハブ、ビックカメラ、ANAP、三栄建築、ファンドクリG、東武住販、
オンリー、クリレスHD、住江織、ネオス、IGポート、サイバーS、北興化、三協立山、
コーナン商事、ガリバー、インタアクション、島忠、ライフコーポ、リンガハット、ポケットC、
リベレステ、歌舞伎など
【海外】
独6月消費者物価確報値(15:00)
トルコ5月経常収支(16:00)
インド5月鉱工業生産(21:00)
カナダ6月失業率(21:30)
メキシコ5月鉱工業生産(22:00)
メキシコ中銀金融政策決定会合(23:00)
露5月貿易収支
米6月財政収支(12日3:00)
《決算発表》
ウェルズ・ファーゴ
休場: タイ

参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均とS&P500はの最高値更新を好感するも、テクニカル的な過熱感や、
週末ポジション調整で薄商いで伸び悩んだが日経平均は反発
売買代金は1兆6,628億円と3営業日連続で2兆円を下回った

この中、人気ゲーム「妖怪ウォッチ」関連でハピネットが人気化したほか
各調査機関が1Q大幅増益を予想した日立が続伸
その一方で、メリルが投資判断を引き下げたアシックスが3日続落

新興市場銘柄は、主力どころ以外は堅調なものが目立ち、
日経ジャスダック平均は1月22日以来となる年初来高値更新

国内外でポジティブな材料が重なったにもかかわらず上値は重く、
ボラティリティの低下が一段と進み、売買代金の低迷などから
買い手不在の中での上昇相場の流れが続きそう・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均とS&P500が過去最高値を更新した米株市場を好感し
東京市場も買いが先行したが、日経平均は寄り付き天井となり、
その後は上げ幅縮小し結局4日ぶりに反落

トヨタやホンダなど自動車大手が軟調となりメガバンクも3社揃って下落
その反面で、川内原子力発電所1、2号機に再稼動合格証がでそうな
九州電力のほか、北海電、関西電が急伸
また、決算期待から日本電産が株式分割後の上場来高値を更新し、
月次好調のファストリは小じっかりだった

3日の米株市場は短縮取引で4日は独立記念日で休場となるため、
海外投資家の注文減少から、薄商いの中で中小型株物色相場となりそう・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均が、米ISM製造業景況感指数は予想を下回ったものの
景況感は堅調との認識から史上最高値を更新したことで
東京市場も買い優勢の展開だったが、上値追いの勢いはなく
上げ幅を縮小したが日経平均は3日続伸

この中、トヨタやマツダ、ホンダなど自動車株がシッカリになったほか、
アイフルやアコムなどのノンバンク株が短期資金に再び物色され
NECやシャープなどハイテク株も買われていた

また、クレディ・スイスが目標株価を引き上げたブリヂストンが3日続伸し
中国事業が回復に転じてきている良品計画が半年ぶりに年初来高値更新


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

もみ合い展開から公的年金とみられる買いで先物主導で上げ幅を拡大
日経平均は、一時200円超の上げ幅となり続伸

今朝発表された6月日銀短観では、大企業・全産業の設備投資計画が
前年度比7.4%増と07年調査以来7年ぶりの高水準となっており
市場予想の6.0%増を上回った点をポジティブに評価する見方が広がり、
ファナックやキーエンスといった関連株が物色された

また、1Q業績についてゴールドマンやモルガンがポジティブな見方を示した
ダイキンが上場来高値を更新
アジアでの売上高を数年で最大4割まで増やす方針のスクエニは4日続伸

その一方で、貸金業法の再改正期待が後退したことでアイフルやアコムなど
ノンバンク株が軒並み値を崩していた

日経平均は25日線(15,083円)をサポートラインに2兆円を超える商いで上昇しており、
6月23日高値(15,442円)を突破すれば上値追いの展開かも・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!