貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
市場スケジュール 《 2月 1日 ~ 2月 5日 》

1日(月)
【国内】
《決算発表》
三菱UFJ、新日鉄住、塩野義、リコー、LIXILG、日精工、大塚商、日本ハム、NOK、帝人、
常陽銀、日光電、フジクラ、東邦HD、三浦工、持田薬、キッセイ薬、セ硝子、日新製鋼、
太陽HD、ベネ・ワン、日立造、イーグル、トリドール、プリマハム、アサヒHDなど
【海外】
中国1月製造業PMI(10:00)
中国1月財新PMI製造業(10:45)
米12月個人所得・個人支出(22:30)
米12月建設支出(2日0:00)
米1月ISM製造業景況指数(2日0:00)
ブラジル1月貿易収支(2日2:00)
米大統領選挙アイオワ州党員集会
《決算発表》
アルファベット
休場: マレーシア、メキシコ

2日(火)
【国内】
1月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札
《決算発表》
三菱商、ヤフー、三菱電、野村HD、小野薬、任天堂、エーザイ、NTTデータ、
参天薬、京王、カルビー、カシオ、三井化学、神戸鋼、IHI、NTT都市、東ソー、
ブラザー、横河電、ガンホー、出光興産、東海理化、ニチレイ、宇部興、ITHD、
GSユアサ、足利HD、レンゴー、メイテック、OKI、クラリオンなど
【海外】
豪州準備銀行理事会(政策金利発表、12:30)
インド準備銀行金融政策決定会合(政策金利発表、14:30)
ユーロ圏12月失業率(19:00)
ブラジル12月鉱工業生産(20:00)
米1月新車販売台数
《決算発表》
ダウ・ケミカル、ファイザー、エクソンモービル、ADM、UPS、
ヤフーインク、ギリアド・サイエンシズ

3日(水)
【国内】
黒田総裁が都内で講演(11:30~12:30頃)
1月消費動向調査(14:00)
12月17・18日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
《決算発表》
武田、デンソー、花王、日立、パナソニック、豊田織機、シスメックス、アイシン精、
住友電、田辺三菱、JX、住友化、豊通商、三菱自、横浜銀、大正薬HD、ジェイテクト、
東武、ダイセル、京急、カカクコム、ふくおか、大陽日酸、トヨタ紡織、SANKYO、
空港ビル、ミネベア、コカウエスト、ぐるなび、ダイヘンなど
【海外】
豪12月貿易収支(9:30)
タイ中銀金融政策決定会合
ユーロ圏12月小売売上高(19:00)
米1月ADP雇用統計(22:15)
米1月ISM非製造業景況指数(4日0:00)
《決算発表》
GM、メルク、ヤム・ブランズ

4日(木)
【国内】
《決算発表》
JT、富士重、菱地所、三井物、伊藤忠、三菱重、国際帝石、テルモ、マツダ、旭化成、
三菱ケミHD、東 芝、ニコン、ローム、日テレHD、ヤマダ電、ヤマハ、三菱Uリース、
王子HD、丸井G、TBSHD、スクエニHD、相鉄HD、ケーズHD、イビデン、シャープ、
GMOPG、アズビル、雪印メグ、グリーなど
【海外】
BOE金融政策委員会(政策金利発表、21:00)
米12月製造業受注(5日0:00)
メキシコ中銀金融政策決定会合(5日4:00)
《決算発表》
ラルフローレン、リンクトイン
休場: 台湾

5日(金)
【国内】
12月景気動向指数(14:00)
《決算発表》
トヨタ、NTT、大和ハウス、オリンパス、住友商、明治HD、丸紅、旭硝子、キッコーマン、
日ペイントH、住友鉱、日清食HD、ドンキホーテH、セブン銀行、リンナイ、アルフレッサHD、
博報堂DY、洋缶HD、スズケン、タカタ、クレセゾン、ディスコ、科研薬、Uアローズ、
アニコムHD、ミクシィ、ベネッセHD、丸一管、セガサミーHD、DeNA、日水など
【海外】
豪12月小売売上高(9:30)
独12月製造業受注(16:00)
仏12月貿易収支(16:45)
ブラジル1月消費者物価(20:00)
米1月雇用統計(22:30)
米12月貿易収支(22:30)
米12月消費者信用残高(6日5:00)
《決算発表》
エスティローダー
休場: 台湾


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高を好感し買い優勢で始まったものの、買い一巡後は日銀政策決定会合の
結果発表待ちから見送り気分となったが、日銀初のマイナス金利導入で見方が分かれ
市場は上へ下への乱高下となりながら、日経平均は大幅反発

大型再開発を加速すると伝えられた東急不HDがストップ高まで買い進まれたほか、
藤田観光、小糸製作所などもストップ高
また、業績関連のリリースで、サイバーエージェントやヤマトHDが大幅高

その一方で、マイナス金利で収益悪化懸念が広がった銀行株が下落したほか、
業績悪化のファナックは大幅安

マイナス金利の導入で日経平均は引けにかけては強含み17,500円を回復しており、
対応としては好感された格好
しかし、マイナス金利という劇薬をもってしても民間の資金需要が増えないだろうし、
劇薬を飲み続ければ体力が奪われるのみ・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株安を受けて売り先行となったが、前日レンジでもみ合いの展開
日銀イベントの発表を控え、円ドルも方向感にかけ日経平均は続落

主力株は上値が重いなか、テーマ株や中小型株の一角に資金が向かい、
さくらネット、インフォテリアといったフィンテック関連が急騰
証券会社のレポートを手がかりにそーせいは2桁上昇で直近高値を更新

反面、アルプス電の下げ方はビッグネガティブサプライズとなり
iPhone販売減速懸念から株価は下げ基調が続いており、業績下方修正は
悪材料出尽くしとも思われたが、寄り付き以降も一本調子の下げが続いた

明日は、日銀にらみとなりそうだが、こまで下げても1月緩和の可能性は
高くないとの見方が多く、今週の株式市場でも緩和期待はほとんど高まらず
緩和に期待はかけられない情勢


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高や円安などを背景に底堅い展開で日経平均は大幅反発
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1831/値下がり78と買いが優勢

この中、トヨタとスズキの提携観測から富士重やマツダなども強い動き
また、銀行株大幅上昇を受け、ノンバンクやリースなども買われたほか、
決算が好感されたエムスリーやコメリ、増配発表のキヤノンMJなどが大幅高

その一方で、10-12月期の連結営業利益が前年同期比で5割近く減ったとの
観測が報じられたセイコーHDが急落
今期減益の見通しとなったキヤノン電子が大幅安

今日は、午後に上海株が下げを広げる場面もありながら、日経平均は値を崩さず
基調の変化も感じられるとの指摘も・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高やアジア株安などを背景に前場の底堅い展開から一段安となり
日経平均は3日ぶりに大幅反落となり、再び17,000円を割り込んだ

この中、3Q好調観測が報じられた住友大阪セメントが大幅高となったほか
前期比で増配の見込みとなったKOAや決算好調の日置電気、分割発表の
フロイント産業などが強い展開

その一方で、東芝が連日の大幅安で年初来安値を更新し、インフラファンドの
今期の上場見送りで大幅下方修正となったタカラレーベンが急落
また、創業者の退任が伝わったニトリHDは下げ幅拡大となる場面もあった

主力は軒並み売られ、昨日の大幅高を経ても基調に変化がなく
日本株はFOMCのハト派的声明や、日銀追加緩和がなければ上に行く力無し?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安、アジア株高などを背景に買い優勢の展開で推移し、買い一巡後は
一時マイナスの場面もあったが、再び買い直され日経平均は今年初の続伸
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1643/値下がり229と買いが優勢

この中、3Q業績と併せて自己株取得を発表した東京製鉄が大幅上昇し
アスカネットやFブラザーズなども自己株取得が好感されて急伸

また、業績上方修正の加地テックや月次好調のライトオンなども強い動き
シート状炭素繊維強化プラスチックの供給開始と報じられた阿波製紙がストップ高

その一方で、今期営業赤字転落見込みとなった日本通信が急落したほか
エアバッグに絡んで米国で新たな死者が出たと報じられたタカタは、ダイセルとの
提携観測をポジティブ視する動きは限定的で大幅安に昨年来安値を更新

日経平均は、17,000円を割り込む場面では押し目買いも入ったことから、
17,000円は当面の下値として意識されそう・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 1月 25日 ~ 1月 29日 》

25日(月)
【国内】
12月貿易統計(8:50)
《決算発表》
JSR、小林製薬、カイノス、マクニカ富士、サカイ引越、さくら、コムチュア、メルコ、日置電、
エンプラス、SPK、KABU.COM、ナガワ、ハチバン、GMOクリック、サクラKCS、ヤギ、
三谷産、タカラレーベン、サンウッド、トランコム、KOA、岩井コスモ、アパマンショなど
【海外】
独1月Ifo景況感指数(18:00)
米1月ダラス連銀製造業活動(23:30)
《決算発表》
ハリバートン、マクドナルド、D.R.ホートン
休場: マレーシア、ブラジル

26日(火)
【国内】
12月企業向けサービス価格指数(8:50)
《決算発表》
エムスリー、三井住友、リコーリース、JFEコンテナ、ハウス食G、四国化、栄研化、テセック、
幸楽苑HD、キヤノンMJ、セゾン情、両毛シス、ニフティ、積水樹、日アビオ、ムラキ、コメリ、
ADワークス、モーニングスタ、蝶理など
《株式分割》※権利取最終日
日本スキー、ネオジャパン、バルニバーヒ、ベステラ、アイスタイル、ヒトコム
【海外】
FOMC(~27日)
米11月FHFA住宅価格指数、米11月S&P ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米1月サービス業PMI速報値(23:45)
米1月CB消費者信頼感指数(27日0:00)
米1月リッチモンド連銀製造業指数(27日0:00)
米2年国債入札
《決算発表》
フリーポート・マクモラン、P&G、コーニング、ジョンソン・エンド・ジョンソン、
VMウェア、AT&T、アップル、コーチ、3M
休場: 豪、インド

27日(水)
【国内】
《決算発表》
キヤノン、富士フイルム、オリックス、オービック、アルプス、大日住薬、日立ハイテク、四国電、
日立化成、松井証、OBC、コロプラ、アドバンテ、富通ゼネ、日立国際、大京、航空電、アトム、
日ガス、ダイビル、アルパイン、日新電、ユアテック、ミルボン、メタウォーター、カワチ薬品、信越ポリなど
【海外】
豪12月景気先行指数(8:30)
豪10-12月期消費者物価(9:30)
仏1月消費者信頼感(16:45)
米12月新築住宅販売件数(28日0:00)
FOMC政策発表(28日4:00)
米5年国債入札
《決算発表》
ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズ、テキサス・インスツルメンツ、サンディスク、
イーベイ、フェイスブック、クアルコム、キャタピラー

28日(木)
【国内】
12月小売売上高(8:50)
日銀金融政策決定会合(~29日)
2年国債入札
《決算発表》
ファナック、キーエンス、OLC、信越化、三住トラスト、大和証G、大東建、NRI、ヤマトHD、
NEC、大ガス、オムロン、小糸製、積水化、川重、日立金、コニカミノルタ、SCSK、日立建、
富士電機、サイバエージ、CTC、H2Oリテイル、ゼオン、カプコン、山九、九電工、エクセディ、
アンリツ、日立マクセル、一休など
【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
英10-12月期GDP(18:30)
ユーロ圏1月消費者信頼感(19:00)
ブラジル12月失業率(20:00)
独1月消費者物価速報値(22:00)
米12月耐久財受注(22:30)
米12月中古住宅販売仮契約(29日0:00)
米7年国債入札
《決算発表》
パルト・グループ、アンダーアーマー、マイクロソフト、ビザ、ニューコア、フォード

29日(金)
【国内】
12月失業率・有効求人倍率、12月家計調査、12月消費者物価指数(8:30)
12月鉱工業生産(8:50)
日銀政策発表
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
《決算発表》
日清粉G、グリコ、ヤクルト、ALSOK、味の素、東洋水産、ヒューリック、MonotaRO、
スタートトゥ、三越伊勢丹、野村不HD、協和キリン、アステラス、第一三共、コーセー、
TOTO、特殊陶、JFE、コマツ、住友重、マキタ、富士通、エプソン、ソニー、TDK、
スタンレー、京セラ、村田製、日東電工、日野自、ダイハツ、HOYA、東エレク、りそなHD、
みずほ、アコム、オリコ、JPX、JR各社、日通、郵船、商船三井、JAL、ANA、NTTドコモ、
関西電、九州電、東京ガス、コナミなど
《株式分割》※権利取最終日
平河ヒューテ
【海外】
仏10-12月期GDP(15:30)
仏1月消費者物価速報値(16:45)
ユーロ圏12月マネーサプライ(18:00)
ユーロ圏1月消費者物価速報値(19:00)
米10-12月期GDP(22:30)
米1月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
《決算発表》
シーゲイト・テクノロジー、シェブロン、マスターカード


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ドラギ総裁が追加緩和を示唆したことに加え、円安、アジア株高など、
好材料が積み重なり、日経平均は急反発
東証1部騰落銘柄数は、値上がり1920/値下がり8と値下がりと記録的な動き

売り込まれていた銘柄ほど買われやすい地合いで不動産株が軒並み上昇、
なかでも住友不動産や東京建物などが強い動きだった

また、鉄鋼なども買われ、新日鉄住金やJFEHDなどが大幅上昇となったほか
通期上方修正と増配を発表したミクシィが大幅高に上方修正発表のボルテージや
今期大幅増益見通しに配当政策見直しのモバファクなど、ゲーム関連もにぎわった

ドラギ様のおかげで、日本株は一気に息を吹き返し恵みの雨となった
先の緩和期待で上げるのは将来の果実先取りの懸念はあるものの、
年初から日経平均は3000円超下げており、とりあえず一息・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高や原油安などが嫌気され、日経平均は大幅続落
東証1部騰落銘柄数は、値上がり60/値下がり1860と全面安

昨日に続き後場に入って非常に弱い動きとなっており、時間的に
欧州勢の売りとの見方が多いようだが、連日このような動きだと
東京市場が投資家から見放されてしまいそう

これだけ下げても、政府・日銀に危機感は薄く、株価の動きに配慮なし
日経平均は先週から約1129円、6.6%の下落と今週もここまで下げ止まらず

明日の、ECB理事会もしくはドラギ総裁会見が相当ポジティブな内容を提示し
欧米株が目の覚めるような上昇とならない限りは、底打ちはまだ先・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高や原油安などが嫌気され東京市場は大暴落

日経平均は、一時16,400円台を割り込むなど、2014年10月以来の安値水準
東証1部の騰落銘柄数は値上がり40/値下がり1886と全面安

寄り付きからは小動きだったが、継続的な売りが市場を下押し
トレンドが下げに転じたとしても、このあたりではいったん下げ止まると期待された
水準ではあったが、きょうの下落で下値のサポートがなくなった状況

割安感は強まっても、節目を簡単に割りこんでしまっては押し目買いも入らず
足元では月末の日銀会合での追加緩和の可能性が高まったとの見方もあるが、
1月会合がノーサプライズの場合は、かなりの失望売りとなりそう

下げが下げを呼ぶ厳しい展開に茫然自失・・・・・・・・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

中国市場がプラス圏で推移したことや、円弱含みなどから
日経平均は大引けにかけて上昇となり4日ぶりに反発
終値で17,000円台を回復

このなか、大京の参入観測で「民泊」関連がにぎわい、同社のほか、
AMBITIONやアパマン、インベスターCなどが買われていた

また、ZMPと自動運転に関する共同開発を開始したと発表したジグソーが
後場に入りストップ高まで買われ、自動運転関連と目されるアイサンテクも
下落から一転大幅上昇したほか、光る折り紙を開発したと報じられたタツモや
米インテルとIoT事業を展開すると報じられたサトーHDなども高かった

乱高下の展開となったが、日経平均は一時3桁の下落となるなど下を試す場面が
ありながらもプラスで終えることができたのは好感できる動きとの声も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は一時480円安と取引時間中としては昨年1月以来の安値水準まで
売られた後に、上海市場がプラス圏で推移したことや、政策期待の高まりなどから
下げ渋った展開

この中、目標株価引き上げに、3Q受注が好調だったハーモニックが大幅高となったほか
前期営業益が5.5倍との観測が報じられたラオックスが朝安後に切り返し大幅高
また、12月月次が好調であったパーク24も逆行高の動き

日経平均は目先の下値抵抗と期待された昨年9月末の安値水準を寄り付きから
下回る弱い動きとなり、一時17000円台を回復したものの引けまではもたず
サポートや節目の水準を次々に下に抜け、それにより一段とチャート形状は悪化し、
売り圧力がさらに強まるという悪循環

さすがにいったんの底を打って然るべき局面かと思われそうだが、悪材料に対する
下げが限定的のような動きが見られれば、リバウンドはそう遠くないかも・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 1月 18日 ~ 1月 22日 》

18日(月)
【国内】
11月鉱工業生産確報値(13:30)
11月第三次産業活動指数(13:30)
さくらレポート
《決算発表》
平和RE
【海外】
中国12月70都市新築住宅価格
《イベント》
世界未来エネルギーサミット/国際水サミット(~21日アブダビ)
休場: 米(キング牧師誕生日)

19日(火)
【国内】
12月首都圏新規マンション発売(13:00)
5年国債入札
《決算発表》
ゲンキー、ブロンコB、安川情報、プロロジス、アサヒ陶、津田駒、ネクスG、ティムコ、リーバイス
【海外】
中国12月鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資(11:00)
中国10-12月期GDP(11:00)
独12月消費者物価確報値(16:00)
英12月消費者物価(18:30)
独1月ZEW景況感指数(19:00)
トルコ中銀金融政策決定会合(政策金利発表、21:00)
米1月NAHB住宅市場指数(20日0:00)
米11月対米証券投資(20日6:00)
《決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、IBM、ネットフリックス

20日(水)
【国内】
《決算発表》
日鋳造、スーパーツール、安川電、大和オフィス
【海外】
豪1月消費者信頼感(8:30)
英12月失業率(18:30)
世界経済フォーラム(ダボス会議 ~23日)
米12月住宅着工戸数・建設許可件数(22:30)
米12月消費者物価指数(22:30)
カナダ銀行翌日物貸出金利(21日0:00)
ブラジル中銀政策金利発表
《決算発表》
ゴールドマン・サックス

21日(木)
【国内】
11月全産業活動指数(13:30)
20年国債入札
《決算発表》
小松ウオル、日電産、DNAチップ、総合メディ
【海外】
仏1月製造業信頼感指数(16:45)
ユーロ圏12月消費者物価(19:00)
ECB理事会(金利発表、21:45)
ドラギ総裁会見(22:30)
米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米10年インフレ連動国債入札
《決算発表》
ベライゾン、スターバックス、シュルンベルジェ、アメリカン・エキスプレス、
トラベラーズ・カンパニーズ、インテューイティブ・サージカル

22日(金)
【国内】
1月日経PMI製造業速報値(11:00)
《決算発表》
モバファク、光世証、帝国ホテル、アクシーズ、ベクター、JIEC、アジュバン、
東製鉄、ジャフコ、植松商、阪急リート
【海外】
仏・独・ユーロ圏1月PMI速報値(17:00~18:00)
英12月小売売上高(18:30)
米12月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米1月製造業PMI速報値(23:45)
米12月中古住宅販売件数(23日0:00)
米12月CB景気先行総合指数(23日0:00)
《決算発表》
GE


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

中国株安に加え黒田日銀総裁の発言が円高を誘い、日経平均は続落

買い先行後に大型株の上値が重くなったことから、中小型株物色の流れとなり、
上方修正と増配を発表したイムラ封筒や1Q決算好調のホクリヨウが大幅高

また、グノシーがKDDIとの提携発表が好感されストップ高まで買われたほか
証券会社のレポートを手がかりにサンフロンティア不動産やヤマダ電機が急伸

週末要因に、中国株、為替動向など不透明で5日線に抑えられ上値は相当重く
昨年9月安値に対するダブルボトムが期待されるが、これを下回るようだと
16,000円近辺への押しも懸念されるとの声が・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、一時9/29以来の17,000円割れもあった大幅反落

後場半ばには中国株がプラスに転じたことや、円高一服となったことから
先物主導で買いが断続的に入り下げ渋った
東証1部の騰落銘柄数は値上がり104/値下がり1795と全面安

数少ない上昇銘柄では、フィンテック領域の研究開発を行う「FinTech Lab」の
新設を発表したVOYAGE GROUPが一時ストップ高まで買われるなど強い動き

また、1Q大幅増益を達成したビックカメラや業績上方修正のいちごHD、
初の配当実施を発表したべステラなどが大幅上昇

その一方で、米国市場でハイテク株が売られたことから村田製やアルプス電など
アップル関連銘柄が大幅安となったほか、サイゼリヤやパソナ、マルカキカイなどは
決算が失望材料となり大きく売られる展開だった

日経平均は、昨日戻りが今日の下落でほぼ帳消しとなり、12日の取引時間中につけた
安値を下回ったことで、昨日が底打ちとの期待も打ち消された格好

ただ、あまりにも大きく下げたことで、警戒一辺倒ではなくなってきてきている様相で
米国株が落ち着いた動きとなり、日経平均が17,000円を再び割り込むことなく
推移できるようであれば、意外高の展開も・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は7日ぶりに反発 ほぼ全面高

東証1部騰落銘柄数は値上がり1833/値下がり77と昨日とは一転
一時、中国株が軟調になり伸び悩む場面もあったものの、
再び上昇し高値圏での大引け

特に、好材料のあった銘柄が非常に強い動きとなり、テックビューロとの
業務提携を発表したフィスコや3Q業績好調のレイがストップ高

また、上方修正と1:2の株式分割発表のヒトコムも一時ストップ高まで買われたほか
月次好調のヨシックスや好決算のトレファクなども大幅高

全体的にはいったん下げ止まる動きが出たことで、ここから先はここまでの動きが
弱かった銘柄やセクターが物色の中心になる可能性がありそうとの指摘あり・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円相場や中国株市場は比較的落ち着いた動きとなったものの、
先物主導で売られ日経平均は大幅に6日続落し3カ月半ぶりの安値水準
東証1部騰落銘柄数は、値上がり33/値下がり1890と全面安状況

数少ない値上がり銘柄のひとつが、ホンダで16年度の四輪世界販売計画
520万台との日経観測が買い材料となり逆行高

また、上方修正と記念増配、優待新設となったジェイコムHDが急伸、
KLabとの業務提携を発表したブロッコリーが大幅高となったほか
さくらネットやインフォテリアなどフィンテック関連銘柄に買いが集中していた

日経平均の17500円が全くサポートとならなかったことから、押し目買いが
入るどころか逆に下げ拡大の動きで、投げ売りが下げを主導した感大、
総売りとなったのは明らかに売られすぎで、反転時期は近いかも・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 1月 11日 ~ 1月 15日 》

11日(月)
【国内】
祝日: 成人の日
東京市場休場
【海外】
《決算発表》
アルコア
《イベント》
北米国際自動車ショー(~24日デトロイト)

12日(火)
【国内】
11月国際収支(8:50)
12月消費動向調査(14:00)
12月景気ウォッチャー調査
《決算発表》
東宝、OSG、クリエイトSDH、ライフコーポ、サカタのタネ、ガリバー、プレナス、パル、
リンガハット、コーナン商事、明光ネット、リテールPT、住江織、ユーシン、ジャステック、
リソー教育、小津産業、SHIFT、丸栄、ファーストコポ、システムインテ、サダマツ
【海外】
英11月鉱工業生産(18:30)
インド12月消費者物価指数(21:00)
米3年国債入札
オバマ米大統領が一般教書演説

13日(水)
【国内】
12月マネーストック(8:50)
10年物価連動国債入札
《決算発表》
ローソン、コスモス薬品、ビックカメラ、いちごHD、サイゼリヤ、竹内製作、TSIHD、SFoods、
歌舞伎、トーセイ、パソナ、大庄、CSP、進和、東洋電、薬王堂、MORESCO、マルカキカイ、
北興化、ワッツ、トレファク、毎コムネット、Y’S、前沢工、ライフフーズ、ケイブ、ファーマライズ
【海外】
インドネシア中銀の月例理事会(~14日)
仏12月消費者物価(16:45)
ユーロ圏12月鉱工業生産(19:00)
ブラジル11月小売売上高(20:00)
中国12月貿易収支
米12月財政収支(14日4:00)
ベージュブック
米10年国債入札

14日(木)
【国内】
11月機械受注(8:50)
12月国内企業物価指数(8:50)
《決算発表》
ウエルシアHD、API、松竹、不二越、近鉄百、クリレスHD、ドトル日レス、ニッケ、松屋、
大黒天、千代インテ、メタップス、ベクトル、アデランス、三栄建築、サーラ、古野電、キャンドゥ、
モリト、柿安本店、テラスカイ、ウエストHD、サンヨーナゴヤ、ヤマダSXL、Gunosy、佐鳥電機、
タマホーム、ヴィレッジV、レナウン、モバクリ
《株式分割》※権利取最終日
OSGコーポ
【海外】
韓国中銀政策金利発表
豪12月失業率(9:30)
インド12月卸売物価(15:30)
BOE金融政策委員会
EU財務相理事会(ブリュッセル)
米12月輸入物価指数(22:30)
米30年国債入札
《決算発表》
JPモルガン・チェース、インテル

15日(金)
【国内】
《決算発表》
KG情報、川崎地質、くろ工、ユナイテッドU、協和コンサ
【海外】
米12月生産者物価・小売売上高(22:30)
米1月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米12月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(16日0:00)
《決算発表》
U・S・バンコープ、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株の下落を嫌気し売り先行から、SQ算出後はプラス圏に浮上するも
3連休控えや米12月雇用統計の発表を控え、後場からは再びマイナス圏と
日経平均の年初来5日続落は、日経平均の算出開始以来初めて

このなか、3Q減益観測が報じられながらも受注底入れ期待が高まった
アドバンテストが強い動きとなり、他の半導体銘柄も買われていた

また、決算で業績好調が確認されたユナイテッド・スーパーや大有機が大幅高となり
新規「買い」推奨を手がかりにリプロセルがストップ高まで買われた

年明けからインパクトのあるネガティブ材料が立て続けに出てきて急落の動きと
悪夢のような一週間が過ぎた

来週は、いったん反転の動きが見られれば、売り方の買い戻しを巻き込み
真空地帯を一気に駆け上がる動きに期待したいが、休むも相場かな・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

急激な円高や中国株の大幅安を嫌気し、日経平均は4日続落
中国CSI300指数が今年2度目のサーキットブレーカー発動を受け、
業種別では33業種中32業種が下落とほぼ全面安

NY原油先物が約7年ぶりの安値をつけたことから国際帝石が大幅安
また、中国リスクが強く意識されたことから、新日鉄や神戸鋼など鉄鋼ほか、
海運、機械などのセクターが軟調

その反面、3Q累計の営業利益が会社計画を超過したわらべや日洋が大幅高したほか
業績上方修正のドーンはストップ高まで買われていた
全体的には買い材料に乏しいなか、LINEの上場に関する思惑から、アドウェイズや
メディア工房、エムアップなどが急伸

日経平均は、昨年末から1,200円超の下落幅となってきたが、今日は大きく下げるなかでも
週足一目均衡表の雲下限で下げ止まるなど、節目を意識した動きはうかがえるとの声も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

急激な円高を嫌気し、日経平均は一時300円安まで下げる場面があったが
その後、円高一服を背景に下げ幅を徐々に縮小したものの3日続落
東証1部の騰落銘柄数は値上がり359/値下がり1493と売りが優勢

日経新聞でiPhone減産観測が報じられたことから、村田製、アルプス電気、
TDK、JDIなどアップル関連株が軒並み安

また、ドル円118円台突入を受け、トヨタやマツダ、富士重など自動車株も売られ
証券会社の目標株価引き下げが相次いだ任天堂が急落となり
上期営業減益着地となったカネコ種苗も大幅安

下げ続きでもあり、海外市場がしっかりであれば、そろそろそれなりの反発も
あってもおかしくはないが期待薄・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は、一時は100円近く上昇する場面があったものの、
中国株のさえない動きを受けて引けにかけて売り優勢の展開に続落
10月22日以来の安値水準での引け

全般は方向感に乏しい地合いとなった事から個別選別が強まり、
業績上方修正発表のアドヴァンが急伸したほか、月次好調のくらコーポや
保有資産売却で特別利益を計上見込みの日本ラッドが大幅高
また、レポートを手がかりにダイヘンやヨネックス、マイクロニクスなども強い動き

その一方で、全体の下振れリスクが意識されるなか、値持ちの良かった
食品株や医薬品株で売られた銘柄が目立ったほか、足元の円高を嫌気して
自動車株なども弱い動きだった

外需も内需も買いづらく中小型株物色にもピーク感があるため、
そろそろ物色にも変化が出てくるタイミングでは?との指摘あり・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

中国市場でサーキットブレーカーが発動されるなどアジア株が軒並み大幅安となり
日経平均は大幅下落となり終値ベースで10月以来の18,500円割れ
東証1部騰落銘柄数は値上がり170/値下がり1712と圧倒的に売りが優勢

このなか、タカタが国内自動車メーカーの共同出資観測が報じられ一時ストップ高
また、産革機構と経産省の再編支援観測が報じられた東芝も強い動きだった

主力どころは軒並み安となるなか、フィンテック関連として注目を集める
さくらインターネットは連日のストップ高と、時流のテーマ銘柄が買い人気を集めていた

日経平均は先週の3日間の上昇を打ち消す下落で、18,500円もサポートとならず
あっさり割り込んでおり、ここからもう一段下に振れると、テクニカルでは下げが
短期的にとどまらないとの見方も強まりそうとの指摘あり・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 1月 4日 ~ 1月 8日 》

4日(月)
【国内】
大発会
通常国会召集
12月日経PMI製造業確報値(10:35)
《決算発表》
メディ一光
【海外】
中国人民銀行が上海の外国為替市場での人民元取引終了時間を繰下げ
中国12月財新PMI確報値(10:45)
トルコ12月消費者物価(17:00)
仏・独・ユーロ圏12月マークイット製造業PMI確報値(17:50~18:00)
独12月消費者物価速報値(22:00)
米12月マークイット製造業PMI(23:45)
米12月ISM製造業景況指数(5日0:00)
米11月建設支出(5日0:00)
休場: NZ

5日(火)
【国内】
12月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札
《決算発表》
カネコ種、サンエー、ケーヨー、ベルク、アオキスーパー
【海外】
韓国11月国際収支(8:00)
独12月失業者数(17:55)
ユーロ圏12月消費者物価速報値(19:00)
米12月新車販売台数

6日(水)
【国内】
12月日経PMIサービス業(10:35)
《決算発表》
ABCマート、スギHD、ヨンドシーHD、フジ、アークス、わらべや、フロイント、
AIT、BS11、天満屋ス、北恵
【海外】
中国12月財新PMIサービス業(10:45)
仏12月消費者信頼感指数(16:45)
仏・独・ユーロ圏12月マークイットサービス業PMI確報値(17:50~18:00)
米12月ADP雇用統計(22:15)
米11月貿易収支(22:30)
米12月マークイットサービス業PMI確報値(23:45)
米12月ISM非製造業景況指数(7日0:00)
米11月製造業受注(7日0:00)
12月15・16日開催のFOMC議事録
《決算発表》
モンサント
《イベント》
家電見本市「CES2016」開催(~9日ラスベガス)

7日(木)
【国内】
12月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札
《決算発表》
キユーピー、7&I-HD、良品計画、スター精密、ファミリーマート、イズミ、ダイセキ、
ファーストリテ、ダイセキソリュ、暁飯島、地域新聞、米久、ハニーズ、ワンダーCO.、
オンリー、メディアドゥ、大有機、東京個別、クリーク&リバ、新星堂、三光合成、
東武ストア、キユソー流通、ヤマザワ
【海外】
豪11月貿易収支(9:30)
独11月製造業受注(16:00)
ユーロ圏12月消費者信頼感確報値(19:00)
ユーロ圏11月失業率・小売売上高(19:00)
ブラジル11月鉱工業生産(20:00)
メキシコ12月消費者物価(23:00)
《決算発表》
KBホーム、ベッド・バス・アンド・ビヨンド

8日(金)
【国内】
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(12月17~18日開催分、8:50)
11月毎月勤労統計調査(10:30)
11月景気動向指数(14:00)
オプションSQ
《決算発表》
久光薬、ユニーGHD、ディップ、チヨダ、島忠、オンワードHD、乃村工、吉野家HD、
壱番屋、ベル24HD、マニー、USEN、ワキタ、三協立山、ダイト、ポケットC、コシダカHD、
技研製、創通、サムティ、マルゼン、エコス、スター・マイカ、ジェイコムHD、ピックルス、
ブロッコリー、キリン堂HD、ローツェ、メディ工房、フェリシモ
【海外】
豪11月小売売上高(9:30)
独11月鉱工業生産・貿易収支(16:00)
仏11月鉱工業生産(16:45)
トルコ11月鉱工業生産(17:00)
スウェーデン中銀政策金利発表(17:30)
英11月貿易収支(18:30)
ブラジル12月消費者物価(20:00)
カナダ12月失業率(22:30)
米12月雇用統計(22:30)
メキシコ12月消費者信頼感指数(23:00)
米11月卸売在庫(9日0:00)
米11月消費者信用残高(9日5:00)
休場: ロシア


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!