貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
日銀金融政策の現状維持決定を受けて後場から急落し大幅安
日経平均は大幅に4日続落となり4/18以来の安値水準
東証1部の騰落銘柄数は値上がり228/値下がり1681と売り優勢

この大幅安の中、好材料のあった銘柄には強い動きも見られ、決算が好感された
富士電機が17%高と急伸しカワチ薬品や航空電子なども決算を受け値を飛ばした

また、九州電力は業績急改善に加え復配も好感され強い動きとなったほか
三菱自やアルプス電気が売買高をともなって上昇

その一方で、日野自は決算失望で急落し日立金属や神戸鋼、ジェイテクトなども
決算が売り材料となり大幅安
日銀の追加緩和が見送られたことから、地銀株の多くが後場に値を崩していた

日銀が期待を裏切るゼロ回答と、日銀イベントがその後のマーケットの下落を招いたが
米国など海外市場は堅調に推移しており、海外のリスクオンの流れが続けば、
下げを早々に戻す展開もあり得る可能性ありとの指摘も・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日米金融イベントの結果を前に買い手控え気分が強まる中、
持ち高調整や利益確定売りに日経平均は3日続落

この中、決算が買い材料となった信越化学や川崎重工の上昇が目立ったほか
インド子会社の決算が好調だったスズキは自動車株が総じて弱いなか逆行高

また、昨日弱かったマザーズ銘柄はきょうは強く、なかでもグリーンペプは
ストップ高まで買われていた

その一方で、シマノが決算失望で大幅安となったほかSMKや日本車両も
決算を受け大きく売られた
また、今期減収減益見通し発表のイビデンは発表後に一気に値を崩した


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日米中央銀行イベントを週末に控え利益確定売りが続き
日経平均は一時は17,200円まで下落する場面があったが、
引けにかけては押し目買いなどで下げ幅を縮小

この中、決算が好感された信越ポリマーや日立化成、前期減損計上も
営業利益は上振れ見通しとなった日製鋼が急伸

また、株式分割を発表した壱番屋や、中国での病院事業参入が伝わった
日本トリムが強い動き

反面、売買代金トップの三菱自は燃費不適性検査に絡むニュースに急落し
今期減収大幅減益の見通しとなった日立国際が急落

また、決算が失望を誘ったメルコや業績下方修正発表の図研も大きく売られたほか、
投資評価引き下げのあった大阪チタニウムと東邦チタニウムのチタン2社が大幅安


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

先週の大幅高の反動から利益確定売りが優勢の展開となり、
日経平均、TOPIXは5日ぶりに反落したが下値は限定的

主力株が堅調に推移したほか、金融緩和期待から三井不、
東京海上HDなど金融株もしっかり

また、前期が従来計画を上回る着地となった富士通ゼネラルが大幅上昇し
上期の大幅上方修正のシミックHDが急伸し、ストップ高まで買われた

日経平均は3桁の下落とはなったものの、5日線よりは上で引けており、
先週の上昇度合いを考えると、調整の範囲内の下げとの指摘あり・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 25日 ~ 4月 29日 》

25日(月)
【国内】
3月企業向けサービス価格指数(8:50)
《決算発表》
JSR、日立化成、オービック、日本電産、さくら、アパマンショ、石塚硝、
OBC、コクヨ、蝶理、コア、アンジェスMG、高純度化、アマノ、メルコ、A&T、
アクセル、アトム、SPK、キヤノン電、信越ポリ、キヤノンMJ、KABU.COM、
センチュリー21、KIHD、日立国際、エクセディ、篠崎屋
《株式分割》※権利取最終日
ジェネパ、テクノスJPN、ロックフィール
【海外】
北京モーターショー(~5/4)
独4月Ifo景況感指数(17:00)
米3月新築住宅販売件数(23:00)
米4月ダラス連銀製造業活動(23:30)
米2年国債入札
《決算発表》
ハリバートン、アップル
休場: 豪、NZ

26日(火)
【国内】
《決算発表》
エムスリー、コカウエスト、信越化、JFEHD、小糸製、シマノ、キヤノン、東エレク、
東北電、コメリ、GMOクリック、メタウォーター、積水樹、四国化、日本トリム、不二家、
日車輌、昭和飛、東陽テク、岩井コスモ、だいこう、ソフトバンテク、東エレデバ、FFE&C、
Vコマース、トーメンデバ、伊勢化、小野測、ジャパンFなど
【海外】
韓国1-3月期GDP(8:00)
FOMC(~27日)
米3月耐久財受注(21:30)
米2月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米4月サービス業PMI(22:45)
米4月CB消費者信頼感指数(23:00)
米4月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札
《決算発表》
3M、コーチ、P&G、コーニング、フリーポート・マクモラン、AT&T、イーベイ

27日(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~28日)
2月全産業活動指数(13:30)
2年国債入札
《決算発表》
三菱自、川重、任天堂、山パン、キッコーマン、コロプラ、協和キリン、積水化、NRI、
花王、OLC、富士フイルム、日立金、コマツ、日立建機、マキタ、オムロン、アルプス、
キーエンス、スタンレー、ファナック、京セラ、日野自、マツダ、ダイハツ、日立ハイテク、
野村HD、JR各社、中国電、北陸電、大阪ガスなど
【海外】
中国3月工業利益(10:30)
豪1-3月期GDP(10:30)
独5月消費者信頼感(15:00)
仏4月消費者信頼感(15:45)
英1-3月期GDP(17:30)
米3月中古住宅販売仮契約(23:00)
ブラジル中銀政策金利発表
FOMC政策金利発表(27日3:00)
《決算発表》
ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズ、フェイスブック、テキサス・インスツルメンツ、
マリオット、ペイパル・ホールディングス、サンディスク
休場: 南ア

28日(木)
【国内】
日銀政策金利発表
黒田日銀総裁会見(15:30)
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
3月失業率・有効求人倍率、家計調査、消費者物価指数(8:30)
3月商業動態統計、鉱工業生産(8:50)
《決算発表》
野村不HD、富士通、村田製、ソニー、パナソニック、大東建託、ヤフー、アサヒ、
キリンHD、ヒューリック、MonotaRO、スタートトゥ、トヨタ紡織、ガンホー、コーセー、
TOTO、ガイシ、新日鉄住、神戸鋼、豊田織、ナブテスコ、栗田工、ジェイテクト、三菱電、
NEC、エプソン、TDK、デンソー、日東電工、アイシン、ホンダ、リコー、ヤマハ、豊通、
日立キャピ、大和証G、JPX、東武、相鉄HD、小田急、京王、京阪HD、ヤマトHD、郵船、
商船三井、JAL、ANA、NTTドコモ、関電など電力各社、Jパワー、東京ガス、東邦ガスなど
【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
独4月失業者数(16:55)
独4月消費者物価(21:00)
米1-3月期GDP(21:30)
米7年国債入札
《決算発表》
フォード、UPS、ダウ・ケミカル、マスターカード、ギリアド・サイエンシズ、リンクトイン

29日(金)
【国内】
昭和の日
東京市場休場
【海外】
仏1-3月期GDP(14:30)
仏4月消費者物価(15:45)
ユーロ圏3月失業率・1-3月期GDP(18:00)
米3月個人所得・個人支出(21:30)
メキシコ1-3月期GDP(22:00)
米4月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
《決算発表》
シェブロン、エクソンモービル、シーゲイト・テクノロジー


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株安などを受けて下落して始まった日経平均は後場から一変
追加緩和に関する報道を手がかりに銀行株が急伸し大幅上昇
終値で2月3日以来の17500円台を回復
業種別では、銀行、証券、海運が高く、電気・ガス、その他製品が下落

ホテル事業への参入を発表したT&Gニーズが一時ストップ高まで買われ
ラクオリアやメディア工房、データHRなどストップ高となった銘柄も多く、
好地合いのなか、材料のあった銘柄には株価も鋭く反応

その一方で、三菱自はきょうも売りが止まらず大幅安
直近で騰勢を強めていたバイオ関連銘柄には値を崩す銘柄も多く、
グリーンペプは20%を超える大幅下落となったほか、今期営業減益見通しの
総合メディや1Q決算が失望を誘ったモバファクなどが弱い動き

日経平均は、昨日3月につけた高値を上回ってきたことで上値が軽くなってきており
この先ターゲットは、26週線や24カ月線となるが、26週線は今年に入ってから
まだ一度も上回っておらず、ここをクリアできれば、買い勢いは一段と強まりそう・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

外部環境の改善から買い安心感が広がり、ほぼ全面高となり
日経平均は、大幅に3日続伸し終値ベースで2/2以来の高値水準
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1753/値下がり149

この中、原油高を受け国際帝石や石油資源開発が大幅高となったほか
株高で野村HDや大和証Gなど証券株も強い動き

また、日本特殊陶との提携を発表した日本MDMがストップ高となり
上方修正発表の大井電気もストップ高

半面、三菱自がストップ安となったほか、前期営業利益の下方修正を発表した
小林製薬は軟調展開
マクドナルドやマツキヨ、ファミマなど小売の一角にも弱い動きだった

今日の上げで、日経平均は昨年8月以降下落基調からテクニカル面において
いよいよ明確な底打ちが示唆されたとの指摘あり・・・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

外部環境の好転などから買い先行となり、日経平均は一時200円超上昇する
場面があったものの、円が強含み推移したことで利益確定売りで伸び悩み
午後に「三菱自動車が燃費試験の不正行為で会見」と伝わり投資家心理が悪化
日経平均は小幅ながらプラスを保った

その三菱自動車は、一時値幅制限いっぱいまで急落したほか、大株主の
三菱重などグループ各社がマイナスに転じた

反面、政府の産業競争力会議を手がかりにドローン関連が賑わい、
関連ニュースがあったインフォテリアが大幅上昇

また、フィンテック関連として注目を集めたさくらネットやインフォテリアが
それぞれ個別材料を手がかりに商いを集めて急伸

円安一服、マザーズ失速、上海急落、不祥事発生銘柄の急落と
日経平均をマイナスに押し下げるには十分な材料が揃っていたものの
小幅なプラスと奇妙な強さは、売り物が枯れた証左か・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高などから投資家心理好転し、円安ドル高に振れたことから、
企業業績悪化懸念が後退し、幅広く買われた
日経平均は、大幅反発となり昨日の下落幅を埋め戻した

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1792/値下がり118となり
自動車・自動車関連株が堅調な動きとなったほか、業種別では、
銀行、海運、保険の上昇が目立った状況

また、マザーズ指数が7.5%高と非常に強い動きとなり材料のあった
そーせいGやサイバダインが大幅高で、そーせいGは全市場の売買代金トップ

その反面、きのう地震復旧関連として買われた若築建、日本道路などが
利益確定売りなどから軟調な動きだった

日経平均は、25日線を再び上に抜け一目均衡表の雲下抜けも回避するなど、
先高期待が高まる上昇との指摘あり・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

原油安・円高に加えて、熊本地震における企業業績の悪化が懸念され、
日経平均は、一時600円安近くまで下落する大幅続落

この全面安のなか、若築建、ヤマックス、日本鋳鉄管などが大幅高となり
建設や土木、資材関連など、復興関連銘柄には強い買いが入っていた

また、1Q業績好調観測が報じられたモバファクが急伸し、新作ゲームの好調が
伝わったアクセルマークはストップ高まで買われるなど、ゲーム株の一角が強く、
DWTIやシンバイオなどバイオ関連にも買われる銘柄が目立っていた

日本株にとってネガティブな材料が続出し、今日の大幅下落は仕方のないところだが
日経平均が大きく下げるなかでもマザーズ指数がプラスで終えたのは明るい材料
新興市場の堅調は引き続き日本株の下支え材料となりそう・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 18日 ~ 4月 22日 》

18日(月)
【国内】
《決算発表》
ライフフーズ、東天紅
【海外】
インド3月卸売物価(15:30)
米4月NAHB住宅市場指数(23:00)
《決算発表》
モルガン・スタンレー、ネットフリックス、IBM
休場: ベトナム

19日(火)
【国内】
5年国債入札
《決算発表》
東製鉄、いちごHD、アコモF
《新規上場》
グロバウェイ
【海外】
韓国中銀政策金利発表
独4月ZEW景況感指数(18:00)
米3月建設許可件数・住宅着工件数(21:30)
《決算発表》
ジョンソン・エンド・ジョンソン、ゴールドマン・サックス、インテル、
VMウェア、インテューイティブ・サージカル
休場: インド

20日(水)
【国内】
3月貿易統計(8:50)
3月コンビニエンスストア売上高(16:00)
3月訪日外客数
《決算発表》
安川電、日鋳造、エンプラス、KOA
《新規上場》
スターアジア不動産
【海外】
豪3月景気先行指数(9:30)
英3月失業率(17:30)
トルコ中銀金融政策決定会合(金利発表、20:00)
ブラジル3月経常収支(22:30)
米3月中古住宅販売件数(23:00)
《決算発表》
U・S・バンコープ、コカ・コーラ、クアルコム、アメリカン・エキスプレス、
ニューモント・マイニング、ヤム・ブランズ

21日(木)
【国内】
20年国債入札
《決算発表》
サイバエージ、光世証、BEENOS、スーパーツール、小松ウオル、DNAチップ、総合メディ
《新規上場》
ジャパンミート
【海外】
インドネシア中銀政策金利発表
英3月小売売上高(17:30)
ECB理事会(政策金利発表、20:45)
ドラギ総裁会見(21:30)
米4月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米3月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米2月FHFA住宅価格指数(22:00)
米3月CB景気先行総合指数(23:00)
米5年インフレ連動国債入札
《決算発表》
パルト・グループ、D.R.ホートン、アンダーアーマー、ベライゾン、GM、スターバックス、
ビザ、シュルンベルジェ、トラベラーズ・カンパニーズ、アルファベット、ニューコア、マイクロソフト
休場: ブラジル

22日(金)
【国内】
4月日経PMI製造業(11:00)
2月第三次産業活動指数(13:30)
《決算発表》
中外薬、富士通ゼ、ジャフコ、モバファク、アクシーズ、ユアテック、サーティワン、ベクター、
JIEC、アジュバン、太洋工業、東邦レマック、モーニングスタ
【海外】
ユーロ圏財務相会合(アムステルダム)
EU財務相理事会(アムステルダム、~23日)
仏・独・ユーロ圏4月PMI速報値(16:00~17:00)
米4月製造業PMI(22:45)
《決算発表》
GE、マクドナルド、キャタピラー


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安推移は継続されたものの、週末特有の持ち高調整や利益確定売りに
手控え気分も強ま展開で、日経平均は4日ぶりに反落

この中、前期大幅増益着地で今期2桁増益見通しのレナウンが大幅上昇し
キリン堂HDやクリレスHD、ブロンコビリーなども決算を受け大きく買われていたほか
株式分割を発表したロック・フィールドやキャリアリンクも大幅高

また、熊本の震災を受け、若築建設や西部電気工業など、九州方面に実績のある
インフラ関連銘柄が物色され、ヤマウはストップ高まで買われていた

今週の日経平均週間騰落率は+6.5%と、2月第3週(2/15~19)の+6.8%に
次いで今年2番目に高い水準

その2月はその後も週間での上昇が続き、3月第1週まで3週続伸となったことから
今週、このような強い動きが出た以上、その勢いは持続しやすいかも・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安継続に加え、アジア株の堅調推移していることから上げ幅を拡大
日経平均は大幅に3日続伸となり、直近3日間で上昇幅は1,100円超

新日鉄住金やダイキン工業などの大型株中心に買い進められたほか、
ファストリ、ファナックなどの値がさ株が指数を押し上げた

また、政府がほぼゼロ金利で民間企業に融資するとの報道を手がかりに、
JRなどインフラ関連にも買いが向かっていたほか、韓国LGの有機ELテレビ
新製品発表を材料に保土谷化学やケミプロ化成など有機EL関連銘柄が急騰

明日は大幅上昇の週の週末に加え、G20、週末の産油国会合など、為替や
原油価格に関しても思惑が絡みやすく、引き続きボラティリティの大きな展開か・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安が進行したことや中国株高なども買い安心感を強め
日経平均は大幅続伸となり一時16,400円台まで上昇
東証1部騰落銘柄数は値上がり1683/値下がり195と買い優勢

この中、銀行株が連日の上昇で三菱UFJや三井住友が大幅高となり
金融では上方修正発表のオリコなども急伸

また、きのう上昇ながらも大きな陰線を形成した小野薬が、証券会社の
目標株価引き上げもあり商いを伴って大幅に上昇

ドル円も円安方向に振れ、下値不安は相当和らいできているものの
個別銘柄では、昨日今日の上昇で25日線までの戻りを達成し、
一定の達成感は出てきているとの指摘あり・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高進行が一服となったことから、売られ過ぎ銘柄を中心に物色され
幅広く上昇し、日経平均は反発
東証1部騰落銘柄数は、値上がり1331/値下がり515と買い優勢

この中、がん免疫治療薬「オプジーボ」の見通しを発表した小野薬品が
5%近い上昇で全市場の売買代金トップ
また、投資判断の引き上げのあった大塚HDや今期大幅増益見通しの吉野家HD、
前期上振れ着地のコーナン商事などが大幅高

きょうのマザーズ指数は後場に下落に転じており、物色の主役をいったん
主力株にバトンタッチしたような動きにも見えそうとの指摘あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高進行が一服となったことや中国株などの上昇から、押し目買いなどで
下げ幅を縮小したものの、売買代金は1兆8600億円と低調で
日経平均は、3日ぶりに反落

主力輸出株が軟調だったほか、三菱UFJFG、東京海上HDなどの
金融株もさえない動き

また、業績下方修正発表のパソナGが急落となったほか、島忠やサムティなども
決算が失望材料となり大きく売られていた

反面、マザーズの強い動きが続くなか、ジグソーやモルフォなど、自動運転や
ドローン関連の銘柄が商いを集めて大幅上昇
ジャスダック銘柄でもアイサンテクやドーンなどが急伸となっていた

日経平均の下げ幅は一時300円近くに達し、後場から値を戻して下げ渋ったように
見えるものの、総崩れの1歩手前のような気がして・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 11日 ~ 4月 15日 》

11日(月)
【国内】
2月機械受注(8:50)
《決算発表》
ABCマート、コスモス薬品、U.S.M.H、吉野家HD、ベルク、フジ、4℃HD、ヒトコム、
ジェイコムHD、三栄建築、柿安本店、東武ストア、ローツェ、プロパスト、北興化、
ノダ、ドーン、シーヴイエス、三機S、一六堂、マルマエ、京進、サダマツ、東武住販、
アクトコール、パスポート、買取王国、ダイヤD
【海外】
中国3月消費者物価・生産者物価(10:30)
《決算発表》
アルコア

12日(火)
【国内】
10年物価連動国債入札
《決算発表》
良品計画、イズミ、高島屋、ビックカメラ、ライフコーポ、アークス、近鉄百、ホギメディ、
プレナス、ベル24HD、大黒天、ニッケ、パル、コーナン商事、スター精、ハローズ、
ダイト、CSP、住江織、ユーシンリソー教育、MORESCO、OlympicG、中北製、
リベレステ、アルバイトタイ、オオバ、津田駒、イワキ、ラクトJPNなど
【海外】
英3月消費者物価(17:30)
ブラジル2月小売売上高(21:00)
インド3月消費者物価指数・2月鉱工業生産(21:00)
米3月輸入物価(21:30)
米3月財政収支(13日3:00)
米3年国債入札

13日(水)
【国内】
3月国内企業物価指数(8:50)
3月マネーストック(8:50)
《決算発表》
イオン、ローソン、オリックスJRE、イオンモール、GLP、イオンディライ、ディップ、
ガリバー、サイゼリヤ、TSIHD、歌舞伎、SFPダイニン、わらべや、ファンタジー、
MV各社、ジーフット、大庄、リテールPT、進和、サンデー、トレファク、ワッツ、
天満屋ス、モバクリ、コックス、リーバイス、ファンドクリG、ホクリヨウなど
【海外】
中国3月貿易収支
韓国総選挙
ユーロ圏2月鉱工業生産(18:00)
米3月小売売上高(21:30)
米3月生産者物価(21:30)
カナダ銀行翌日物貸出金利(23:00)
ベージュブック
米10年国債入札
《決算発表》
JPモルガン・チェース
休場: タイ(旧正月、~15日)、韓国

14日(木)
【国内】
3月首都圏新規マンション発売(13:00)
30年国債入札
《決算発表》
日本リテール、NMF、東宝、ウエルシアHD、ヒューリックRE、松竹、クリレスHD、
ドトル日レス、SFoods、松屋、ブロンコB、ベクトル、SIAリート、千代インテ、キャンドゥ、
モリト、アデランス、テラスカイ、古野電、ヤマザワ、ウエストHD、ヤマダSXL、
アオキスーパー、シニアリビンク、佐鳥電機、タマホーム、ロゼッタ、ヴィレッジV、
Gunosy、SHIFTなど
【海外】
豪3月失業率(10:30)
BOE金融政策委員会(政策金利発表、20:00)
米3月消費者物価(21:30)
米30年国債入札
G20財務相・中央銀行総裁会議(~15日ワシントン)
《決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ
休場: インド、タイ

15日(金)
【国内】
《決算発表》
ゲンダイAG、ゲンキー、日置電、安川情報、ハウスリート、レイ、トーヨーアサノ、ハウスレジ
《新規上場》
エディア
【海外】
中国1-3月期GDP(11:00)
中国3月鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資(11:00)
国際通貨基金(IMF)・世銀春季総会(~17日ワシントン)
米4月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米3月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米4月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)
米2月対米証券投資(16日5:00)
《決算発表》
シティグループ
休場: インド、タイ


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安を嫌気したスタートとなったものの、SQ通過後は押し目買いが優勢
円高一服に、日経平均は一時16,000円を回復する場面があり続伸となり
マザーズ指数が3日続伸で年初来高値を更新

この中、会長が退任となったセブン&アイが商いを集めて大幅高となったほか
ヤフーやJTなどが買われ、東京エレクやミネベアなど外需にも強い動き

また、ストップ高となったそーせいが連日の急騰し全市場の売買代金でもトップに
マザーズ市場が賑わう中、アンジェスMGやアカツキ、ジグソーなどが大幅上昇

来週は、円高修正の動きに期待が掛かる一方で、投機マネー主導でもう一段の
円高進行も警戒され、為替にらみの地合いは続きそう・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高進行が嫌気され輸出関連株に売りが続いた半面、値ごろ感から薬品や
水産株などの内需関連株が下支えし、日経平均は8日日ぶりに小幅反発

子会社が製薬大手アラガンと開発・販売提携したそーせいGがストップ高し
他の創薬系銘柄にも商いを集めて急伸する動き

反面、3月度の月次が軟調であったすかいらーくが大幅安となったほか
下方修正を発表したエヌ・ピー・シーやオリンピック、1Q減収減益着地の
サーラコーポなどが弱い動き

ドル円が109円を割り込む場面があったにもかかわらず、株式市場では
それほどネガティブ視されなかったことは好感できる動きか・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高一服が好感される場面もあったものの模様眺め気分が一層強まり
日経平均は7日続落

三井物産や国際帝石などの資源・エネルギー関連が軟調だったほか、
JR東海、三井不などの内需株もさえない展開

また、グリーンペプや3Dマトリックス、リボミックなどバイオ関連の一角が大幅安
業績下方修正の東洋電が急落し、東証1部値下がりトップ

ドル円の109円台突入した動きを受けて、大幅安になると思っていたが、
それほど下げていないから底堅いのではなく、参加者不在で動意が少なかっただけ
日本株は見捨てられた状況が継続中・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高推移が止まらなかったことや、16,000円大台をあっさりと割り込み
投資家心理が一層悪化し、日経平均は6日続落となり
2/12以来の安値水準に沈んだ

東証1部の騰落銘柄数は値上がり43/値下がり1896とほぼ全面安
トヨタが連日の年初来安値となったほか、ファストリが5日続落となり、
指数を押し下げた

4月に入って3営業日で日経平均の下げ幅は1,000円を超えきて
今年1月4日から6日までの3営業日の下げは約842円と、
不気味な急落をみた年初の時よりも厳しい下げ

先物主導で株が売られ、株が売られる事で円高になり、円高になって
株が売られる悪循環
先物売りが止まらないと海外市場が高くても、円安になっても
下落がとまらないということか・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円の強含みが重しとなり上値を抑えた一方、政策期待などから
押し目買いが散発的に入り、前週末終値を挟んだ動きだったが
結局、日経平均は5日続落

この中、リチウムイオン開発報道を手がかりにカネカが急伸となったほか
1Q決算発表と同時に通期業績を上方修正した象印や、CB発行と
自己株取得を発表したソディックなども強い動き

また、出願特許が米国で特許査定を受けたと発表したナノキャリアが急騰し、
決算発表した西松屋チェーンは発表後に上げ幅を拡大していた

反面、決算が失望材料となったジーンズメイトや、前期業績の下方修正を発表した
レーサム、ネオスなどが大幅安

日経平均は、今日の下落で日足一目均衡表の雲の中から下に抜けたており
さらなる下振れが警戒される動きでは・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 4月 4日 ~ 4月 8日 》

4日(月)
【国内】
日銀量的・質的金融緩和導入から3年
3月マネタリーベース(8:50)
《決算発表》
アダストリア、キユーピー、クリエイトSDH、しまむら、カネコ種、KTK、
あさひ、三協立山、不二越、ナガイレーベ、西松屋チェ、オークワ
【海外】
豪2月小売売上高(10:30)
米2月製造業受注指数(23:00)
休場: 中国、香港(清明節)、台湾

5日(火)
【国内】
2月毎月勤労統計調査(9:00)
3月日経PMIサービス業(11:00)
10年国債入札
《決算発表》
サンエー、スギHD、エスプール、バイク王、川口化、瑞光、フロイント、東洋電、
マルカキカイ、ハイデ日高、ケーヨー、トーセイ
《新規上場》
HyAS&C
【海外】
豪2月貿易収支(10:30)
豪州準備銀行理事会(金利発表、13:30)
インド準備銀行金融政策決定会合(金利発表、14:30)
独2月製造業受注(15:00)
ユーロ圏2月小売売上高(18:00)
米2月貿易収支(21:30)
米3月ISM非製造業景況指数(23:00)
休場: 台湾

6日(水)
【国内】
2月景気動向指数(14:00)
《決算発表》
エヌピーシー、ダイセキ、ダイセキソリュ、暁飯島、サーラ、東京個別、技研製、
小津産業、パルコ、BS11
【海外】
中国3月財新PMIサービス業(10:45)
独2月鉱工業生産(15:00)
3月15・16日開催のFOMC議事録
《決算発表》
モンサント、ベッド・バス・アンド・ビヨンド
休場: タイ

7日(木)
【国内】
日銀支店長会議
さくらレポート
3月都心オフィス空室率(11:00)
《決算発表》
Jフロント、7&iHD、OSG、ファミリーマート、ファーストリテ、KG情報、北雄ラッキー、
シーズメン、ワンダーCO.、メディアドゥ、創 通、トーセ、クリーク&リバ、放電精密、
エコトレディン、くろ工、タカキュー、リンガハット、ポケットC、UCS、毎コムネット、
インテリックス、AIT、乃村工、テーオー、カンセキ
【海外】
ECB理事会の議事要旨(3月10日開催分)
仏2月貿易収支(15:45)
米2月消費者信用残高(8日4:00)
イエレンFRB議長がパネル討議に参加(8日6:30)

8日(金)
【国内】
2月国際収支(8:50)
3月消費動向調査(14:00)
3月景気ウォッチャー調査(15:00)
オプションSQ
《決算発表》
久光薬、ユニーGHD、福岡リート、島忠、サカタのタネ、チヨダ、オンワードHD、
DCM、竹内製作、マニー、ワキタ、コシダカHD、パソナ、明光ネット、サムティ、
薬王堂、マルゼン、ブロッコリー、大有機、ファーストコポ、エコス、デザインワン、
マックハウス、Fブラザース、フェリシモ、ハブ、IGポート、ANAPなど
《新規上場》
丸八HD
【海外】
仏2月鉱工業生産(15:45)
英2月鉱工業生産・貿易収支(17:30)
ブラジル3月消費者物価(21:00)
米2月卸売在庫(23:00)
休場: インド


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

3月調査の日銀短観が発表され、企業の景況感が悪化したことから
円高推移も重しとなり、日経平均は4日続落
今年4番目に大きい下げ幅となり、ほぼ全面安

日銀短観では、大企業・製造業の業況判断指数が市場予想を下回り
2四半期ぶりに悪化し、2016年度の収益計画も減益予想

輸出主力株が大幅安となり、売上高拡大目標は取り下げたパナソニックが急落し
業績悪化の日本板硝子が大幅反落したほか、電子部品株や自動車、
電機セクターなど軒並み売られた

日経平均株は25日線を下回り、もみ合い相場からいったん下放れる格好
短期的には調整が長引く可能性が高くなった局面入り・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!