貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
市場スケジュール 《 8月 1日 ~ 8月 5日 》

1日(月)
【国内】
7月自動車販売台数(14:00)
《決算発表》
亀田製菓、寿スピリッツ、プリマハム、ハードオフコーポレーション、日本たばこ産業、
東急不動産ホールディングス、トリドール、GMOクラウド、日本曹達、東ソー、セントラル硝子、
イビデン、EPSホールディングス、塩野義製薬、アンジェスMG、大正製薬ホールディングス、
中国塗料、伊藤忠テクノソリューションズ、大塚商会、ポーラ・オルビスホールディングス、
旭硝子、合同製鐵、住友電気工業、三浦工業、日本精工、大崎電気工業、日本光電工業、
キーエンス、NOK、ネットワンシステムズ、大建工業、住友商事、あおぞら銀行、
三菱UFJフィナンシャル・グループ、ベネッセホールディングス
【海外】
IOC総会で2020年東京オリンピック・パラリンピックの追加種目が決定(~8/4)
中国7月製造業PMI(10:00)
中国7月非製造業PMI(10:00)
中国財新7月製造業PMI(10:45)
米6月建設支出(23:00)
米7月ISM製造業景況指数(23:00)
《米決算発表》
バルカン・マテリアルズ、アライアント・エナジー、ロウズ、マイクロチップ・テクノロジー
休場: カナダ

2日(火)
【国内】
7月マネタリーベース(8:50)
7月消費動向調査(14:00)
10年国債入札
《決算発表》
山崎製パン、双日、キッコーマン、カゴメ、ニチレイ、帝人、旭化成、王子ホールディングス、
レンゴー、ステラ ケミファ、三井化学、セプテーニ・ホールディングス、小野薬品工業、
参天製薬、ノエビアホールディングス、出光興産、東海カーボン、古河電気工業、オイレス工業、
日本金銭機械、セガサミーホールディングス、ミネベア、ダイヘン、カシオ計算機、本田技研工業、
ヤマハ、伊藤忠商事、三菱商事、ゴールドウイン、住友不動産販売、エヌ・ティ・ティ都市開発、
京王電鉄、KDDI
【海外】
豪州準備銀行理事会
米6月個人所得(21:30)
米6月個人支出(21:30)
《米決算発表》
ナイソース、シーゲイト・テクノロジー、エトナ、ファイザー、モルソン・クアーズ、P&G、
モザイク、カミンズ、エコラボ、デボン・エナジー、AIG、エレクトロニック・アーツ、ファーストソーラー

3日(水)
【国内】
6/15・16開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
《決算発表》
インベスターズクラウド、カルビー、明治ホールディングス、ワールドホールディングス、グンゼ、
アドウェイズ、サッポロホールディングス、アサヒグループホールディングス、日清オイリオグループ、
日本製紙、日本触媒、三菱瓦斯化学、東京応化工業、ダイセル、科研製薬、エーザイ、ライオン、
クボタ、オルガノ、椿本チエイン、JUKI、ツバキ・ナカシマ、オプテックス、太陽誘電、日本ケミコン、
スズキ、富士重工業、オリンパス、美津濃、三井物産、新生銀行、京浜急行電鉄、富士急行、
ANAホールディングス、テレビ東京ホールディングス
【海外】
米7月ADP雇用統計(21:15)
米7月ISM非製造業景況指数(23:00)
《米決算発表》
ノーブル・エナジー、タイムワーナー、エクセル・エナジー、ヒューマナ、メットライフ、
アメリカン・ウォーター・ワークス

4日(木)
【国内】
10年物価連動国債入札
《決算発表》
国際石油開発帝石、日本海洋掘削、NIPPO、協和エクシオ、カカクコム、キリンホールディングス、
サントリー食品インターナショナル、アルフレッサ ホールディングス、ジョイフル本田、グリー、
大陽日酸、ツムラ、テルモ、ゼリア新薬工業、免疫生物研究所、楽天、JXホールディングス、
鬼怒川ゴム工業、ディスコ、荏原製作所、酉島製作所、能美防災、ホーチキ、エレコム、
いすゞ自動車、トヨタ自動車、ヤマハ発動機、ニコン、バンダイナムコホールディングス、
エイベックス・グループ・ホールディングス、三井不動産、三菱地所、東京建物、ローム
西武ホールディングス、ワイヤレスゲート、エヌ・ティ・ティ・データ
【海外】
BOE金融政策委員会
《米決算発表》
チェサピーク・エナジー、デューク・エナジー、ケロッグ、シマンテック、エヌビディア、
バイアコム、モンスター・ビバレッジ

5日(金)
【国内】
6月毎月勤労統計調査(9:00)
6月景気動向指数(14:00)
《決算発表》
極洋、日本水産、石油資源開発、東急建設、コムシスホールディングス、大成建設、大林組、
東鉄工業、ミクシィ、森永乳業、六甲バター、伊藤ハム米久ホールディングス、東洋紡、東レ、
博報堂DYホールディングス、大戸屋ホールディングス、JPホールディングス、永谷園ホールディングス、
ブックオフコーポレーション、コスモ・バイオ、SUMCO、モブキャスト、トーモク、日産化学工業、
三菱ケミカルホールディングス、住友ベークライト、秀英予備校、シダックス、アース製薬、日本農薬、
フマキラー、住友大阪セメント、DOWAホールディングス、東芝機械、アマダホールディングス、
DMG森精機、日特エンジニアリング、中村超硬、日精樹脂工業、蛇の目ミシン工業、京三製作所、
ザインエレクトロニクス、パイオニア、ヨコオ、ホシデン、新電元工業、シスメックス、日本マイクロニクス、
日本セラミック、芝浦電子、KYB、ケーヒン、タカタ、ユナイテッドアローズ、島津製作所、リコー、
アシックス、ツツミ、丸紅、ユアサ・フナショク、兼松、岩谷産業、ユニ・チャーム、大塚家具、
AOKIホールディングス、クレディセゾン、セブン銀行、イオンフィナンシャルサービス、ジャックス、
住友不動産、レオパレス21、明和地所、住友倉庫、日本電信電話、セコム、スズケン、
スクウェア・エニックス・ホールディングス
【海外】
米7月雇用統計(21:30)
米6月貿易収支(21:30)
米6月消費者信用残高(8/6 4:00)
ブラジル・リオデジャネイロオリンピック開催(~8/21)


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日銀金融政策決定会合の発表を受け、失望感から一時大幅安となったが
ETFの買い入れ額を6兆円に増額することやマイナス金利維持が決定し、
銀行への業績悪化懸念が後退し、日経平均は反発

三菱UFJと三井住友がそろって7%を超える大幅上昇となったほか
地銀株にも軒並み買いが入り、第一生命やかんぽ生命など保険株も急伸

また、1Q大幅減益も自己株取得が好感された野村HDが大幅高となり
日立マクセルやアイシン精機、日立物流などが決算を受け値を飛ばしていた

今回、日銀の追加緩和があっても内容によっては売られると思っていたが
蓋をあけてみれば、ETFの買い入れ増額という物足りない内容
金融政策だけで株価を上げ続けることは無理なので、後は政府の経済対策次第・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高進行を嫌気して幅広い銘柄に売りが先行
昨日上昇した反動もあり、手控え気分が強いなか日経平均は反落

この中、決算内容が好感された銘柄に強い買いが入り、アドバンテストや
アルプス電が大幅高となり九電工が急伸し東証1部の値上がり率トップ

また、1Qの営業利益が前年同期比倍増との日経観測が報じられた不二製油や、
有価証券売却に伴い大幅増配を発表したファンケルなども急伸

明日は日銀金融政策決定会合
今回は、事前にヘリコプター・マネーや50年債発行などの観測の浮上に、
政府の経済対策と追加緩和がセットとの見方や、28兆円超の経済対策話と、
追加緩和は有の前提で動いているが、如何なることやら・・・・・・・?

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高一服や日銀による追加緩和観測を好感し日経平均は4日ぶりに反発
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1403/値下がり457と買いが優勢

1Q決算が好感された信越化学が大幅上昇に7,000円台回復し年初来高値を更新
また、上期に営業増益を達成するとの日経観測が報じられた三井化学も大幅高

市場予想を上回る米アップル決算を受け、村田製やアルプス電などに買いが入ったほか
「ポケモンGOプラス」の製造担当メーカーとの見方からミツミ電機がストップ高

経済対策の事業規模が27~28兆円規模になるとの大きな材料が出たことから、
今週末の日銀金融政策決定会合への期待は一段と高まる展開へ・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株安や急激な円高を受け、幅広い銘柄が売られた展開

日経平均は、下げ幅を縮める場面もみられたが、大引けにかけては
売り直されて3日続落
東証1部の騰落銘柄数は値上がり405/値下がり1470と売りが優勢

この中、米スプリント株の急騰を好感したソフトバンクが強い動きとなったほか
日本電産は年初来高値を更新

任天堂はプラスに転じた一方で、関連銘柄として買われていた銘柄の多くは
売りが止まらず、シライ電子やSKジャパン、サノヤスHDなどがストップ安

今週末に日銀が何らかの手を打つとの見方は根強く、それであれば大きくは
円高には振れづらいはずだが、追加緩和実施なら買いが入りやすい金融株や
不動産株などが弱く、緩和期待自体が萎んだような動きとの指摘あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高や円安を背景に買い先行スタートしたが買い一巡後は材料難のなか
円高傾斜や任天堂がストップ安となったこともあり日経平均は小幅続落したが
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1166/値下がり697と買いが優勢

この中、日経新聞の業績観測を手がかりに王子HDが大幅上昇となり
大王や三菱、巴川など他の製紙メーカーにも買いが波及し紙・パルプが騰落率トップ

また、富士通ゼネラルや東京製鉄が決算内容を評価され買われていたほか、
マツダが業績観測が市場予想を上回り大幅高
「モンスターストライク」の映画化を発表したミクシィや、1Q営業利益が
従来計画を上回ったKOAなどが強い動きだった

短期的には任天堂および「ポケモン」関連銘柄には売り圧力が強まりやすく、
他に資金の受け皿となる銘柄が出てこなければ、市場が閑散としていた頃に
逆戻りしかねないとの指摘も・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 25日 ~ 7月 29日 》

25(月)
【国内】
6月貿易統計(8:50)
《決算発表》
三井ホーム、さくらインターネット、JSR、カイノス、東洋機械金属、メルコホールディングス、
KOA、キヤノン電子、信越ポリマー、コクヨ、椿本興業、カブドットコム証券、タカラレーベン、
トランコム、メタウォーター、共成レンテム
【海外】
独7月Ifo景況感指数(17:00)
米2年国債入札
米7月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
米大統領選挙民主党全国大会で党候補を正式指名(~7/28)
《米決算発表》
テキサス・インスツルメンツ、イーストマンケミカル

26日(火)
【国内】
6月企業向けサービス価格指数(8:50)
40年国債入札
《決算発表》
日清製粉グループ本社、エムスリー、信越化学工業、四国化成工業、栄研化学、
JCRファーマ、さくらケーシーエス、総合メディカル、富士通コンポーネント、SMK、
日本車輌製造、シマノ、キヤノン、蝶理、コメリ、関西アーバン銀行、オリックス、
松井証券、大京、セゾン情報システムズ
【海外】
FOMC(~7/27)
米5月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月新築住宅販売件数(23:00)
米7月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米7月CB消費者信頼感指数(23:00)
米5年国債入札
《米決算発表》
フリーポート・マクモラン、イーライリリー・アンド・カンパニー、マクドナルド、アップル、
ユナイテッド・テクノロジーズ、バレロ・エナジー、レイノルズ・アメリカン、アンダーアーマー、
ベライゾン・コミュニケーションズ、キャタピラー、3M、ジュニパーネットワークス

27日(水)
【国内】
《決算発表》
九電工、ルネサンス、バリューコマース、宝ホールディングス、コロプラ、ベリサーブ、
ドリコム、日本ゼオン、日立化成、大日本住友製薬、オービック、ソフトバンク・テクノロジー、
富士フイルムホールディングス、ファンケル、タカラバイオ、横河ブリッジホールディングス、
弁護士ドットコム、日立建機、アルプス電気、日本トリム、日本航空電子工業、アルパイン、
アドバンテスト、スタンレー電気、富士通フロンテック、ファナック、日産自動車、任天堂、
三菱自動車工業、日産車体、エイチ・ツー・オーリテイリング、三井住友フィナンシャルグループ、
大和証券グループ本社、スパークス・グループ、西日本旅客鉄道、サカイ引越センター、
ミスミグループ本社
【海外】
英4-6月期GDP(17:30)
米6月耐久財受注(21:30)
米6月中古住宅販売仮契約(23:00)
《米決算発表》
ザコカ・コーラカンパニー、コーニング、アルトリア・グループ、コムキャスト、ボーイング、
アムジェン、フェイスブック、ザイリンクス、マリオット・インターナショナル

28日(木)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~7/29)
2年国債入札
《決算発表》
大東建託、パナホーム、GCAサヴィアン、エス・エム・エス、不二家、MonotaRO、オムロン、
新日鉄住金ソリューションズ、味の素、ハウス食品グループ本社、ヒューリック、マキタ、
野村不動産ホールディングス、TIS、enish、日本合成化学工業、積水化学工業、
アイカ工業、野村総合研究所、Jストリーム、ドリームインキュベータ、花王、生化学工業、
オリエンタルランド、ヤフー、コニカミノルタ、小林製薬、MARUWA、新日鐵住金、大阪製鐵、
日立金属、大阪チタニウムテクノロジーズ、フジクラ、ツガミ、ニューフレアテクノロジー、
ペガサスミシン製造、小松製作所、アイチコーポレーション、三菱電機、富士電機、SCSK、
芝浦メカトロニクス、富士通、セイコーエプソン、アンリツ、フォスター電機、カプコン、
日立マクセル、本多通信工業、双信電機、新光電気工業、京セラ、村田製作所、アコム、
日野自動車、カッパ・クリエイト、三菱鉛筆、三井住友トラスト・ホールディングス、アイネス、
日立キャピタル、野村ホールディングス、日本取引所グループ、マネックスグループ、大阪瓦斯、
ゴールドクレスト、アパマンショップホールディングス、東武鉄道、阪急阪神ホールディングス、
日立物流、日本テレビホールディングス、ソフトバンクグループ 、SBIホールディングス
【海外】
米7年国債入札
米7月カンザスシティ連銀製造業活動(00:00、7/29)
《米決算発表》
インターナショナル・ペーパー、スキャナ、ダウ・ケミカル、ベーカー・ヒューズ、
フォード・モーター、CMEグループ、マスターカード、アマゾン・ドット・コム、ベリサイン、
KLAテンコー、アルファベット、ファーストエナジー

29日(金)
【国内】
6月消費者物価指数(8:30)
6月失業率・有効求人倍率(8:30)
6月家計調査(8:30)
6月鉱工業生産(8:50)
6月住宅着工件数(14:00)
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
黒田日銀総裁会見
GPIFが平成27年度の運用実績と平成26年度末の保有銘柄を発表
《決算発表》
ミライト・ホールディングス、四電工、きんでん、三井製糖、江崎グリコ、ヤクルト本社、
日本ハム、綜合警備保障、夢真ホールディングス、アウトソーシング、ぐるなび、セリア、
スタートトゥデイ、三越伊勢丹ホールディングス、富士紡ホールディングス、トヨタ紡織、
日本調剤、ワコールホールディングス、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、eBASE、
Aiming、住友化学、トクヤマ、協和発酵キリン、宇部興産、日本化薬、武田薬品工業、HOYA、
アステラス製薬、持田製薬、みらかホールディングス、第一三共、UMNファーマ、ダスキン、
フジ・メディア・ホールディングス、ワタベウェディング、早稲田アカデミー、WOWOW、マンダム、
日本板硝子、日本電気硝子、日本カーボン、TOTO、神戸製鋼所、東京鐵鋼、オークマ、
牧野フライス製作所、島精機製作所、三菱化工機、栗田工業、日立製作所、西芝電機、
ジーエス・ユアサコーポレーション、日本電気、沖電気工業、パナソニック、シャープ、マツダ
日立国際電気、ソニー、TDK、クラリオン、デンソー、日東電工、三菱重工業、川崎重工業、
FPG、富山第一銀行、ヒロセ通商、新明和工業、日信工業、カルソニックカンセイ、アイシン精機、
豊田合成、黒田電気、グローバルダイニング、大研医器、パラマウントベッドホールディングス、
アートネイチャー、マーベラス、東京エレクトロン、サンリオ、りそなホールディングス、京都銀行、
みずほフィナンシャルグループ、小田急電鉄、京成電鉄、東日本旅客鉄道、日本通運、日本郵船、
ヤマトホールディングス、山九、商船三井、日本航空、NTTドコモ、関西電力、東京瓦斯、松屋フーズ、
東京都競馬、帝国ホテル、コナミホールディングス、オートバックスセブン、王将フードサービス
【海外】
ユーロ圏4-6月期GDP(18:00)
ユーロ圏6月失業率(18:00)
米4-6月期GDP(21:30)
米7月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
《米決算発表》
メルク、タイコ・インターナショナル、エクソンモービル、シェブロン


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株安や円高を受け、売り優勢のなか週末で持ち高調整の売りもあり
日経平均は反落となり、一時16500円台央まで下落する場面もあった
東証1部の騰落銘柄数は値上がり515/値下がり1322と売りが優勢

盛り上がりを見せている「Pokémon GO」がいよいよ国内で配信開始となり
コラボレーションが好感された日本マクドナルドが上昇し売買代金が
任天堂に次いで2位と大商い

任天堂の売買代金は7,260億円と、東証1部全体の売買代金の30%を占め
ニュースでも連日取り上げられ、官房長官がゲームについて言及し、
経済ニュースがゲームの配信開始をこぞって報じるなど、異例の出来事

しかし、ゲームを進めるために自らが移動する必要があるというのは
スマホゲームの利点の、いつでもどこでも楽しめる手軽さがないため
今は盛り上がっているけれども定着するかどうかは疑問との声も・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高に加え、円安進展に日経平均は反発
大規模な経済対策を検討と一部報道で伝えられたこともあり、
一時は16900円台前半まで上昇する場面もあった

円安進行を好感しホンダやマツダなどが大幅高となったほか
1Q営業利益が期初計画を上回ったと報じられたミネベアが急伸し、
日精工やジェイテクトなど他の軸受株にも買いが波及

また、1Q大幅営業減益の安川電も見通し据え置きが好感されて上昇し
カジノ思惑が高まり、オーイズミや金銭機、マミヤOPが値を飛ばしていた

日経平均は5日ぶりに陰線を形成したが、引けにかけては持ち直す動きで
前場は上値が重く後場は失速も警戒されたが、崩れなかったことから
地合いの良さが再確認できたのでは・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

日経平均は7日ぶりに反落し16,500円に迫る場面もあったものの、
米国株高や政策期待から底堅く推移し大引けにかけて下げ渋った
東証1部の騰落銘柄数は値上がり972/値下がり820と買い優勢

今日も任天堂の売買代金は7300億円を超え、連日の大商いとなり
東証1部全体の約27%を占めたが株価は急落

その反面、昨日大きく下げたLINEやソフトバンクがしっかりとなったほか
新たに「ポケモンGO」関連との見方が強まった日本マクドナルドが急伸し
同関連銘柄では、イマジカロボやサノヤスHDなどは商いを集めて上昇


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高や円安を好感して日経平均は6日続伸となり6/8以来の高値水準

今日も「ポケモンGO」の海外大ヒットをはやす動きが続くなか、
任天堂、イマジカロボット、サノヤスHDが続伸し、思惑などを含め
玩具メーカーも賑わい、ハピネットやタカラトミーがストップ高まで買われていた

また、子会社が「ポケモンGO」などの通信料を1年間無料にできる新サービスを発表した
フリービットもストップ高となるなど、関連銘柄の裾野が広がっていた

任天堂の売買代金は7,000億円を超え、東証1部全体の23%を占める超大商いに
株価は、ゲーム配信前の2倍超えとなる30,000円突破

その一方で、、大型買収を発表したソフトバンクが10%超の大幅下落となったほか
LINEが急落し、アドウェイズやネットイヤーなどLINE関連には見切り売りが続いていた

日経平均は、テクニカル面の一段の好転が見られたことで、この先の上昇に期待できる
「押し目待ちに押し目なし」の展開か・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 18日 ~ 7月 22日 》

18日(月)
【国内】
祝日 海の日
東京市場休場
【海外】
米7月NAHB住宅市場指数(23:00)
米大統領選挙共和党全国大会(~7/21)
《米決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、ネットフリックス、EMC、IBM、チャールズシュワブ

19日(火)
【国内】
東証マザーズ指数先物の取引スタート
【海外】
独7月ZEW景況感指数(18:00)
米6月住宅着工件数(21:30)
米6月建設許可件数(21:30)
《米決算発表》
ユナイテッドヘルス・グループ、ロッキード・マーチン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マイクロソフト、
フィリップモリスインターナショナル、ヤフーインク、ゴールドマン・サックス・グループ
休場: タイ

20日(水)
【国内】
6月日本製半導体製造装置BBレシオ
6月訪日外客数(16:00)
20年国債入札
《決算発表》
日本鋳造、アルインコ、安川電機、エンプラス、光世証券
【海外】
《米決算発表》
アボットラボラトリーズ、ハリバートン、ノーザン・トラスト、モルガン・スタンレー、イーベイ、
インテル、アメリカン・エキスプレス、ニューモント・マイニング、クアルコム、ザイリンクス

21日(木)
【国内】
5月全産業活動指数(13:30)
《決算発表》
B-Rサーティワンアイスクリーム、DNAチップ研究所、BEENOS、中外製薬、
サイバーエージェント、日新電機、SPK、植松商会
【海外】
ECB定例理事会
ドラギ総裁会見
米6月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米7月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米5月FHFA住宅価格指数(22:00)
米6月中古住宅販売件数(23:00)
米6月CB景気先行指数(23:00)
6月北米半導体製造装置BBレシオ(7/22 7:00)
《米決算発表》
ユニオン・パシフィック、D.R.ホートン、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、バイオジェン、
AT&T、スターバックス、イー・トレード・ファイナンシャル、ビザ、サウスウェスト航空、
トラベラーズ・カンパニーズ、KLAテンコー、アマゾン・ドット・コム、ゼネラルモーターズ

22日(金)
【国内】
《決算発表》
ベクター、ゲンキー、エー・ディー・ワークス、VOYAGE GROUP、モバイルファクトリー、
JIEC、モーニングスター、アジュバンコスメジャパン、日本高純度化学、石塚硝子、
東京製鐵、日本電産、富士通ゼネラル、東邦レマック、リコーリース、ジャフコ
【海外】
《米決算発表》
ハネウェルインターナショナル、ムーディーズ、アメリカン・エアラインズ・グループ、
ゼネラル・エレクトリック


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株高や円安を好感して、日経平均は一時6/10以来の16,600円台乗せ
その後は三連休を控え、持ち高調整などから上げ幅を縮めたが5日続伸

騰落率トップ5のうち4業種が金融セクターで、金融株が軒並み戻りを強め
投資目標を引き上げのあったファーストリティがストップ高まで買われた

話題のLINEは公開価格を大きく上回る初値をつけたが、その後の上値は重く、
安値圏での引けとなり、LINEに資金が吸い取られ関連銘柄は大きく売られ、
アドウェイズやメディアシークはストップ安

日経平均は今週の上昇で英国民投票を受けた急落分を埋め、25日線、13週線、
26週線をも上回ってきており、主力大型株や出遅れ金融株などが強い動きに、
円安も進行するなど、一気に地合いが変わった感あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米国株が2日連続で過去最高値を更新したことや、ドル円が105円台と
円安方向へ振れたこともあり、日経平均は4日続伸

この中、任天堂の売買代金が4300億円と東証1部全体の17%を占め、
値上がり率でもサノヤスHD、イマジカ・ロボット、フジメディアHDと
ゲーム関連が上位を独占

また、決算が好感されたベル24HDやセントラル警備、TSIHDや
株式分割を発表したエクストリーム、大和コンピュータなども強い展開

あすはLINEが新規上場
任天堂フィーバーが一段とヒートアップするなかLINEフィーバーもスタートか?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や円安などを背景に幅広く物色され経済対策への期待感が
下支えとなり日経平均は3日続伸に16,200円を維持

この中、三菱UFJFGが大幅高となり、6/24以来の500円乗せとなったほか
日経平均の構成銘柄になることが決まったヤマハ発が大幅高

また、サイゼリヤやライフコーポ、農総研などが決算を受けて買われ、
証券会社のレポートを手がかりにヘリオスが急伸

反面、ソニーやキーエンスなどは、きょう高値を更新した後に売られる展開
証券会社が投資判断を引き下げたピジョンが大幅安

今日の高値(16444円)が6/24の高値(16389円)を上回り、日本株も
英国のEU離脱ショックをやっと吸収した格好


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や円安などを背景に幅広く物色され、経済対策への期待感も
下支えとなり日経平均は大幅続伸
終値ベースで英国のEU離脱決定直前以来となる16,000円台を回復

この中、メガバンク3行がそろって5%超の大幅高を記録したほか
為替が円安に振れるなか、自動車株に買いが入りマツダや富士重が大幅上昇
日本電産や村田製などハイテク関連も買われていた

また、任天堂の連日の急騰を受け、サノヤスHDやイマジカロボなどが
「ポケモン」関連として人気化したほか、自己株取得および増配を発表した
リョーサンや、決算でアク抜け感が強まった竹内製作などが急騰

日経平均は今日の上昇で25日線を上抜けしてきたことで、次に13週線(16231円)や
26週線(16381円)を上回る上昇が見られれば、いよいよ下げトレンド脱出の期待も・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や円安などから幅広く買い直され東京市場はほぼ全面高

参院選で与党が勝利し、安部総理が経済対策の準備を指示と伝わり
一段と買い姿勢が強まり日経平均は5日ぶりに大幅反発
業種別では全33業種が上昇し市況関連や金融株などがランキング上位

この中、任天堂の急伸が市場の注目を大きく集め、株式を保有している
京都銀行がレポートを手がかりに大幅高
また、ダイキンや日東電工、パナソニックなどがそれぞれ日経新聞の記事を
材料に値を飛ばしたほか、大成建設が年初来高値を更新するなど、
政策関連銘柄に資金が向かっていた

東証1部の売買代金は概算で2兆1291億円と、先週末8日の2兆588億円からは
大きくは増えておらず、上値は25日線までで抑えられた
今日の上昇が買い戻しにすぎなければ、明日の売買は大きくは増えず、
上値も限定的となりそうとの指摘あり・・・・・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 11日 ~ 7月 15日 》

11日(月)
【国内】
5月機械受注(8:50)
6月マネーストック(8:50)
6月工作機械受注(15:00)
《決算発表》
サカタのタネ、ジェイコムホールディングス、ローソン、サダマツ、山下医科器械、
イズミ、クリエイトSDホールディングス、プロパスト、エストラスト、東武住販、井筒屋、
コスモス薬品、リソー教育、MORESCO、ローツェ、竹内製作所、くろがね工作所など
【海外】
米6月労働市場情勢指数(23:00)
米3年国債入札
《米決算発表》
アルコア

12日(火)
【国内】
6月国内企業物価指数(8:50)
5月第三次産業活動指数(13:30)
30年国債入札
日銀「生活意識に関するアンケート調査」の結果
《決算発表》
アルバイトタイムス、ディップ、アイケイ、ビックカメラ、ラクト・ジャパン、住江織物、農業総合研究所、
サイバーステップ、ホギメディカル、ニイタカ、ダイト、川崎地質、アルファ、日本エンタープライズ、
日本色材工業研究所、三協立山、ERIホールディングス、津田駒工業、中北製作所、東洋電機製造、
ユーシン、コーナン商事、サイゼリヤ、インターアクション、ラピーヌ、ライフコーポレーションなど
【海外】
米5月卸売在庫(23:00)
米5月卸売売上高(23:00)
米10年国債入札

13日(水)
【国内】
《決算発表》
S Foods、シンワアートオークション、アウンコンサルティング、ファーマライズホールディングス、
トレジャー・ファクトリー、SFPダイニング、日本毛織、ファンドクリエーショングループ、
TSIホールディングス、ジー・スリーホールディングス、ケイブ、PR TIMES、シンプロメンテ、
ベルシステム24ホールディングス、ガリバーインターナショナル、リテールパートナーズ、
大庄、マルマエ、近鉄百貨店、ウッドフレンズ、リベレステ、セントラル警備保障など
【海外】
中国6月貿易収支
米6月輸入物価指数(21:30)
米6月財政収支(14日 3:00)
ベージュブック
米30年国債入札
《米決算発表》
ヤム・ブランズ

14日(木)
【国内】
6月首都圏新規マンション発売(13:00)
5年国債入札
《決算発表》
ウエストホールディングス、柿安本店、いちごグループホールディングス、大黒天物産、
ワイズテーブルコーポレーション、ヨシムラ・フード・ホールディングス、ハブ、ジェイアイエヌ、
ドトール・日レスホールディングス、一六堂、クリエイト・レストランツ・ホールディングス、レナウン、
モバイルクリエイト、テラスカイ、エディア、市進ホールディングス、スーパーツール、Gunosy、
ベクトル、タケダ機械、アクアライン、ロゼッタ、前澤工業、アドテック プラズマ テクノロジー、
佐鳥電機、エスケイジャパン、東京衡機、グラファイトデザイン、東天紅、松屋、歌舞伎座、オオバ、
リーバイ・ストラウス ジャパン、文教堂グループホールディングス、ファーストリテイリングなど
【海外】
韓国中銀政策金利発表
BOE金融政策委員会
米6月生産者物価指数(21:30)
《米決算発表》
JPモルガン・チェース

15日(金)
【国内】
《決算発表》
タマホーム、パソナグループ、鉄人化計画、ダイヤモンドダイニング、買取王国、松竹、東宝、
アクサスホールディングス、アクロディア、テイツー、アデランス、平和不動産リート投資法人、
安川情報システム、ゲンダイエージェンシー、ブロンコビリー、日置電機など
【海外】
中国6月鉱工業生産(11:00)
中国6月小売売上高(11:00)
中国6月固定資産投資(11:00)
中国4-6月期GDP(11:00)
アジア欧州会議(ASEM)首脳会議(ウランバートル ~16日)
米6月小売売上高(21:30)
米6月消費者物価指数(21:30)
米7月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米6月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米5月企業在庫(23:00)
米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)
《米決算発表》
U・S・バンコープ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧州株高から買い先行で始まったものの買い一巡後は見送り姿勢が強まり
米雇用統計や参院選などを控えた週末から、持ち高調整の売りも加わり
日経平均は4日続落
売買代金はSQ日にもかかわらず、なんとか2兆円に乗せた程度の薄商い

この中、スマホゲームの好調が伝わった任天堂が大幅高となったほか
月次が好感されたラウンドワンや目標株価引き上げのヨネックスが急伸

その一方で、日経観測が市場の失望を誘った旭硝子が大幅安となり
月次が低水準となったシュッピンや減益決算のリンガーハットなども大きく売られた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧州株安に加え、円高進行で売り優勢の展開

日銀による金融政策期待などから押し目買いが入り下値を支えたが、
日経平均は3日続落となりマザーズは6営業日ぶりに大台割れ

この中、任天堂やガンホー、グリーが強く、KLabやAiming、モブキャストが
大幅高となるなど、ゲーム株には強い動き
また、この軟調展開のなか、トヨタや三菱UFJ、ソニーなどはプラスを保っていた

明日はオプションSQで商いは膨らむが、全体的には様子見姿勢が強まりそうで
特に買いが入りづらい分、上値の重い動きが続くと指摘も・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安に加え、欧州金融システム懸念から急速に円高が進み輸出関連を中心に
売られて日経平均は大幅続落となり一時は下げ幅が500円以上になる場面もあった

欧州関連との見方が強い銘柄が改めて売られ、マツダやアシックスなどが
大幅安で年初来安値を更新したほか、1Qが経常赤字に転落したアドヴァンが急落
臨床試験で有意な結果が得られなかったアンジェスMGはストップ安売り気配

反面、ハニーズが好決算を受け急伸し、キユーピーがレポートを手掛かりに大幅高
NTTなどが堅調に推移

今日の大幅安で、日経平均は節目の15,500円をあっさり割り込んだだけでなく、
今年の谷となった4月安値や、6月安値も下回っており、チャート形状は大きく悪化


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧州株安に加え、円強含みが重しとなり利益確定売り優勢の展開となり
連休明けの米国市場の動向や、週末の米雇用統計なども控えて模様眺め
日経平均は7日ぶりに反落し東証1部の売買代金は1兆5700億円と低水準

全体的に動意が乏しいなか、材料銘柄に資金が向かい、高精細のパネルを
安価につくる装置を開発と報じられたVテクが大幅高に売買代金は全市場でトップ

また、投資ファンドの株式取得が伝わったJDIが急伸したほか、業績関連の
リリースを受けわらべや日洋や前沢工などに買われていた

その一方で、月次の内容が失望となったファストリやアダストリアが大幅安となり
キユーピーは決算発表で材料出尽くし感が強まり売り優勢

日経平均の連騰記録は6でストップし昨日と大きく地合いが変わらない中、
今日も上昇が続けば大きなトレンドが変わる可能性もあったかもしれないが、
そこまでの強さはなかったとの指摘あり・・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安方向への戻り一服で売りに押される場面もあったものの、
内需株への買いが継続しアジア株高も安心材料となり、
先物の買い戻しもあり、日経平均は6日続伸

この中、食品株が強く、森永製菓やピックルス、フジッコなどが
年初来高値を更新
また、非鉄金属の一角も強い動きで東邦亜鉛や大阪チタなどが急伸

その一方で、業績下方修正発表のブイキューブはストップ安比例配分となり
証券会社が投資判断を引き下げた日本ゼオンが大幅安

日経平均は序盤のマイナスから値を戻しこれで6日続伸と、
これまで見られなかった強い動きとなっており、基調が変化との声も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 7月 4日 ~ 7月 8日 》

4日(月)
【国内】
6月マネタリーベース(8:50)
《決算発表》
キユーピー、わらべや日洋、ヨンドシーホールディングス、フジ、キユーソー流通システム、
ジャステック、アークス
【海外】
休場: 米国(独立記念日)、インドネシア(~8日)

5日(火)
【国内】
10年国債入札
《決算発表》
暁飯島工業、エスプール、イーサポートリンク、サンエー、アスクル、ハニーズ、丸栄、
バイク王&カンパニー、川口化学工業、フロイント産業、マルカキカイ、ケーヨー、トーセイ、
天満屋ストア、アオキスーパー
【海外】
豪州準備銀行理事会
米5月製造業受注(23:00)
休場: トルコ(~7日)

6日(水)
【国内】
《決算発表》
イオン九州、エービーシー・マート、ジーフット、シー・ヴイ・エス・ベイエリア、イオンモール、
サーラコーポレーション、ウエルシアホールディングス、マックスバリュ九州、イオンファンタジー、
東京個別指導学院、技研製作所、不二越、マックスバリュ北海道、イオン北海道、壱番屋、
トランザクション、イオン、マックスバリュ西日本、日本BS放送、イオンディライト、ベルク
【海外】
米5月貿易収支(21:30)
米6月ISM非製造業景況指数(23:00)
6月14日・15日開催分のFOMC議事録公表
休場: シンガポール、インド、マレーシア(~7日)

7日(木)
【国内】
6月都心オフィス空室率(11:00)
5月景気動向指数(14:00)
《決算発表》
ワンダーコーポレーション、セブン&アイ・ホールディングス、メディアドゥ、SHIFT、
大阪有機化学工業、トーセ、クリーク・アンド・リバー社、オーエスジー、三光合成、
ファミリーマート、リンガーハット、日本プロセス、乃村工藝社、ホテル、ニューグランド
【海外】
米6月ADP雇用統計(21:15)

8日(金)
【国内】
5月国際収支(8:50)
5月毎月勤労統計(9:00)
6月企業倒産件数(13:30)
6月景気ウォッチャー調査
オプションSQ
《決算発表》
ファーストコーポレーション、ドーン、ファステップス、ブロッコリー、創通、ポプラ、マルゼン、
モジュレ、ジェイグループホールディングス、スーパーバリュー、リックコーポレーション、
ANAP、キリン堂ホールディングス、サムティ、薬王堂、フェリシモ、ファーストブラザーズ、
メディア工房、システムインテグレータ、シリコンスタジオ、明光ネットワークジャパン、
トーヨーアサノ、ダイケン、デザインワン・ジャパン、エスクロー・エージェント・ジャパン、
エヌ・ピー・シー、岡野バルブ製造、エコートレーディング、オータケ、エコス、マックハウス、
シグマ光機、マニー、ウィズ、旭化学工業、リヒトラブ、オンワードホールディングス、ワキタ、
ヤマトインターナショナル、島忠、チヨダ、東武ストア、ポケットカード、和田興産、丸八倉庫、
エーアイテイー、協和コンサルタンツ、ジュンテンドー、吉野家ホールディングス、カンセキ、
プレナス、ヤマザワ、ネクステージ 、AFC-HDアムスライフサイエンス、 久光製薬
【海外】
米6月雇用統計(21:30)
米5月消費者信用残高(9日4:00)


参照 : 「トレーダーズ・プレミアム」 業界最高水準の株式情報サービストレーダーズプレミアムへのリンク

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や円高一服を好感し、内需関連株を中心に幅広く買われ
日経平均は5日続伸
ただ週末や週明けの米国市場が休場になることから見送り姿勢が強く
東証1部の売買代金は概算で1兆7900億円と低調

上方修正を発表したGunosyが一時ストップ高となったほか
証券会社のレポートを材料に西松屋チェーンや福井コンピュータなどが大幅高

その一方で、決算が市場の期待を下回ったクスリのアオキやアダストリアが大幅安
また、経営混乱懸念に投資判断引き下げもあった出光興産が大きく売られていた

今週の日経平均は負けなしの5連騰と強い動きに5日間の上昇幅は730円と、
先週末の下げ幅1,286円に対して半値以上(56.8%)の戻りは達成
先々への不透明感は残るものの、悪影響はいったん収束した可能性も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!