貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株安や円強含みを嫌気し、ハイテク株中心に幅広い銘柄が売られた展開
月内最終日商いだったことや都議会選を控え、持ち高調整の売りが出た一方で
2万円を下回る場面では押し目買いが入っていたが、日経平均は反落

この中、有機ELのコスト低下技術の実用化と報じられた住友化学が大幅高し
有価証券売却益の計上などを発表したソレキアはストップ高

また、子会社がペプチドと提携したことを発表したそーせいGが強い動きとなり
リリースを材料にOTSが大幅高となるなどバイオの一角が買われていた

その一方で、任天堂が4桁の下落となり、キーエンスやSMCなど値がさ株への
売り圧力が強まり、ハイテクの弱さが目立っていた

日経平均は節目の2万円をなんとか保って引け、25日線どころで下げ止まったが
目先は上値を試す地合いから、2万円の攻防戦の展開との指摘あり・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高を好感し、幅広い銘柄が買い優勢の展開となったものの
政局の不透明感を嫌気して利益確定売りが上値を抑えられ
日経平均は反発

この中、コマツや日立建機など建機株が大幅上昇となったほか
決算が好感されたJフロントが大幅高
また、中期計画への期待が高まったグリムスや上方修正を発表した
日比谷総合設備が騰勢を強めた

その一方で、決算が売り材料となったニトリが大幅安となったほか
主要株主の異動予定を発表したソレイジアが急落
東京エレクトロンは買い先行から失速

明日は東京都議選を控えた週末ということもあり、やはり場中は
様子見から小動きとなりやすいとの声も・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安を嫌気した売りが一巡した後に、押し目買いなどから戻りを
試す場面があったものの、上値は重く日経平均は4日ぶりに反落

この中、米長期金利の上昇を手掛かりにメガバンク3行を筆頭に金融株が
強い動きとなったほか、円安を受けてSUBARUや日産自動車などもしっかり

また、トレイダーズやenishなど動きの良いものには引き続き資金が向かい
夢展望やぱどなどRIZAP関連銘柄が賑わった

反面、前期が最終赤字の見込みとなったパソナGが大幅安となったほか
直近で騰勢を強めていたオンキヨーやサイバーステップなどが大きく売られた

円安進行の割には今日の動きは弱く、物色面では転換点も意識されることから
明日は不安定な地合いになるとの指摘も・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安や米株高などが相場を支える一方で、上値を追う新規の買い材料に乏しく
上値は限定的な展開に、日経平均は3日続伸
東証1部の売買代金は概算で2兆1400億円と低水準

この中、富士通や日立など電機株が強く、村田製作所やアルプス電気など
ハイテク株の一角も買われていた
また、決算が好感されたパルコや、目標株価引き上げのトクヤマが大幅上昇

その一方で、あさひや高島屋は決算が売り材料となり軟調となったほか
下方修正発表の三協立山や、不適切な販売表示で書類送検を受けたと発表した
ジャパンミートが大きく売られていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米ナスダックの続伸を好感し、ハイテク株中心に買いが先行したものの
月内受け渡し最終日を明日に控え見送り姿勢が強まる展開となり
日経平均は小幅続伸

任天堂が年初来高値を更新し、ヤーマンや東京エレクなどが高かったほか
リミックスやインフォテリア、トレイダーズなど仮想通過関連が大幅上昇

また、ジーンズメイトや堀田丸正などRIZAP関連銘柄も軒並み強い動きとなり
タカタの民事再生法申請を受け、代替需要への思惑から芦森工業が急騰

タカタが上場廃止となり、東芝は2部に降格とネガティブ材料があったが
市場への影響は限定的で、ほぼ織り込み済みであったとはいえ静かに消化


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 6月 26日 ~ 6月 30日 》

26日(月)
【国内】
6月15・16日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」
5月企業向けサービス価格指数(8:50)
《決算発表》
あさひ、日本オラクル、瑞光、NaITO、壱番屋、オークワ、しまむら、
高島屋、パルコ、タキヒヨー
【海外】
米5月耐久財受注(21:30)
米5月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米5月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
米2年国債入札
独6月Ifo景況感指数(17:00)
休場: シンガポール、マレーシア、インド・トルコ(~6/27)、インドネシア(~6/30)

27日(火)
【国内】
2年国債入札
《決算発表》
パレモ、ピックルス、ハピネス&D、ライトオン、ヒマラヤ、ハイデ日高、さが美
【海外】
米4月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月CB消費者信頼感指数(23:00)
米6月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札

28日(水)
【国内】
6月中小企業景況判断(14:00)
《決算発表》
Jフロント、ミルボン、ニトリHD
【海外】
米5月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札
《米決算発表》
モンサント

29日(木)
【国内】
株主総会集中日
5月商業動態統計(8:50)
《決算発表》
夢の街、ハローズ、銚子丸、シーズメン、クスリのアオキ、ストライク、
ナガイレーベ、スター精、セキチュー
【海外】
米1-3月期GDP 確定値(21:30)
《米決算発表》
ナイキ、マコーミック

30日(金)
【国内】
5月消費者物価指数(8:30)
5月失業率・有効求人倍率(8:30)
5月家計調査(8:30)
5月鉱工業生産(8:50)
《決算発表》
ダイセキソリュ、トライステージ、ソーバル、きょくとう、アダストリア、トシンG、DCM、
テクノアルファ、スター・マイカ、クラウディア、パイプドH、WNIウェザー、USEN、UCS,
アクトコール、マルマエ、ジンズメイト、スギHD、タカキュー、ケーヨー、ダイセキ、アルテック
【海外】
中国6月製造業PMI(10:00)
中国6月非製造業PMI(10:00)
米5月個人所得・個人支出(21:30)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
《米決算発表》
マイクロン・テクノロジー


迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円弱含みで推移したことで、企業の輸出採算への改善期待から買い先行し
日経平均は3日ぶりに小幅反発となったが、積極的な売買は見送られ
東証1部の売買代金は概算で2兆0100億円と盛り上がらず

この中、任天堂が出来高を伴い年初来高値を更新し村田製は6日続伸
まった、国内車メーカーが資金繰り支援と報じられたタカタがストップ高し
証券会社のリポートを材料にアコムやアイフルなどが強い動き

反面、後場に入りマザーズで値動きが良かった銘柄が軒並み急落し
マザーズ指数が大幅安

また、有価証券報告書の提出期限延長を発表した東芝が大幅安となり
上期大幅減益のオプトエレクが急落
東京エレクが利益確定売りに押され、ヤクルトなど食品株の下落が目立っていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

原油安が嫌気され石油関連銘柄が下落した半面、米ナスダックが上昇したことで
ハイテク株や値ごろ感のある銘柄が物色されたが、日経平均は小幅続落

マザーズ指数が1200p台を回復し高値更新と強い動きが続く中、そーせいが
連日の大幅高となったほか、ミクシィが年初来高値更新

また、日経一面でアマゾンの配送網確保に携わると報じられた丸和運輸が大幅高し
ファイズや遠州トラックなど物流関連などにも買われていた

その一方で、千代建や日揮などプラント関連が軟調となったほか、不正アクセスに関連し
従業員が詐欺容疑で逮捕されたと発表したAimingが売られていた
また、5営業日ぶりに取引時間中に値がついたタカタは売りが止まらず安値引け


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安や円高ドル安を嫌気し、日経平均は4日ぶりに反落となったが
企業業績への一層の拡大期待は根強く、押し目買いなどから下値は限定的

この中、TDKや京セラなど値がさハイテク株が後場一段高で推移したほか
JR西日本などの陸運株やゴム製品などが堅調

また、マザーズ銘柄の動きの良さが目立ち、サイバダインやそーせいが大幅高し
アンジェスMGやシリコンスタジオはストップ高まで買われGNIが急伸

その一方で、原油安を受けて国際帝石や資源開発が売られ、クボタが証券会社の
リポート内容から売られていた

マザーズ指数は、昨日の下げ分を取り戻す大幅高で年初来高値を更新しており
全体としては、明日も米国株と原油に振らされる展開が予想される中
マザーズ銘柄に引き続き資金が向かう展開となりそうとの指摘あり・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均の連日最高値更新やドル円相場が111円台半ばで落ち着いた動きから
輸出関連株なども買われて、日経平均は3日続伸となり年初来高値を更新

東京エレクや日東電工など半導体製造装置関連が高値圏を維持したほか
非鉄金属株や商社株が高い展開

また、株主総会で早期の東証1部復帰に意欲と伝わったシャープが大幅上昇し
前期業績上振れに買い安心感が強まったアスクルが買い人気となったほか
任天堂の新型ゲーム機販売好調を受け、メガチップスや田淵電機など
ゲーム部品関連が賑わっていた

明日も材料には乏しいが、海外のリスクオンムードが続けば、上値追いの展開か・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均が最高値を更新したことや為替が111円台で落ち着いた動きから
東京市場は買い優先の展開となり日経平均は続伸し2万円台回復
しかし、東証1部売買代金は、概算で1兆9800億円と5/30以来の2兆円割れ

この中、ソニーや任天堂が後場一段高となったほか、大成建や大林組など
ゼネコンも年初来高値を更新

また、自己株取得を発表したゼリア新薬や、株式分割を発表した東祥が大幅上昇し
ヤーマンやLifullが証券会社のリポートを手がかりに買い人気となっていたほか
宅配ボックスの発売を発表したナカバヤシが急伸

その一方で、コンテナ船とイージス艦の衝突事故に絡み、日本郵船が売られ
証券会社が目標株価を引き下げた西松屋チェーンが軟調だったほか
タカタがストップ安比例配分となり、野村不HDは13%を超える大幅下落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 6月 19日 ~ 6月 23日 》

19日(月)
【国内】
5月貿易統計(8:50)
《決算発表》
サンオータス
【海外】
-----ー

20日(火)
【国内】
《決算発表》
ツルハHD、アークランド
【海外】
米1-3月期経常収支(21:30)
《米決算発表》
アドビ・システムズ、レッド・ハット

21日(水)
【国内】
4月26・27日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
4月全産業活動指数(13:30)
5月訪日外客数(16:00)
【海外】
米5月中古住宅販売件数(23:00)
《米決算発表》
フェデックス、オラクル

22日(木)
【国内】
《決算発表》
オプトエレクト
【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
EU首脳会議(~6/23)
ECB拡大理事会
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月CB景気先行総合指数(23:00)
《米決算発表》
アクセンチュア

23日(金)
【国内】
東京都議会議員選挙告示(7/2投開票)
《決算発表》
サツドラHD
【海外】
米5月新築住宅販売件数(23:00)


迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円安を好感し買い優勢の展開となり、日銀の金融政策発表直後の反応は
限定的だったが、日経平均は一時は2万円を超える場面もあり5日ぶりに反発

証券会社のレポートを材料に日本郵船や商船三井など海運株が上昇し
タカタの民事再生観測が報じられる中、エアバッグ代替需要への期待から
芦森工業が大幅高

また、子会社が仮想通貨「イーサリアム」の取り扱いを開始と発表した
リミックスポイントが商いを集めて急伸し、ブロックチェーン技術開発会社との
業務提携を発表したネクストウェアはストップ高

反面、ベインキャピタルによる保有株売却を発表したすかいらーくが大幅安となり
除染費用不正取得の疑義に関する調査報告の延期を発表した安藤ハザマや
今期見通しが大幅な減収、営業減益の見込みとなったヤマノHDが弱い動き

今週はFOMCという大きなイベントがあった割には円安が進まなかったが
それでもテクニカル的には変化の兆しか・・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米ナスダックの下落や円高ドル安が嫌気され、ダウ平均の最高値更新やFOMCを
通過したことで上値を試す場面もあったものの、日経平均は4日続落

この中、アンジェスMGが売買代金3位と市場の注目を大きく集めたほか
連日で業務提携に関する材料が出てきたユニー・ファミマが大幅高

また、内需優勢の地合いの中、大成、大林、鹿島、清水の大手ゼネコン4社が
そろって年初来高値を更新

その一方で、ルネサスが連日の大幅安となったほか、住友ゴムや横浜ゴムなど
タイヤメーカーが全般的に売られていた

イベント通過で大きな動きが出るかと思われたが、きのうまでと大きくは変わらず
円安に振れづらいという点が上値を抑えた感・・・??


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高や円安ドル高を背景に、日経平均は一時約100円高の場面があったが
FOMCを前にして大引けにかけて持ち高調整の売りに押され小幅続落

この中、自己株取得を発表した小野薬が商いを集めて大幅上昇となり
株式分割と売上高見通しを発表したペプチドが買われ、アンジェスやGNIが急伸

また、10分割と大幅増配を発表したヤーマンがストップ高し、決算好調の東建コーポや
証券会社が投資判断を引き上げたツムラが買い人気となっていた

その一方で、昨日急騰のルネサスが急反落となったほか、KLabやオルトプラス、
gumiなどソーシャルゲーム関連に売られるものが目立った

明日はFOMCの結果やイエレンFRB議長の会見を受けて、米国株や為替に動きが
出てくる可能性大・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株安や円高ドル安を嫌気し売りが先行したものの、売り一巡後は円高一服から
押し目買いが優勢となり、日経平均は一時プラスに転じる場面も見られたが
FOMCを前に積極的な売買は見送られ小幅続落

売り出し価格が市場価格を大幅に下回ったルネサスが売り先行から一転棒上げで
大幅高と非常に強い動きを見せたほか、上方修正を発表したプロパストや
日本和装が急伸し、上期大幅上振れのシステムディはストップ高

反面、騰勢を強めていたピクセラが大幅高で高値更新後にストップ安まで
売られるなど荒い動きとなったほか、優待の変更を発表したオンリーが大きく下げ
今期の減益見通しが嫌気されたコーセルが失望売りに押されていた

FOMCに向けて期待が高まる展開は想定しづらいものの、過度に警戒が強まるような
地合いともならず、明日は材料待ちでこう着感が強まるとの指摘あり・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

先週末のNY市場でIT関連株が大幅安したことが嫌気され、東京市場でも
半導体製造装置関連やIT銘柄を中心に売りが強まり、日経平均は反落

この中、決算が好感されたカナモトが大幅上昇となったほか、1Qの利益が
上期計画を超過したミライアルはストップ高

また、レポートを材料に市光工業やキッツが買いを集め、日経記事を受け
アンジェスMGがストップ高

その一方で、決算失望でgumiやフリービットが大幅安となったほか、
通期見通しの下振れを発表したサムコや鳥貴族が大きく売られていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 6月 12日 ~ 6月 16日 》

12日(月)
【国内】
4月機械受注(8:50)
5月国内企業物価指数(8:50)
《決算発表》
サトウ食品、神戸物産、ビューティガレージ、稲葉製作、日東網、ジャパンミート、
ザッパラス、神島化、シーズHD、萩原工業、正栄食品、オーエス
【海外】
米5月財政収支(6/13 3:00)
米3年国債入札
米10年国債入札
休場: 豪、ロシア、マレーシア、フィリピン

13日(火)
【国内】
4-6月期法人企業景気予測調査(8:50)
20年国債入札
《決算発表》
東建コーポ、太洋基礎、ファーマフーズ、ミサワ、ジェネレーションパス、トーエル、
ジャストプラ、TBCSCAT、ウエスコHD、石井表記、ヤーマン、コーセル、オーエムツー、
MICS化学、TASAKI、ナイガイ、小林産、日本テレホン、きんえい、システムディ
【海外】
FOMC(~6/14)
独6月ZEW 景況感指数(18:00)
米5月生産者物価(21:30)
ゲーム見本市「E3」開催(~6/15ロサンゼルス)
米30年国債入札

14日(水)
【国内】
《決算発表》
Hamee、丸善CHI、菊池製作、バロック、エニグモ、バリューゴルフ、サンバイオ、
オハラ、ファーストロジ、サクセスHD、HyAS&Co.、ウインテスト、オービス、
アルデプロ、明豊エンター、東京ドーム、SAMURAI、総合商研
【海外】
イエレンFRB 議長会見(経済見通し)
中国5月鉱工業生産(11:00)
中国5月小売売上高(11:00)
中国5月都市部固定資産投資(11:00)
米5月小売売上高(21:30)
米5月消費者物価(21:30)
米4月企業在庫(23:00)

15日(木)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~5/16)
5月首都圏新規マンション発売(13:00)
【海外】
NZ1-3月期GDP(7:45)
トルコ中銀金融政策決定会合
英国金融政策発表
米5月輸出入物価(21:30)
米6月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米6月フィラデルフィア
連銀製造業景況感指数(21:30)
米5月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米6月NAHB住宅市場指数(23:00)
核兵器の法的禁止措置について交渉する国連会議(~7/7NY)
休場: ブラジル
《米決算発表》
クローガー

16日(金)
【国内】
黒田日銀総裁会見
《決算発表》
西松屋チェ-ン
【海外】
AIIB 年次総会(~6/18韓国)
米5月住宅着工件数(21:30)
米5月建設許可件数(21:30)
米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)
休場: 南ア


迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高や円安進行を好感し買い優勢の展開となり、懸念されていた
欧米の政治イベントが、大きな波乱がなく通過し投資家心理が大幅に改善
日経平均は、反発し一時20,100円に迫る場面もあった

この中、ソフトバンクGが急伸し年初来高値を送信し相場を牽引したほか
東芝が買いを集め300円台を回復

また、任天堂やDeNAが買われゲーム株の賑わいが続く中、モブキャストや
アエリアが商いを集めて上昇しトーセやオルトプラスはストップ高

他にも、スバル興業やアセンテックが決算を受けて大幅上昇となり
新規カバレッジを受け東海カーボンが急伸し、日本カーボンにも買いが入っていた

その一方で、子会社資金の不正流出の疑義が判明したユニバーサルが急落し
1Q営業減益のシーイーシーや、市場価格を下回る価格で自己株TOBを発表した
ジョイフル本田が大幅安

今週は、全営業日で日経平均が20,000円を挟んだ動きが続いたが
来週はFOMC前と後とでは為替のトレンドに変化が出るか・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高や円高一服を受け買いが先行したものの、英総選挙やECB理事会などの
結果待ちで見送り気分が強まっていたなか、日銀の出口論の変更観測が伝わり
長期金利は上昇、為替は円高が進行し持ち高調整の売りで下げ幅を拡大し
日経平均は反落

この中、昨日急伸したJDIが一転大幅安となったほか、後場の日銀に関する報道を受け
三井不や住友不など不動産株が売られていた

反面、目標株価引き上げとマダコの完全養殖に関する報道が買い材料となった
日本水産が急騰したほか、株式分割を発表したALサービスや、決算が好感された
くらコーポや投資判断の引き上げのあった東邦亜鉛などが非常に強い動き

明日のメジャーSQ日は材料満載で、短期的な相場の転換点となる可能性も・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安や円高が重荷となっていたが、海外重要イベントやメジャーSQを前に
積極的な買いは手控えられた一方で、後場から円高一服で押し目買いに
日経平均は、一時は2万円を回復する場面もみられ3日ぶりに小幅反発

この中、日経新聞で抜本的な経営再建案を策定すると報じられたJDIが大幅上昇し
証券会社のレポートを材料にアカツキが商いを集めて急伸
また、上方修正や自己株取得を発表した三井ハイテックはストップ高となったほか
サイバーコムやアンリツなどが5G通信関連銘柄として賑わっていた

反面、決算が売り材料となったアインHDが大幅安となり、福島原発の除染事業で
改ざんした領収書を作成したと報じられた安藤ハザマが急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株安や円高推移で、売り優勢の展開だったが、途中まで比較的底堅く推移
円高が一段と進行したことで持ち高調整の売りに押され下げ幅を拡大
日経平均は続落し、3日ぶりに終値で2万円を割り込んだ

業種別ではプラスは空運のみで、幅広い銘柄が売られてた
アステラスなど医薬品株が軟調となり、海運株や機械株などの下げも目立ち
公募売り出し発表のアイスタイルや、決算に失望したティーライフや学情が大幅安

その一方で、好決算が確認されたピジョンが大幅上昇となったほか、証券会社の
レポートを手がかりに日本カーボンや日機装が買い人気となっていた

日経平均は2万円より下の時間帯は少なかったものの、引け間際に売り崩された格好と
なったため、明日も序盤は弱いムードが持続する可能性があるとの指摘も・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

前週末の上昇に対する反動や米5月の雇用統計を背景に円が強含み
利益確定売りが先行し日経平均は3日ぶりに小幅反落

経済誌で有機ELや半導体が取り上げられたことも手がかりとなり
Vテクノロジーやアルバック、東京エレク、ディスコなどが強い動き
決算が好感されたカナモトが急伸し、年初来高値を更新

反面、輸出比率の高いトヨタやホンダなど自動車株が売られたほか
住友鉱や三菱マテリアルなどの非鉄金属株が値下がりし
日東電工が5日ぶりに反落

日経平均は小幅に下げて終えたものの、大引け間際までプラス圏で推移し
中東諸国がカタールとの国交を断絶したとのきな臭い材料などが出た割には
比較的底堅く推移したとの指摘あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

市場スケジュール 《 6月 5日 ~ 6月 9日 》

5日(月)
【国内】
《決算発表》
ピジョン、日ハウスHD、泉州電、フジコーポ、学情、アマガサ、ティーライフ、エイケン工業
【海外】
米4月製造業受注(23:00)
米5月ISM非製造業景況指数(23:00)
休場: 独、スイス、NZ、ギリシャ

6日(火)
【国内】
4月毎月勤労統計調査(9:00)
30年国債入札
《決算発表》
アインHD、三井ハイテック
【海外】
豪州準備銀行理事会
休場: 韓国

7日(水)
【国内】
4月景気動向指数(14:00)
《決算発表》
くらコーポ、アルトナー、カイカ、日本駐車場開発
【海外】
インド準備銀行金融政策決定会合

8日(木)
【国内】
1-3月期GDP改定値(8:50)
4月国際収支(8:50)
5月都心オフィス空室率(11:00)
5月景気ウォッチャー調査
5年国債入札
《決算発表》
クミアイ化、鎌倉新書、シーイーシー、東京楽天地、土屋HD、コーセーアールイー、
イムラ封筒、トップカルチャー、スバル興
【海外】
中国5月貿易収支
英国総選挙
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

9日(金)
【国内】
5月マネーストック(8:50)
4月第三次産業活動指数(13:30)
メジャーSQ算出日
《決算発表》
積水ハウス、エイチーム、カナモト、ロックフィールド、鳥貴族、gumi、丹青社、ベルグアース、
ベステラ、大盛工業、フルスピード、ケア21、アスカネット、テンポス、ラクーン、ストリーム、
アゼアス、アールエイジ、クロスプラス、山岡家、バルニバーヒ、シーアールイー、グッドコムA、
モルフォ、ポールHD、フリービット、アイル、アイリッジ、ネオジャパン、シャノン、ミライアル、
ユークス、ロングライフ、アイモバイル、インスペック、OSGコーポ、トミタ電機、ナ・デックス、
ウイルコHD、精養軒
【海外】
中国5月消費者物価(10:30)
中国5月生産者物価(10:30)


迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株式市場の上昇や円安を好感し、景気敏感株などを中心に
幅広い銘柄が買われ、日経平均は15年12月以来の2万円台乗せ

ファストリやファナックなどの値嵩銘柄の上昇が指数を押し上げ
出遅れ感のある大手証券株やメガバンク、保険株なども堅調推移し
相場全体をけん引

また、証券会社のセクターレポートもあり、新日鉄住金や神戸製鋼が急伸し
三菱電機も証券会社の投資判断引き上げが買い材料となり強い動き

反面、伊藤園は決算が売り材料となり大幅安となったほか、森永製菓や
アサヒなど食品株はリスク・オンの地合いの中で軟調

日経平均が大幅高となるなか、マザーズ指数はマイナスと新興市場には
利益確定の動きが強まっていた

来週、2万円より上が続けば、売り方の買い戻しなども入りやすくなりそうなので
上昇ペースが加速する可能性も・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

法人企業統計で企業の設備投資が好調だったことを好感
内需主力株を中心に月替わりして大口投資家の資金流入観測などから
先物の買い戻しが続いて、日経平均は大幅反発

日経新聞でROEの目標下限を引き上げと報じられた東京エレクが大幅高で
年初来高値を更新したほか、証券会社のリポートを手がかりにコマツや
LINEが強い動き
また、リミックスポイントやインフォテリアなどビットコイン関連が商いを集め急伸

今日は、外部環境の後押しなしで大幅上昇したが、ここから先は直近で跳ね返された
2万円が控えていることから、明日は反動売りに押される可能性も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!