貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円安一服や欧州株の下落などに昨日の大幅高の反動で軟調推移
日経平均は反落となったがTOPIXは小幅続伸

東証1部の出来高は概算で51億4000万株と、東日本大震災直後の
57億7715万株以来の大商いで歴代2位を記録

この中、ニコンは為替感応度が13.1-3月期の営業利益ベースで
ほぼゼロとの見通しにストップ安まで売られ、ヤマハも円安恩恵は
軽微に留まるようで、業績悪化も伴って大幅安

反面、大幅増額修正が好感されたマツダや3Q大幅増益の古河電などが人気化
輸出関連株を中心に円安進行を歓迎されていたが、今後は為替感応度による
選別物色が一段と進むだろうとの指摘アリ・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/1948-67edc7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック