貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
急激な円高・ドル安を嫌気し下げ幅を拡大したが、一部報道で年金積立金管理運用独立行政法人の
中期計画の変更についての説明をきっかけに急速に反転
先物主導で一気に値を戻したが日経平均、TOPIXともに続落での引け

この中、ファストリやファナックなどの値がさ株やケネディクスや東急不などの不動産株が大幅高
反面、円高進行でトヨタを筆頭に自動車株が軒並み下落

反転の切っ掛けとなった公的年金による日本株買いへの期待だったが、大引け後に発表された
基本ポートフォリオによれば、注目された国内株式の比率が微増にとどまっており失望感が残る結果

先物市場で売りが膨んで下値を切り下げており成長戦略第3弾が期待外れだったことや米雇用情勢の
不透明感から円高・株安のサイクルが来週も続きそう・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2049-65f8c199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック