貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
為替の円高進行の一服で買い戻しが入り、アジア株高も手伝って一段高
日経平均は、全面高の展開に大幅続伸し13,000円回復

東証1部値上がり銘柄数は1,600超となったものの売買代金は3/29以来となる2兆円割れ
また、出来高(25億430万株)も低水準だった

この中、ゲーム関連に物色の矛先が向かいDeNAやKLabなどが人気化
反面、不動産株の軟調さが目立ち、金利上昇に対する警戒感が台頭し、
三菱地所を筆頭に大手不動産株が弱含んだ他、アイフルやケネディクスといった
金融緩和関連も冴えない動き

薄商いの状況から大型株の値動きは低下すると思われるため米FOMC通過までは
材料株物色かとの指摘アリ・・・・・

        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2057-04f8e4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック