貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
中国金融機関の資金逼迫懸念から中国株が下げ幅を拡大すると先物売られ
大引けは下げ幅縮小となったものの、日経平均は13,000円割れ

この中、大幅増益観測のタマホームが人気化する一方で
中国景気悪化懸念からコマツや日立建機など関連株が軟調だった

上海総合指数の下げがきつくネガティブ反応を示したが現物の出来高が細るなか、
先物での仕掛けの影響力が増すばかり

明日は、バイオベンチャーのリプロセル(4978)がジャスダック市場に上場
これを契機にバイオ関連株へ物色の矛先が向かいそうとの指摘も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2064-b3702a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック