貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
FOMCを波乱なく通過したことや中国の7月PMIが市場予想に反して上昇したことで
先物主導で上げ幅を拡大し日経平均は大幅反発となり14,000円台を回復
東証1部値上り銘柄数は1,389とほぼ全面高

個別では、上期予想を上方修正した三井化が後場一段高となった反面
業績下方修正の旭硝子は年初来安値を更新

中国に対する過度な不安が後退したことをきっかけに買い戻しが入ったが
個別銘柄の決算についても、事前の期待が高すぎて昨日までは評価が辛かったが、
今日は少し前向きな見方になった模様・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2095-efaa81a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック