貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米7月雇用統計で非農業部門雇用者数の結果が予想を下回ったことから
ドル売り・円買いが進み輸出企業を中心に売られ日経平均、TOPIXともに反落

個別では、ベネチアの水門建設プロジェクトで製品が採用された中国塗が3日続伸
また、大幅増益の1Q決算の発表を機に東洋紡が後場急伸

東証1部の売買代金は1兆6431億円と今年最低を記録し売買高も今年初の20億株割れ
夏休み入りで今後も低調な商いが続く可能性が高い

ただ、市場エネルギーの低下とともにボラティリティも低下するようであれば、
「閑散に売りなし」で底堅い展開になるかも・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2098-6eda0bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック