貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株市場の上昇や円相場は下落基調だったが、3月日銀短観で不透明感が台頭し
日経平均は、5日ぶりに反落

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり1,047銘柄に対し値下がり625銘柄と買い優勢
TOPIXは6日続伸となったが、日経平均は値がさ株の下げが響いた格好

個別では、みずほ証券が投資判断を一気に2段階引き上げた鹿島や
LINEとパートナーシップを結ぶと発表したエイベックスなどが人気化

反面、スマホ向けゲームが低迷し業績下方修正となったカプコンや
日本政策投資銀行の出資報道があった北海道電力などは売られていた

短観によれば製造業先行き予測は、全16業種のうち13業種で現状判断から悪化
非製造業では12業種すべてで悪化が見込まれ、先行き不透明感の台頭が
今後の相場の重しとなりそうとの指摘あり・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2294-c66f6bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック