貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米FOMCが低金利維持を示唆する内容だったため買い安心感につながり
S&P500が史上最高値更新などNY市場の動向を受け先物主導で上げ幅を拡大し
日経平均は3日続伸
売買代金は2兆4,853億円とSQ算出日を除くと3月24日以来の高水準

この中、自社株買いの計画や新テレマティクスサービスを発表したトヨタが
約4ヵ月ぶりに6,000円台を回復しメガバンクや野村HDなど金融株も買いが入った

また、野村が投資判断を引き上げた板硝子が急騰
電線の地中化を促す新法制定との報道から昭和電線など電線地中化関連株が人気化
一方fr、ニッケル市況の下落が嫌気された大平金、菊池製や川田テクノロジなど
ロボット関連株などが売られていた

売買代金の大幅増加は海外投資家の腰が入った買いとの見方も浮上し
新興市場の主力株の下落と対照的な動きを見せたことで相場の潮目が変わったとも・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2359-4d6806db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック