貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
手掛かり材料の乏しい中、円安基調を受けてジリ高基調となり
日経平均は、反発

この中、米ガーミンと自動車メーカー向け純正品を共同開発すると報じられた
JVCKWが人気化したほか、「G空間」関連銘柄として豆蔵がストップ高まで上昇

その一方で、三菱UFJが投資判断を引き下げた日新製鋼やJPモルガンが投資判断を
引き下げた九州電力などが売られていた

東証2部指数が連日で年初来高値更新となり、終値では約7年ぶりの4,000円台を回復
売買代金は735億円で、06年2月14日以来の700億円台を記録

その内ソディックが売買代金約369億円と東証2部売買代金の半分を占め
全体売買代金ランキングでも2位となった
新金属3Dプリンターの開発を機に動意付き、ゲーム関連株に続く材料株として
短期資金の受け皿となっている状況


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2415-126e9589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック