貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米FOMC後の円安進行を受けて日経平均は反発となり
約8カ月ぶりに16,000円回復

主力銘柄では、円安メリットを受けるトヨタを筆頭に自動車株が堅調
日立や三菱重工、クボタなども強含みの推移

為替の動きに輸出関連株が素直に反応しており、トヨタが年初来高値更新し
トヨタの動きに他の自動車株も連れ高

また、懸念されていた赤字拡大のソニーは大きく売り込まれたものの、
他のハイテク株への影響は皆無

懸念材料が払拭されつつあることから円安を背景とした日本株買いが
続く可能性が高まっているとの指摘あり・・・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2435-dd85f7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック