貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
週末の米株市場の大幅上昇や円安基調なども追い風となり東京市場は反発
日経平均は、朝方に高値を付けた後は値がさ株の下落が重しとなって伸び悩み
東証1部の売買代金は1兆7794億円と7営業日ぶりに2兆円を割り込んだ

この中、iPhone6の売れ行き好調などを材料視された村田製は連日の年初来高値更新
また、円安効果から富士重やマツダも年初来高値を更新したほか、
良好な受注環境や割安なバリュエーションなどを評価された日特建設が急騰

その一方で、上期営業益が4割減との観測があったイオンが年初来安値を更新
9月既存店売上高が伸び悩んだクスリのアオキは3日続落だった

引け後に発表された企業業績では住友商事やユニー、しまむらが下方修正を発表、
特に小売大手の業績悪化は警戒感を強める要因となりそうとの指摘あり・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2443-d7ce03d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック