貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
NY市場は低金利政策の長期化観測が広まり大幅高となったものの、
円相場が上昇したことで輸出関連株が売られ日経平均は3日続落

個別で買われていたところでは、上方修正のABCマートがドイツ証や
SMBC日興の目標株価引き上げを好感
バークレイズが投資判断を引き上げた東洋エンジが大幅反発
その一方で、上期苦戦で通期下振れ観測があった王子HDや
業績下方修正のファミリーマートは年初来安値を更新

米株市場は今年最大の上げ幅を記録し、8月の機械受注が市場予想を
上回るなど好材料が揃ったもののFOMC議事要旨を受けてFRBは利上げを
急がないとの見方から持ち高調整の円買い・ドル売りが入った模様

明日はオプションSQ
日経平均は心理的節目でオプションSQの権利行使価格である15500円を
下回るようであれば、新たな下値メドを探る展開となるかも・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2452-db227841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック