貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
年末年始の米株安を受けて日経平均は一時200円超の下げ場面もあったが、
若干円安が進んだことや日銀によるETF買い観測や中国株高も追い風となって、
プラス圏の推移から大引けにかけて値がさ株の下落に結局マイナス圏に転落

この中、スカイマークが財務健全化計画に期待が高まり急騰したほか
次世代映像技術8K関連の池上通信機も大幅高
また、3Dプリンター駆使で皮膚・関節を量産と報じられた富士フイルムや、
値動きのよさからFFRIや三住建設などの動きが目立っていた

指数は日経平均、TOPIXともに下落し業種別株価指数も27業種が下げるなど
全体は軟調展開だったが、東証1部の騰落銘柄数は、値上がり931/値下がり807と
若干ながら値上がり銘柄数が多く、東証規模別指数では大型と中型がマイナスだが、
小型はプラスで引けており材料性の強い銘柄が人気化が目立った


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2520-ac62d39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック