貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
為替が良好な米雇用統計を受けてドル買い・円売りが進んことで
東京市場は輸出関連株の業績改善を期待した買いに
日経平均は17,800円目前に迫るも、上値の重さに上げ幅を縮小

減益幅が限定的で先行き不安が後退したNTTが昨年来高値を更新し
飲料事業撤退にポジティブな見方が広がっているJTに
5期ぶりの増益見通しが好感された旭硝子などが強含み推移

また、増額修正に4Qも業績拡大期待が高まった東洋建設や
1月の全社売上高7.8%増となったコメ兵なども買われていた

業績発表数がピークアウトしたことで市場エネルギーが低下基調で
東証1部売買代金は2兆円を超えたものの前日比で減少しており、
全体相場は上昇したが手詰まり感の漂う展開・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2549-2016b7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック