貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株高や国内景気回復期待などで上窓を開けてスタートすると
日銀金融政策決定会合の現状維持は特段の下げ材料にもならず
その後もじりじりと上昇し、一時19,500円を試す場面もあったが
連日の高値警戒感に18日のFOMCを控え伸び悩み

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり1024/値下がり679と値上がり優勢
この中、ミネベアやロームなど、ハイテク関連の一角に買いが入り、
増配に加え特別配当の継続実施を発表した丸三証券がストップ高となり
他の証券株にも買いが波及

また、優待権利取りで電鉄株が軒並み堅調でJR東やJR東海は昨年来高値を更新
マイナンバー関連として注目が集まったデジタルアーツが急騰、クレディセゾンが
完全子会社化を発表したJPNHDがストップ高

米国株がFOMCを経て戻りの動きを強めるようなら、強い動きが続く欧州株とともに、
先進国主導の株高基調が強まり、日本株も一段と騰勢を強めそうとの指摘あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2579-b3a4ed09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック