貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米雇用統計の悪化を受けて売り優勢のスタートだったが
買い戻しや下値買いなどで下げ渋る展開
日銀のETF買いや投資信託の資金流入期待なども
心理的な下支え要因になった模様

この中、レナウンや任天堂が上昇したことや、産業革新機構と
出資交渉と報じられたシャープが値を飛ばていた

反面、不適切会計の可能性を発表した東芝が大幅安となったほか、
マツダが年初来安値に接近、IHIや三井物産の下げが目立っていた

3月米雇用統計がネガティブサプライズとなっただけに、崩れても
不思議ではない地合いのなか、日経平均は引けにかけて下げ幅縮と
買い意欲の強さが伺えた一日


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2596-bece313d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック