貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
国内景気や業績改善期待を背景に買いが継続したが、
日経平均は20,000円を前に伸び悩み

TOPIXは時価総額の大きいメガバンクの下げで上値が抑えられた
東証1部の騰落銘柄数は、値上がり786/値下がり938と
日経平均の上昇するなかで値下がりが優勢

投資判断引き上げを受け日産自が+4.6%高と強い動きとなり、
決算および増配が好感されたわらべや日洋が値を飛ばしていた

また、科研製薬は商いを伴って連日の大幅上昇となったほか
ソニーが連日で高値更新

上値はさすがに重かったとはいえ、引けにかけても萎むことなく
推移しており基調は引き続き強い
引け後に指数寄与度の高いファストリが業績及び配当の上方修正を発表しており、
海外市場が大きく崩れなければ、日経平均は一気に20,000円超えの可能性も・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2599-d86738b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック