貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ギリシャ国民投票で緊縮策の受け入れが拒否されたことで
リスク回避の売りが先行しほぼ全面安の展開
日経平均は、大幅下落となったが20,000円の節目はキープ

東証一部業種別では全セクターが下落しており、なかでも金融系は
大きく売られる展開となったが、そのなかで野村HDはプラスを確保

ギリシャ国民投票結果はデフォルトやユーロ離脱が懸念される点で
ネガティブだが、EU側も地政学的な理由などもあり、簡単にはギリシャを
切りたくない模様?

日本株にとっても下振れリスクはくすぶる一方、双方が一定程度歩み寄り、
一転合意に向けて動き出す可能性もあるかも・・・・・・?



        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2670-82b59c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック