貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
NY市場が、主要企業の業績が期待外れに終わったことで下落したことで
関連企業のほか、他のテクノロジー企業にも売りが広がったことや
高値警戒感から幅広く利益確定売りが出て、日経平均は7日ぶりに反落

村田製やロームなどハイテク株の下げが目立ったが、好調な6月訪日外客数を
受けてもインバウンド関連に買いは向かわず、内需外需ともに軟調でほぼ全面安の展開

ただ、好材料を発表した銘柄は強い動きとなり、業績上方修正を発表した三菱鉛筆、
ソフトブレーンが大幅上昇となったほか、自社株買いを発表した神戸物産や
ベライゾンとの提携を発表した日本通信が急伸

日経平均は200円超の下落となったものの、日中の値幅は100円程度と小幅で、
様子見姿勢の強い地合いだった
ここから下は心理的節目の20500円、25日線(20367円)、13週線(20214円)など、
サポートとなる水準も多く、押し目買いの好機か・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2683-e29bfd26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック