貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
中国人民元切り下げにみられる中国の景気減速懸念や、景気堅調ゆえの
米国早期利上げ懸念と不透明要因が多いなか全般様子見に終始し
日経平均は、反落

この中、大幅増益決算発表のラオックスとミクシィが揃って買い気配スタートながら、
ラオックスは大幅高となったが、ミクシィは買いが続かずマイナス転換と明暗が分かれた

また、決算好調のアミューズやアサツーDKが大幅高となったほか日経済新聞で
製紙会社がセルロースナノファイバーを量産と報じられたことで中越パルプが急騰し
日本製紙も強い動きとなっていた

中国の人民元切り下げに揺さぶられた1週間だったが、短期的には同問題は
いったん市場では消化された格好・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2703-2ab04c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック