貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
世界経済の先行き懸念から世界同時株安

東京市場も中国株の下落幅が大きくなるにつれ下落幅を広げ安値引け
日経平均は、大幅続落となり今年2番目の下げ幅となった

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり33/値下がり1854と全面安
内需、外需、大型、小型問わず総売りの状況

特に、金融株の下げが目立ち、メガバンク3行は商いを伴って大幅下落
ここまで値持ちの良かった銘柄の下げが大きくなった

日経平均が、19,500円まで割り込んだのはショッキングな展開
26週線の明確な下抜けで、中長期の上昇トレンドに黄信号点灯

目先は7月安値(19115.20円)が意識されるが、同水準を割りこむと
24カ月移動平均線(16832円)どころに向けて一段と調整色を強める可能性も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2709-58bde210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック