貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
為替が円安に転じたことで先物に買いが入り急速に切り返しをみせたものの
買い戻し一巡後は戻り売りに押され、上海株の軟化を受けてマイナス転換し
結局、日経平均は続落

この中、ファストリやファナックなど指数寄与度の大きい銘柄が激しい動きとなり
トヨタは一時2%強上昇する場面もあったが、指数の失速とともに上げ幅縮小

反面、証券会社の投資判断引き上げを受け、ツムラや阪急阪神などが強い上昇
また、本日新規上場のべステラは公開価格から25%上の水準で寄り付き、
ストップ高まで買われていた

前場の強さに意外感があったが、終わってみれば日足では陽線形成も
長い上ヒゲをつけ、上値の重さが強く意識された展開・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2719-75e471dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック