貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株の大幅下落や機械受注の予想外のマイナスに国内企業物価指数の
下落など中国経済の失速が国内景気に影響を及ぼしたことも警戒感を高め
日経平均は、大幅反落

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり497/値下がり1329と売りが優勢で
きのうとは一転全面安の展開

原油価格下落を受け、国際帝石や石油資源開発など鉱業株が弱い動きとなったほか
キッコーマンや明治HD、カルビーなど食品株にも大きく売られるものが目立っていた

また、証券会社の投資判断引き下げが嫌気されたスズキや、1Q決算が伸び悩んだ
菊池製作所が大幅安となり、月次軟調のAPカンパニーが年初来安値を更新

指数主導で全面高か全面安ばかりが続くのは、大きく儲けるチャンスでもあるが
丁半博打相場が落ち着くのは、何時のことやら・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2725-ed27b613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック