貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株の大幅安を受けほぼ全面安で始まり、中国経済への不安や、
米利上げを巡る不透明感に加え、第一船の経営破たんに神戸鋼の下方修正、
スイスの資源大手グランコアの急落などネガティブ材料が相次ぎ
日経平均は、今年4番目の下げ幅を記録し17,000円割れ

買い手不在でネガティブ材料に売り反応が大きく、下げが下げを呼ぶ展開だったが
大幅下落で値幅調整が進んだことから、ここからさらに下げが加速するようであれば、
日銀の追加緩和も現実味を増し、緩和期待がサポート役になりそうとの指摘あり

目を瞑って買い出動の好機か・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2738-36ebf689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック