貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
手掛かり材料難のなか小口の売り買い交錯に終始し、
日経平均の高安値の幅は106円と小幅な動きで反発
東証1部騰落銘柄数は、値上がり688/値下がり1070と指数が
上昇するなか売りが優勢

この中、通信株に見直し買いが入ったほか、りそなやみずほなど
銀行株も買われていた。
また、日本電産やローム、JDI、SUMCOなどハイテク関連の一角も高かったほか、
業績上方修正を発表した宝HDやぐるなびなどが大幅高

東証1部の売買代金は連日の2兆円割れで、昨日の水準も下回る薄商い。
ただ、大型株が相対的に強く、不動産や建設が失速するなか、
指数が値を保ったことは多少明るい材料となりそう・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2755-8934e064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック