貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
日経平均は、一時は100円近く上昇する場面があったものの、
中国株のさえない動きを受けて引けにかけて売り優勢の展開に続落
10月22日以来の安値水準での引け

全般は方向感に乏しい地合いとなった事から個別選別が強まり、
業績上方修正発表のアドヴァンが急伸したほか、月次好調のくらコーポや
保有資産売却で特別利益を計上見込みの日本ラッドが大幅高
また、レポートを手がかりにダイヘンやヨネックス、マイクロニクスなども強い動き

その一方で、全体の下振れリスクが意識されるなか、値持ちの良かった
食品株や医薬品株で売られた銘柄が目立ったほか、足元の円高を嫌気して
自動車株なども弱い動きだった

外需も内需も買いづらく中小型株物色にもピーク感があるため、
そろそろ物色にも変化が出てくるタイミングでは?との指摘あり・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2816-04925c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック