貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
日経平均は、一時9/29以来の17,000円割れもあった大幅反落

後場半ばには中国株がプラスに転じたことや、円高一服となったことから
先物主導で買いが断続的に入り下げ渋った
東証1部の騰落銘柄数は値上がり104/値下がり1795と全面安

数少ない上昇銘柄では、フィンテック領域の研究開発を行う「FinTech Lab」の
新設を発表したVOYAGE GROUPが一時ストップ高まで買われるなど強い動き

また、1Q大幅増益を達成したビックカメラや業績上方修正のいちごHD、
初の配当実施を発表したべステラなどが大幅上昇

その一方で、米国市場でハイテク株が売られたことから村田製やアルプス電など
アップル関連銘柄が大幅安となったほか、サイゼリヤやパソナ、マルカキカイなどは
決算が失望材料となり大きく売られる展開だった

日経平均は、昨日戻りが今日の下落でほぼ帳消しとなり、12日の取引時間中につけた
安値を下回ったことで、昨日が底打ちとの期待も打ち消された格好

ただ、あまりにも大きく下げたことで、警戒一辺倒ではなくなってきてきている様相で
米国株が落ち着いた動きとなり、日経平均が17,000円を再び割り込むことなく
推移できるようであれば、意外高の展開も・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2823-7f9bc7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック