貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
日経平均は一時480円安と取引時間中としては昨年1月以来の安値水準まで
売られた後に、上海市場がプラス圏で推移したことや、政策期待の高まりなどから
下げ渋った展開

この中、目標株価引き上げに、3Q受注が好調だったハーモニックが大幅高となったほか
前期営業益が5.5倍との観測が報じられたラオックスが朝安後に切り返し大幅高
また、12月月次が好調であったパーク24も逆行高の動き

日経平均は目先の下値抵抗と期待された昨年9月末の安値水準を寄り付きから
下回る弱い動きとなり、一時17000円台を回復したものの引けまではもたず
サポートや節目の水準を次々に下に抜け、それにより一段とチャート形状は悪化し、
売り圧力がさらに強まるという悪循環

さすがにいったんの底を打って然るべき局面かと思われそうだが、悪材料に対する
下げが限定的のような動きが見られれば、リバウンドはそう遠くないかも・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2826-a622a6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック