貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円安、アジア株高などを背景に買い優勢の展開で推移し、買い一巡後は
一時マイナスの場面もあったが、再び買い直され日経平均は今年初の続伸
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1643/値下がり229と買いが優勢

この中、3Q業績と併せて自己株取得を発表した東京製鉄が大幅上昇し
アスカネットやFブラザーズなども自己株取得が好感されて急伸

また、業績上方修正の加地テックや月次好調のライトオンなども強い動き
シート状炭素繊維強化プラスチックの供給開始と報じられた阿波製紙がストップ高

その一方で、今期営業赤字転落見込みとなった日本通信が急落したほか
エアバッグに絡んで米国で新たな死者が出たと報じられたタカタは、ダイセルとの
提携観測をポジティブ視する動きは限定的で大幅安に昨年来安値を更新

日経平均は、17,000円を割り込む場面では押し目買いも入ったことから、
17,000円は当面の下値として意識されそう・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2832-a153da54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック