貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
日銀のマイナス金利導入を背景に、円ドルが121円台を維持したことから
輸出主力株を中心に物色され、日経平均は大幅続伸し一時17,900円台を回復

この中、新日鉄住金が子会社化することを発表した日新製鋼が急伸したほか
好業績を発表したソニーや村田製作所が大幅高となり全体をけん引
また、5000億円の自己株取得枠を設定したNTTドコモが昨年来高値を更新

その一方で、値下り率上位には地銀株が目立っていたほか
郵政3社が年初来安値を更新するなど大幅安になり、日本郵船、JR西日本、
ソニーFHDなどの下落も目立った

日経平均は下落基調が続く25日線を上回り、RSI(9日)は60%程度と過熱感なし
昨年9月安値以降の上昇パターンのように大きな押し目なく、75日線(18662円)
あたりまではジリ高基調をたどる公算が大きいとの指摘あり・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2838-cf200782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック