貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ドル円が不安定な動きから、先物主導で売り込まれ大幅続落
日経平均は、一時2014年10月以来の安値をつけた
東証1部の騰落銘柄数は値上がり131/値下がり1780と全面安

三菱UFJFGや野村など引き続き金融セクターの下げが目立ったほか、
輸出主力株や内需関連株などほぼ全面安

特に、業績下方修正を発表した銘柄が叩き売られ、太平洋セメントや
三菱マテリアル、バンナムHDなどが大幅安となっていた

また、ゼンショーHDやエン・ジャパンなどは、3Q大幅増益を
達成しながらも大きく売られる展開だった

その反面、3Qの進捗が良好の日本写真印刷が急騰し東証1部値上がり率トップ
三井海洋開発は前期は大幅減益も今期の増益見通しが好感され大幅高となり
富士石油は通期の利益見通しを下方修正したにもかかわらず大幅上昇

これまで何度も株安ストッパーの役目となったイエレンFRB議長が2日連続で
発言を行うタイミングで、買い戻す動きもなく下げが加速しているクラッシュ状態

政府に危機感は薄いが、2月に入って日経平均は10.3%下落(10日時点)しており、
ダウ平均の2.7%安(9日時点)と比べて日本株の下げは突出

特に直近の下げは、日銀のマイナス金利導入がネガティブに作用した可能性が高く
日本企業のファンダメンタルズは良好と言いながら、3Qは下方修正ラッシュ

大多数の人が景気回復を実感できないままに、株安と金利低下の弊害は被るため
何らかの手を打たなければ、じり貧状態が加速するだけ・・・・・・・・


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2846-aaf61843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック