貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
引き続きリスクオフムードが根強く、先物主導で一進一退の展開となり
日経平均は3日連続で大幅安となり終値で15,000円割れ
昨日の16,000円割れの翌営業日に15,000円を割り込むという、
先進国の株価指数とは思えないような下げ

三菱UFJFGや三井住友FGなど銀行株の一角が、一時プラスに転じる場面も
見られたが、大引けにかけ値を消し、ファナックや日東電工などの輸出主力株や
内需関連株などもほぼ全面安

その一方で、業績好調に株主優待の拡充を発表のすかいらーくが大幅高となり、
東証1部値上がり率トップ
また、ライオンやワタミも決算を手がかりに大幅上昇となったほか、
業績上方修正を発表した大氣社や日本コロムビアなども強い動きだった

日経平均は週間で11.1%の大幅下落してしまい、中国市場が春節休場で波乱の芽が
少ないと思われていた週に今年一番の下げ率を記録

このような状況となったので、政府や日銀も危機感は強く感じているだろうから
市場のムードをガラッと変える材料が出やすい環境は醸成されており、それが
マーケットの方向性を一変させる可能性に微かな期待を寄せて・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2847-91505c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック