貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧州銀行の金融不安の後退やマイナス金利適用後の金融市場の落ち着きから
金融セクター中心に買いが優勢となり、日経平均は一時300円超の上昇となったが
大引けにかけ上げ幅を急速に縮小し、引けでは31円高

この中、ソフトバンクがストップ高まで買い進められたほか、新日鉄住金や
ダイキンなど出遅れ株に物色の矛先が向かっていた

また、マイナス金利導入で不動産株が買われ、レーサムやタカラレーベン、
ケネディクスなどが大幅高となったほか、エーザイと次世代新薬に向けた包括契約を
締結したと発表したシスメックスが急伸

その一方で、キリンHD、明治HDなどの食品株やJR東海、ファーストリなどの
内需関連株が軟調展開

ドル円が115円台に乗せるような動きとなれば、もう一段上の戻りを試すかもしれないが、
日欧の動きを受けても米国株が上昇しなかった場合は、値幅を伴った下げもありか?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2850-7d63d614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック