貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円強含みで推移したことから輸出関連株を中心に総じて軟調な展開
日経平均は、続落となり3日ぶりに16,000円を下回った
東証1部の騰落銘柄数は値上がり767/値下がり1041と売りが優勢

日東電や東京エレク、オリンパスなど電機・精密株が軒並み売り先行で
さえない展開となったほか、原油安から国際石油開発帝石、石油資源開発などの
資源・エネルギー株も売られていた

その一方で、小売株の一角が強く、月次好調のニトリに買いが入っていたほか
日経新聞報道を手がかりに、マネパやリアルワールドなど仮想通貨関連や、
Vテクノロジーやケミプロ化成など有機EL関連銘柄が賑わっていた

また、東証1部への市場変更を発表したワイヤレスゲートが急伸し、
株式分割と増配を発表したTDCソフトはストップ高


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2857-b1f8ee63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック