貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円弱含みで推移したことから輸出関連株を中心に買い直され
日経平均は、3日ぶりに反発

この中、日東電やTDKなど輸出主力株の一角がプラスに転じたほか、
原油高から国際石油開発帝石が値上りし、内需関連株は上げ幅拡大

また、仮想通貨関連銘柄が騰勢を強め、マネパが連日のストップ高し
セレスは乱高下となったが、全市場売買代金ランキング上位となる大商い

きょう反発で、日経平均は先週末19日の終値15967.17円は上回っており、
あす同水準を上回れば、今年初の週間ベースでの続伸
続伸となれば来週以降は市場も落ち着きを取り戻す展開となるかも・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2858-e30c559b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック