貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円高一服や権利配当取り買いなどで、日経平均は17,000円を回復する場面も
あったものの、戻りは限定的で結局は売りに押され続落

金融セクターが続落したほか、資源関連株が軟調となっていたほか
海底ガス田の開発計画見直し観測が伝わった国際帝石が大幅安となり
業績下方修正を発表した椿本チエインや金銭機が大きく売られていた

その一方で、証券会社の新規カバレッジが入ったイーレックスがストップ高し
3月度の月次が好調となったしまむらや、投資判断引き上げられた東京精密が大幅高

また、ディフェンシブ優位の地合いとなったことや、iPS細胞に関する報道から
医薬・バイオ関連が賑わい、タカラバイオや協和キリン、大日住薬などが買われた

ドル円が再度25日線をうかがう展開となっており、円安進行となれば、
日本株にはポジティブな流れとなるかも・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2881-615652bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック