貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株安、円高による企業業績の悪化懸念などから、輸出関連株中心に幅広く下落
東証1部の騰落銘柄数は値上がり168/値下がり1758と圧倒的に売りが優勢
日経平均は、大幅に5日続落だった一方で、マザーズ指数はプラス圏での引け

特に、決算失望銘柄は大きく売られトプコンやAimingはストップ安となり、
日電硝もストップ安まで売られる場面があった

その一方で、決算が好感された銘柄には買いが入り、ネットワンや関電工、
GMOリサーチやコマニーなどが大幅上昇となったほか、
1Q営業赤字縮小のオンコリスがストップ高

日経平均は、一時16,000円を一時割り込んだものの、その時間は短く、
一応節目が意識されたような雰囲気
明日からの3連休中に、円高加速・海外株安となれば2月安値が再び意識されそう・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2913-4c51a78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック