貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
連休中の米国株は軟調だったものの、円安一服やシカゴ日経平均先物が
16,000円台を維持したことで買い戻しが先行したが、円高に加え上海株や
米株先物の下げを嫌気し、日経平均は、今年3回目の6日続落となったが
マザーズ指数は大幅続伸

米雇用統計の発表を控え、主力ハイテク株やメガバンク株などに売りが続き
決算が失望を誘ったオリンパスや今期減収減益計画の太陽HDなどが
弱い動きとなったほか、リコール対象範囲の拡大のタカタが急落し年初来安値を更新

その一方で、自動車株の上昇が下支え要因となり三菱自が5%超の大幅上昇
マザーズでは、そーせいやグリーンペプタイドが大幅高となったほか、
増配や今期の増益見通しが好感されたCTCが値を飛ばし、今期大幅増益計画の
島精機や1Q好調のアトラが急伸
また、人工知能に関するリリースを材料視されたデータセクションはストップ高

日経平均が今年に入り今日までで-15.4%と大きく下落している一方で、マザーズ指数は
+33.1%と大幅上昇を記録しており、このパフォーマンス格差は来週以降も、
一段と拡がる可能性が高そう・・・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2914-4242511f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック