貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
原油高を背景に米国株の上昇したことや円安など外部環境の改善を受け
伊勢志摩サミットを控え、政策期待も下支えとなり、日経平均は続伸
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1505/値下がり350と買い優勢

この中、前期は大幅営業赤字もV字回復期待から船井電機が大幅上昇したほか
ティラドも前期は大幅営業減益ながら、今期の大幅増益計画が好感され急伸
他にも、東証への市場変更を発表したイリソ電子や株式分割を発表したインベスC、
増配が好感された東テクなどが大幅高

あすは寄り前に1-3月期GDP速報値の発表
GDPの数値そのものというよりも、その後の政府の対応が焦点となっており、
むしろ悪い結果となった方が政策期待が高まり、株式市場にはポジティブとの指摘も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2924-25c4b235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック