貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
原油高を背景に欧米株高を好感し、資源株を中心に幅広く物色され
円安進行から、日経平均は一時16,700円台を回復したが上値は限定的
SQを控えていることで見送り姿勢を強まり膠着状態が続いていた

この中、理化学研究所が他人のiPS細胞を活用した移植の研究を
発表したことを受けヘリオスやリプロセルがストップ高まで買われるなど
バイオ関連が賑わっていた

また、1Q決算が好感されたピジョンや、証券会社が投資判断を
引き上げた荏原製作所が急伸

その一方で、月次が弱かったあさひが大幅安となったほか、
証券会社のレポートが売り材料となり、JVCケンウッドや鳥貴族などが大きく売られ、
業績下方修正発表のクミアイ化学は急落し、年初来安値を更新

明日は1-3月期GDP改定値や4月国際収支、5月景気ウォッチャー調査など
経済指標の発表がいくつか予定されているが、メジャーSQ前でもあることから、
指数の動意材料となる可能性があるとの声も・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2941-191f62ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック